News

2018年10月30日(火)

『WOFF マキシマ』発売直前! ディレクターインタビューから判明した“マキシマ”な内容とは?

文:電撃オンライン

 11月6日(火)に発売されるRPG『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ(WOFF マキシマ)』。本作のディレクターを担当する千葉広樹氏へのインタビューを掲載する。

『WOFF マキシマ』

 なお『WOFF』は、2016年10月にPS4とPS Vitaで発売されたスクウェア・エニックスのRPGで、かわいい見た目のキャラクターが“グリモワル”と呼ばれる世界を冒険していく作品。レェンとラァンの姉弟が、『FF』キャラとともにグリモワルの危機に立ち向かっていく。

『WOFF マキシマ』
▲前作同様、『WOFF マキシマ』のディレクターを務める千葉広樹氏。『FFVII』『FFVIII』『FFX』などの『FF』シリーズに携わる。

――前作『WOFF』から今回の『WOFF マキシマ』制作までの経緯、またユーザーさんからの反響などはいかがでしたか?

千葉広樹氏(以下、敬称略):前作は全世界で90万本の売上げとなりましたが、ユーザーの方々から多くの温かい声をいただいて、もっとたくさんの方々に遊んでもらいたいという気持ちがありました。そこで、前作リリース当時には発売されていなかったNintendo Switchのほか、Xbox Oneでも発売しようと提案したんです。

 せっかくなので、ユーザーさんからの要望や前作では入れられなかった要素も入れられればと対応させてもらいました。無料のアップデートという形も検討したんですが、なにぶんいろいろと追加や調整をさせてもらったので、それはさすがに難しかったところです……。

――『FF』作品として、いままでになかったキャラクターの見た目やサイズ感だったと思いますが、ユーザーさんの声はいかがでしたか?

千葉:初めはかわいすぎるのではという意見も多かったですね。前作発売前は、海外でこういったデザインは受け入れられないのではと心配もしていました。ですが、いざ発売してみると海外のユーザーさんからもいい反応をいただくことができ、楽しく遊んでくれていたようでほっとしました。

 かわいいデザインのなかにどうやって『FF』らしさを落とし込むかというのは意識して制作したので、それがある程度は伝わってくれたのかなと感じたしだいでした。

――ノセノセのシステムなどは非常におもしろかった要素ですね。

千葉:『FF』とうたっているので、何かしら新しさを入れたいと思っていたとき、本作のキャラクターデザインを担当した泉沢の描いた絵のなかに、キャラクターが積みあがったものがあったんです。

 見た目にも目をひくし、これをバトルに組み込めないかと提案したのが始まりでした。キャラクターの積み方によって、かわいい動きを見せるものもあるので、そういったところも、ぜひ注目してみてもらいたいですね。

『WOFF マキシマ』
▲見た目がかわいい『WOFF』。キャラクターを積み上げて戦うノセノセのシステムは『WOFF マキシマ』でも健在!

――対応機種が増えますが、Nintendo Switch版などでは操作方法が違ったりといったことはありますか?

千葉:Ninetndo Switchならではの操作については対応を検討した時期もありましたが、今回はどのハードウェアを選んでも同じ体験をしてもらいたかったこともあり、操作性の違いはありません。

――追加要素となるアバターチェンジは具体的にどのようなものになるのでしょうか?

千葉:『WOFF』はモンスターと一緒の戦うゲームにしたかったので、あえて『FF』キャラクターになるといったシステムは入れていませんでした。ですが「あの姿になりたい!」というユーザーさんからの声も多かったので、今回『FF』キャラクターに固有技を入れて、アバターチェンジを実装しました。

 チェンジできるキャラクターはセイバー召喚で登場したキャラクター+新規参戦キャラクターになります。このアバターチェンジの追加にあったって、バトルバランスの調整なども行っているので、前作とはちょっとバトル難易度も変わっているかと。ちなみに、アバターチェンジはクエストをクリアするなどしてセヴァストーンというアイテムを手に入れることで可能になります。

『WOFF マキシマ』
▲『WOFF マキシマ』では『FF』シリーズのキャラとなって戦うことが可能に!

――新しいミラージュも追加されるようですが?

千葉:ライバル側となるキャラクターも追加したいと考えていたので、ウォーリア・オブ・ライトと対になるガーランドを新規で入れました。また、前作では2人しか登場していなかった四天王ですが、今回は4体すべて登場して、『FFI』のオマージュとしても楽しめるようになっています。

 もちろん、追加されるミラージュはほかにもいて、クァールなどのモンスターやアプリ『WOFF メリメロ』に登場しているものなど、合計で20弱くらいになるかと思います。オーディンをデザインしていただいた三輪士郎さんの“ようじんぼう”なども、ぜひ注目してもらいたいところですね。

『WOFFマキシマ』
『WOFFマキシマ』
▲アプリ『WOFFメリメロ』でおなじみのミラージュのメルやドラムートなども登場。
『WOFFマキシマ』
『WOFF マキシマ』
▲シヴァ・イクシオンやシルドラなど、前作では残念ながら仲間にすることができなかったミラージュが、『WOFF マキシマ』では仲間となって一緒に戦うことも。

――ボスバトルにエナ・クロが参戦するとのことですが、やはりかなりの強さなのでしょうか?

千葉:かなり戦いごたえのあるバトルになっていますよ。前作をやり込んだユーザーさんでも十分に楽しんでもらえると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。ちなみにナイトメア級という新たな難易度も用意させてもらっています。

『WOFF マキシマ』
『WOFF マキシマ』
▲エナ・クロとのボスバトルも! 彼女の実力のほどは!?

――そのほかの変更点や調整したところなどがあったら教えてください。

千葉:新規ミラージュや新規レジェンドキャラクターのザックスやセシルなどのクエストを追加しています。もちろん、これらはフルボイスでお楽しみいただけますよ。また『WOFF マキシマ』をやり尽くすと見られるエンディングも用意させてもらっています。気になる内容のエンディングになっているので、ぜひやり込んで見てもらえればと!

 あと、エンディング後に操作キャラクターをアウィンに変更できるようにもなっています。ミニゲームではノクティスと釣りができるものを用意させてもらいました。かなりこだわって作っていて『FFXV』からノクティスの釣り竿のデータを実際に取り寄せて、忠実に再現しているんです。このノクティスのミニゲームは、とあるところの桟橋にいる彼に話しかけるとプレイすることができます。

 そのほかに『WOFF メリメロ』のオープニングをイベントビューアーに追加したりもしていますので、こちらもチェックしてみてもらえればと。

『WOFF マキシマ』
▲前作には登場しなかったザックスやセラなどが新たに参戦!

千葉:『WOFF マキシマ』に向けて、前作の事前アップデートを予定しています。宝箱をすべて入手するというトロフィーが難しいという声が多かったので、トレジャーサーチというアイテムを追加させてもらったり、最初の召喚獣戦で手に入るブリザなどのミラージュを隠しダンジョンでゲットするときに見つけやすくしたりなど、細かい調整も入れさせてもらっています。

 これらは『WOFF マキシマ』はもちろん、前作にも対応したアップデートとなっているので、『WOFF マキシマ』の購入を考えている方はもちろん、前作は持っているけど『WOFF マキシマ』はまだ購入を検討している方も対象の無償アップデートに含まれるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 今回いろいろと追加をして、アップデートの容量が大きくなりすぎたため、前作のPS Vita版は『WOFF マキシマ』にアップデート対応ができなくなってしまいました。このことは、本当に申し訳ない限りです。ただクロスセーブには対応していますので、この機会にPS4版でのプレイなどを検討してもらえるとありがたいです。

――『WOFF マキシマ』が間もなく発売されますが、今後の展開の予定はありますか?

千葉:今のところその予定はありませんが、反響によっては、さらなる展開はあるかもしれません。個人的には、すぐにでも新作を作りたいと思っていて、じつはシナリオも準備万端だったり(笑)。

――『WOFF マキシマ』を心待ちにしているユーザーの方々へのメッセージをお願いします。

千葉:前作からさらにパワーアップして、より『FF』の懐かしさや新しさを感じられる作品になっています。また、『FF』を知っている方も知らない方も奥深く遊べる内容になっていますので、ぜひプレイしてみてください!

 ちなみに発売直前となる11月5日には公式配信番組も予定していますので、さらに詳しい情報などはそちらをチェックしてもらえればと思います。

(C) 2016, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/YASUHISA IZUMISAWA
LOGO ILLUSTRATION:(C) 2016 YOSHITAKA AMANO

データ

▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Nintendo Switch
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC(Steam)
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月7日予定
■価格:5,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。