News

2018年11月3日(土)

【おすすめDLゲーム】『ザ・ビデオキッド』は80年代カルチャーを愛しすぎたアーケード風アクションゲーム

文:sexy隊長

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は高難易度アクションゲーム『ザ・ビデオキッド(THE VIDEOKID)』をお届けします。

『ザ・ビデオキッド』

 本作は、80年代のレトロゲームを彷彿させるドット絵、高い難易度のアクション、そしてさまざまなカルチャーからパロディーがふんだんに盛り込まれているアクションゲーム。80年代のレトロゲームを愛した、開発者の本作の魅力をお届けいたします。

 Steam、PS4、Switch、Xbox Oneにて配信されている本作についての魅力を紹介します。PS4とSwitch、Xbox Oneは日本語版が発売されています。なお、画面はNintendo Switch版のもの。

往年のアーケードゲームのような見た目と操作性

『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』

 主人公はスケボーでストリートを駆け抜けながらビデオを配達して、主人公の恋人・ジェシカの場所にたどり着ければゲームクリアとなります。コースに登場する障害物や車や通行人に、当たってしまうと失敗になるので、ジャンプやムーブといったスケボーのトリックを駆使し避けていきます。

『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』

 シンプルな操作方法やドット絵で構成されたグラフィックは、まるで80年代のアーケードゲームを彷彿させます。

ビデオを配達したお金で着替えと技が買える

『ザ・ビデオキッド』

 ビデオテープを投げてポストに入れるとお金を稼げます。他にもコースに落ちているお金や宝石を拾うことでも稼ぐことができます。お金はゲームオーバーになっても引き継がれるので、何度もプレイすることで貯まっていきます。

『ザ・ビデオキッド』

 貯めたお金は、ショップで“主人公の服”や“スケボーのトリック”を購入可能。“主人公の服”を購入すると、ゲーム中の主人公の見た目が変わります。服以外にも……某クッキーが好きそうなモンスターのような見た目になれたり、性別そのものが変わったりする服まであります。

『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
▲このままプレイ可能なので、行き詰まった時に着替えることで気分転換ができます。
『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
▲どこかで見たことあるような“主人公の服”が用意されています。これ以外にも多数あるので、プレイして確認してください。

 “スケボーのトリック”を購入すると新しいトリックが使用できるようになり、高得点を得られるようになります。PS4やSteamにはハイスコアのトロフィーがあり、トロフィーコンプを目指すために欠かせないアイテムなので、お金を稼いで買っていきましょう。

『ザ・ビデオキッド』
▲いろいろな技を決めることで高得点が近づきますが、何よりコンボが決まると気持ちいいのです!

 服やトリックを購入しても能力がアップすることはありません。見た目やトリックが変わるだけでゲームの難易度はそのままです。

高い難易度に苦戦必須!?

『ザ・ビデオキッド』

 ゲームの舞台となるストリートは、1つの長いコースで構成されています。『ザ・ビデオキッド』では、残機がないため、失敗すると即ゲームオーバーに! コンテニュー機能やそれをカバーする類のアイテムはないので、スタートからゴールまでノーミスでクリアしなければなりません。

 しかもストリートに登場するお邪魔ギミックは、プレイする度に配置や出てくるタイミングなどが変わるために、その場その場の判断力が問われます。

『ザ・ビデオキッド』
▲非常に高難易度なので、最初のうちは10%も進まずにゲームオーバーになります。

 自分の腕が上達していくことで進めるようになるという、アクションゲームの魅力を味わえることでしょうか。

ちりばめられたパロディーネタの数々

 本作には、ビックリするぐらいの量のパロディーがちりばめられています。ミスが許されないゲームなのに、「えっ! あのカメのキャラクターは!?」とか「この車に乗っているアヒルは……まさか」など、パロディーネタが気になってしまい、ミスが多発します。

 誇張なしに5秒に1回くらいは、なにかしらのパロディーネタが登場するので、プレイに集中するのか? それともコース周りに集中するのか? いろいろと考えてプレイしないとクリア間近で……大変なことになります。

『ザ・ビデオキッド』
▲ゲームのタイトル画面に登場する服ですが、過去や未来へ行く某映画の主人公の服にそっくり!
『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
『ザ・ビデオキッド』 『ザ・ビデオキッド』
▲あえて元ネタが何かは言いませんが、思わず笑ってしまうことは何度もありました。
『ザ・ビデオキッド』

 パロディーは、80年代に流行した映画やアニメといった、アメリカンカルチャーばかりですので、その世代が好きな人にとってはすごくワクワクするゲームになっていると思います。筆者もその世代のタイトルが好きなので、思わずニヤニヤしてしまいました。

高難易度ゆえの中毒性がたまらない

『ザ・ビデオキッド』

 先ほども書きましたが、本作の難易度は本当に高いです。お邪魔ギミックを横に避けるか、ジャンプして避けるかの操作だけにもかかわらず、ここまで悩むのか……と思わせる難易度です。

 1回のプレイ時間は2~5分程度なので、ゲームオーバーになっても「あと1回だけ……」と、何度も何度もプレイしたくなり、気づくとずっと遊んでいるという中毒性の高いゲーム。ぜひハマっていただき、苦しみながら恋人ジェシカに会えるまでコンテニューを繰り返して楽しんでもらいたいです。

『ザ・ビデオキッド』
▲何度も何度も倒れる主人公。しかし、繰り返しプレイすれば着実に前に進めるので、諦めずに挑戦してください。

(C)2018 Pixel Trip Studio / VideoKid Games (C)2018 Chorus Worldwide Games

▼『ザ・ビデオキッド(The VideoKid)』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年8月31日
■価格:500円(税込)
※開発:Pixel Trip Studio / VideoKid Games
▼『ザ・ビデオキッド(The VideoKid)』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:Nintendo Switch
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年8月30日
■価格:500円(税込)
※開発:Pixel Trip Studio / VideoKid Games
▼『ザ・ビデオキッド(The VideoKid)』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年8月30日
■価格:500円(税込)
※開発:Pixel Trip Studio / VideoKid Games
▼『ザ・ビデオキッド(The VideoKid)』
■メーカー:Pixel Trip Studios
■対応機種:PC
■ジャンル:アクション
■発売日:2017年1月31日
■価格:380円

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。