News

2018年10月24日(水)

セガサミーの韓国リゾート“パラダイスシティ”イメージキャラは広末涼子さん。施設の魅力をアピール

文:kbj

 パラダイスセガサミーが運営する統合型リゾート“パラダイスシティ”のCM発表会が東京都内で行われた。

“パラダイスシティ”

 “パラダイスシティ”は、ラグジュアリーな大人の遊びと癒しを堪能できる、韓国初の統合型リゾート施設。アートとエンタテインメントを融合した上質な空間ともてなしにより、極上のリゾート体験を楽しめる。これまでに韓国でパラダイスウォーカーヒルカジノを運営してきたパラダイスグループと、セガサミーが共同で立ち上げた会社“パラダイス・セガサミー”が運営している。

“パラダイスシティ”

 2017年4月の開業以来、韓国国内外を問わず人気で、2019年上半期にはファミリー向けの屋内型施設“ワンダーボックス”がオープンする予定。仁川国際空港から車で3分という立地も魅力となっている。

 登壇した、セガサミーホールディングス代表取締役社長グループCOOの里見治紀さんは、昨年オープンし、先月9月に商業エンタメエリアもオープンした同施設をより多くの人に知ってもらうために、プロモーションを行う必要があると考えたという。

“パラダイスシティ”
▲里見治紀さん

 イメージキャラとして真っ先にあがったのが広末涼子さん。女性層へのアピールや、施設とイメージがマッチしているということでオファーを出したとのことだ。

 続いて、パラダイスシティのイメージキャラクターである広末涼子さんが姿を見せる。オファーを受けた広末さんは、当初イメージが浮かばなかったことを告白。ただ、映像の絵コンテを見た際に、女性としてワクワクする、ドラマティックなイメージを抱いたという。少し大人になった人に勇気や興奮を与えてくれる空間ということで撮影に臨んだことを明かした。

“パラダイスシティ”
▲広末涼子さん
“パラダイスシティ” “パラダイスシティ”
“パラダイスシティ” “パラダイスシティ”
“パラダイスシティ” “パラダイスシティ”

 ここで、実際のコマーシャルが公開された。映像を初めて見たという広末さんは少し照れながら、「カッコいいですね……」とコメント。最近のコマーシャルは商品がわかりやすい内容になっているものが多いが、今回の映像は高級感がありドラマティック、さらにストーリー性があると感じたようだ。

“パラダイスシティ”

 衣装は4種類あり、カジノ、ショッピングアーケードの“プラザ”、スパ、クラブという各施設をモチーフにし、それぞれ花、蝶、鳥、魚がテーマとなっているという。広末さんが特に気に入っているのはボリューム感がある赤い花のドレス。また、蝶のドレスを着た際には、糸で羽を広げて撮影したことを明かした。

“パラダイスシティ” “パラダイスシティ”
“パラダイスシティ” “パラダイスシティ”
“パラダイスシティ”

 撮影は8月に行われ、まだクラブは工事を行っていたようだ。また、カジノでの撮影は、深夜2時~5時にかけて行われた。24時間営業しているからこその苦労もあったというが、休憩時間には施設内にある中国料理の店で舌鼓をうち、活力をつけて再度撮影に臨んだと、笑顔で当時を振り返った。

“パラダイスシティ”

 アートとエンタテインメントの融合した空間ということで、一流アーティストのアート作品をさまざまな場所で楽しめる。「パラダイスシティ全体がまるで美術館のよう。全部を見つけられません!」と語っていた。

“パラダイスシティ”

 屋内遊園地“ワンダーボックス”もかなり大きく、さらにゲーム施設もある“パラダイスシティ”。広末さんは「こんなに近くで、非日常感を味わえる場所は他にないと思いました。パラダイスシティだけで十分に楽しめ、完結できます。1人でも多くの方に足を運んでいただきたいです」とあいさつして、発表会を締めくくった。

 11月30日まで、パラダイスシティ2泊3日の旅を楽しめる“生まれ変われる、最高の女子旅プレゼントキャンペーン”が行われている。TwitterかInstagramから応募できるので、公式サイトのキャンペーンページを参照して応募してほしい。

(C)PARADISE SEGASAMMY Co. Ltd. All rights reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。