News

2018年11月27日(火)

『メギド72』のストーリーをより楽しむための世界観や用語を解説!

文:カワチまさん

 こんにちは。ライターのカワチです。これまでDeNAとメディア・ビジョンが手掛けるフォトンドリヴン世界救済RPG『メギド72』のゲームの基本を紹介する記事やオススメのメギド(キャラクター)を紹介する記事をお届けし、このゲームの魅力をお届けしてきました。

『メギド72』

 ただ、「そもそもどういう世界観なのかわからない」という人や「専門用語が多くて話がよくわからない」という人も多いのではないかと思います。

 今回の記事ではキーワードを中心に世界観を解説していきたいと思います。ただ、記事の性質上、どうしてもネタバレに踏み込まなくてはならないのでその点だけ注意していただければと思います!

 ちなみに、今回「どうしても書きたい!」ということで『メギド72』が大好きというライター・まさんによる用語解説(&妄想)もオマケにつけました。無茶苦茶言っていて考察の役には立たないかもしれませんが、プレイ済みの方はどうか笑って読んでいただければと思います……(笑)。

【目次】

世界観

 まず簡単に世界観を紹介しましょう。

 『メギド72』はヴィータ(人間)と呼ばれる種族が住むヴァイガルド、メギド(悪魔)と呼ばれる種族が住むメギドラル、ハルマ(天使)と呼ばれる種族が住むハルマニアの3世界を中心に物語が展開。そこで起こるといわれる最終戦争“ハルマゲドン”を巡る戦いが描かれていくことになります。

 ちなみにメギドが悪魔でハルマが天使というのはヴィータの認識で、本来は人間と同じように個々の考えを持っています。たとえば、メギドといっても主人公と行動を共にしている仲間たちとメギドラルにいるものたちは敵対関係にあったりします。

『メギド72』
▲物語のキーワードとなるハルマゲドン。同じメギドでも、ハルマゲドンを起こそうとするものと、阻止しようとする者が存在します。

 続いてストーリーについて。ゲームの流れとは異なりますが、わかりやすく世界の歴史に沿ってご紹介しましょう。物語の舞台は臨界ヴァイガルド。この世界は万物のエネルギーフォトンに恵まれ、地の民であるヴィータは平和に暮らしていました。しかし、巨大な力を持つ輝界ハルマニアと宵界メギドラルの大戦争の舞台となって崩壊寸前にまで追い込まれてしまいました。

 その過ちを繰り返さないため休戦協定“護界憲章”が設立され、双方の世界ともヴァイガルドへ侵入することを厳しく制限されました。

 さらに非力なヴィータが異世界の者を使役できる指輪が作られ、メギドを使役できるソロモン、ハルマを使役できるシバにそれぞれ指輪が与えられました。

 その後、ヴァイガルドの地は千年の平和な時を過ごすことに。シバの役目は女王の称号とともに受け継がれ、王都エルプシャフトは繁栄しますが、ソロモンの王都ペルペトゥムは謎の崩壊の末に指輪を受け継ぐ者も姿を消し、人々の記憶からも消え去られてしまいます。

 ここからは本編の時間軸になります。王都からは遠く離れた辺境の村々が幻獣に襲われ、人々の間に恐怖が蔓延するように。そんななか、全身に謎の模様と家伝の指輪をもつ主人公も幻獣に襲われ、出会った旅人に助けてもらうことになります。

『メギド72』
『メギド72』

 その旅人たちとはメギドであり、メギドラルが企むヴァイガルド侵攻とハルマとの最終戦争“ハルマゲドン”に反対したため、ヴァイガルドへと追放されていました。

 彼らとの出会いで、自分の指輪が重要なものだと知った主人公は、この世界を滅ぼすハルマゲドンを阻止すべく、ソロモンとして彼らと行動することとなるのです。

『メギド72』
▲ソロモンが旅立つきっかけになったシーン。これには幻獣がかかわっています。

 では、ここからは細かくキーワードを解説していきましょう。

種族

メギド

 メギドラルと呼ばれる世界に暮らす種族で、ヴィータの伝承では悪魔と同一視されています。現在はメギドラルから幻獣をあやつり、ヴァイガルドを侵攻しようとしています。

 ちなみに本来であれば護界憲章の力によってヴァイガルドに存在できませんが、いろいろな抜け道を見つけ出して密かにやってくるメギドもいることが判明しています。

メギドがこの世界に来た方法

 これまでのストーリーでは、追放メギドの転生以外でも護界憲章を欺く特殊な事例をついてヴァイガルドに来たメギドが存在しています。いくつか、その方法を紹介していきましょう。

【1】人体実験によってヴィータ体となったメギド

 イベント“上書きされた忠義”に出てくるブニなど、人体実験によってヴィータ体となったメギド。この状態ならば、転生せずにヴァイガルドへ来られます。

 純粋なメギド体としての活動はできませんが、特殊な変身体や古代大戦時で残された遺物でメギド体になることは可能です。

 また、近年のメギドラルではヴィータ体で過ごすことも流行しており、“護界憲章の穴を知らずにヴィータ体のままゲートを通って来てしまったメギド”なども存在しています。

 美味しい食べ物を食べにきただけで、料理にクレームをつけているだけのメギド(ダゴン)とか、作中で設置されたゲートが多いこともあって憲章自体がもはや有名無実の状態。現状が一番危険な状態なのかもしれません。

『メギド72』

【2】ヴィータの死体に魂を定着させることで存在するメギド

 魂をヴァイガルドに送るという手段までは追放メギドと同じですが、転生させずにヴィータの死体に憑依させることで記憶を保ったまま活動できるパターンです。このパターンのデメリットとしては、すでに肉体的には死んでいるので“誰かに殺されると死体も残らず消滅してしまう”ことなどがあげられます。

 6章ではウェパルがその方法で来たことが判明していますが、この方法でもメギド体の力を行使できるわけではありません。それにしてもメギドラルは、本当にいろいろなパターンを考えてきますね……。

『メギド72』

【3】転生が失敗して生きているヴィータに憑依したメギドや死体からよみがえったメギド

 転生に失敗して生きている人間に憑依してしまったシャミハザや、ヴィータのまま死亡して死後にメギドとしてよみがえったインプなど、追放メギドのなかにもイレギュラーな方法でヴァイガルドに存在しているメギドがいます。

 特殊な事例ではありますが追放刑であることに変わりはなく、メギドラル側が有利になるものでもないため、敵が活用してくることは今のところないと思われます。

『メギド72』

追放メギド

 メギドラルから追放され、ヴィータに転生させられたメギド。プレイヤーの仲間となるメギドは大多数がこの追放メギドになります。メギドの力を使うことはできず、その強さはメギドには及びませんがソロモンの指輪によって本来の力を発揮することができます。

幻獣

 ヴィータを襲う化け物。フォトンの豊富な地に集まる性質だったり強い幻獣の元に集まって群れを形成する習性を持ちますが、じつはメギドラルサイドの思惑で動かされている。

『メギド72』

 知性は持たず、メインストーリーでも伝令のような役割しか果たしていませんが、最近のイベントクエストを見ていると感情があったり、インプに対して相談してから反抗していたりと、幻獣と言えどもある程度の知性はあるのかも……?

ハルマ

 ハルマニアと呼ばれる世界に暮らす種族。ヴィータの民間伝承では天使と同一視されています。ヴァイガルドとヴィータを守護していますが、それはヴィータに進化の可能性を見出して、そこにあやかって己の種族を再び繁栄させるため。また、現在はハルマゲドン阻止のためシバの女王と協力体制を構築しています。

『メギド72』

 メギド同様にハルマ体もあるようですが、ヴァイガルドで変身するとハルマゲドンのきっかけになってしまうため、現時点では登場していません。ハルマニアで登場する無機物な感じの敵から推測すると、機械的な見た目とかかも……?

ヴィータ

 ヴァイガルドに暮らす種族でいわゆる人間です。ハルマやメギドのことを知らず、幻獣もほとんど見たことがない人が多数。しかし、滅びの予言や幻獣の被害によって終末思想が流行しています。

 また、フォトン(この世界における生命エネルギーのようなもの)を吸収しやすいため、大量のフォトンに触れると体が耐えられず内から破裂する“フォトンバースト”を起こしてしまいます。

『メギド72』

 ハルマやメギドにはかないませんが、アスモデウスのキャラクターストーリーなどで通常のヴィータを超えた“超人”も存在しており、古代戦争の遺物があれば幻獣程度なら戦えるようです。

 なお、これまでにゼパルが好きなあまり……ではなくて実験でヴィータからメギドになろうとした者もいますが、種族の壁を越えて別の種族になった事例は確認されていません。

世界

宵界:メギドラル

 メギドたちが住む世界。力が物を言う世界で争いが絶えません。しかし、現在はフォトンの枯渇から争いをせず静かに暮らすメギドも存在します。

 なお、メギドラル側が侵略のためにゲートを設置した結果、ソロモン王側に利用されてメギドラルに乗り込まれるなど、侵略する側としての意識はあっても隠れて侵入されることへの意識は薄い様子。

『メギド72』

輝界:ハルマニア

 ハルマたちが治める世界。古代の王都とハルマニアは蜜月状態だったため、王都近郊の地下迷宮にはハルマニアへのゲートが残されています。しかし、現在はヴィータのことを見たことすらないハルマも多いです。

 物語の途中でソロモン王と訪れる展開はありますが、社会の様子や組織体系など、メギドラル以上に謎が多い世界となっています。

『メギド72』

臨界:ヴァイガルド

 ヴィータの暮らす世界で、ハルマニアとメギドラルの中間に位置しています。1000年前にハルマとメギドによる大戦争の舞台となったため、現在もその爪痕だったり兵器だったりが残っていたりします。また、不安な情勢から終末思想も蔓延しています。

『メギド72』

キーワード

ハルマゲドン

 メギドとハルマの最終戦争。1000年前と同じくヴァイガルドで勃発すると目されており、このハルマゲドンが起きると今度こそヴァイガルドは滅亡するとされています。

 あの手、この手でハルマゲドンを起こそうとするメギドラル側の策略も、本作の見どころの1つとなっています。

 それにしても、しつこいうえに作戦が次々と関連づけられていくメギドラルの恐ろしさよ……。作戦を立てている参謀は、どんな悪魔なのか気になりませんか?

ソロモン王

 ソロモンの指輪の力によってメギドを使役するヴィータの王。本作の主人公でありプレイヤーの分身です。

 リーダー兼軍師のような立ち位置として、メギドラル側の策略を奇抜な手で打ち破り、物理的な力は仲間に及ばなくてもなくてはならない存在となっています。“ソロモン王”や指輪をめぐる謎が明かされる5章は、物語におけるターニングポイントにもなっています。

『メギド72』

シバの女王

 ハルマを使役するヴィータでソロモン王の対となる存在。王都エルプシャフトで女王の称号を代々受け継ぎ、ハルマニアとの協力体制を維持しています。

 オープニングの画像でソロモン王と一緒に号泣していますが、本編ではそこまで号泣するシーンはありません。いや、よく考えたらソロモン王だってそんなに本編で号泣してない!

 じゃあ、あのイラストはなんなんだ……今後、シバの女王にも号泣するようなキツイ展開が待っているのでしょうか?

『メギド72』

ネタバレ注意! 今後の物語で重要な位置を占めそうなキーワードを考察

 はい注目! ここからは『メギド72』が好きすぎて月に●万円は課金している上位メギドライターのまさんが、今後の展開に絡んできそうな単語の解説と妄想を交えた推測を語っていきたいと思います。

 なお、6章の最新シナリオまでとイベントクエスト、キャラクターストーリーなどのネタバレもある既プレイヤー向けなのでご注意を。

護界憲章

 指輪による召喚を除き、ハルマとメギドがヴァイガルドに来られないようにする協定。古代戦争時に作られたもので、ヴァイガルドを保護する目的も兼ねた休戦協定だった……というものが表向きでしたが、物語が進むにつれて抜け穴がボッコンボッコン見つかったアレな憲章だったりします。

 そもそも、護界憲章自体が何なのかよくわかってないんですよね。本当に、今わかっているものだけですべてなのか。物体なのか。人型なのか。絶対、何かもっとヤバい抜け穴があったりするでしょ。

 きっと、護界憲章じゃなくて誤解憲章なんだ……とかわけのわからない方向に妄想が飛びましたが、かなり謎に包まれている存在です。その全貌によっては物語がひっくり返る可能性もありますが、この作品は割と何回もひっくり返っている仕込みがあったので、たとえ変なことがあってももう驚かないぞ! ……絶対、驚いているだろうなコレ。

『メギド72』

アンチャーター

 護界憲章を無効化し、ヴァイガルドでメギド体になれる装置。と思いきや、7つ集めるともっとヤバい物“大いなるバビロン”が生まれるという『メギド72』を代表する“シナリオのミスリード案件”の1つですね。

 疑似的な生命を持ってヴィータの姿に変わること、7つに分かれていることから、おそらくメギドのように悪魔の名前を持っているものと思われます。きっと、イラストも特殊なものになるはず……。

 推測するための手掛かりとしては、アスモデウスの回想に出てきた“シニュム”という名前。この人物がアンチャーターなのかひっかけなのかは謎ですが、ヒントにはなりそうです。ラテン語? メギドの名前付けの法則とは違う? う~ん、わからない……。

『メギド72』

 いずれ、アンチャーター防衛編をやることは公式で明らかにされていますが、早く詳細が知りたいものの1つですね。メギドでもハルマでもないので、コランとプランシィのように、悪魔関連の作家が元ネタという可能性もあるかも?

母なる白き妖蛆

 ハルマゲドンを引き起こす元凶であり、ソロモン王いわく真の敵。無意識化でメギドラルのメギドに精神干渉を仕掛け、姿を知覚することもできないという、こんなのどうやって倒すの!? 

 明らかに物語の最後でリアルでも何年後のメインストーリーで明らかになるのかわからない存在ですが、白き妖蛆という名前や設定から名前を推測する限り、おそらくクトゥルフ神話のルリム・シャイコースが元ネタのはず。

 この世界観、クトゥルフも内包するのか……(一応、サブキャラでクトゥルフ系らしき名前はありました)ということは、コレ最終的にメギドとハルマが手を組んで壮大なクトゥルフ系の名前を持った敵に挑む話になるんですかね? 現状でもだいぶ壮大ですけど、なんだかまだまだ仕込みがありそうでワクワクしますよ!

『メギド72』

メギド8魔星

 かつてアスモデウスが所属していた組織“大罪同盟”が分裂して生まれた新組織。現在は、大罪同盟を裏切ったベルゼブブとサタン。最近の復刻イベントでルシファーの名前が確認できていますが、姿は不明のままです。また、リジェネレイトシトリーのキャラストーリーで、メギド8魔星の1人・マモンの名前と姿も明らかになりました。

『メギド72』

 カッコいいお姉さんだ! 早く実装してください!! っていうか、銃があるのメギドラル!? まあ、そんな感じで未だ謎が多い組織ですが、発表されている7章が“大罪同盟との邂逅編”なので、そこで明らかになるのかな……?

 シャックスのキャラストーリーでタンタン、ゼブゼブ、ノムノムが8魔星なのも判明していますが、サタンとベルゼブブとも限らないんですよね。レヴィアタンのことかもしれない。ノムノムは……誰? エウリノーム? と謎が多すぎる存在です。7つの大罪が元ネタと思われた大罪同盟は崩壊しているし、割と法則で読めないところがあるんですよね……。

『メギド72』

フライナイツ

 ベルゼブブの配下であることが判明している謎の騎士団。ベルゼブブが蠅の王だからFly knights。揚げ物が好きな集団ではありません。今のところ、ガギゾンが所属している。文句を言ったり逆らったりすると追放メギドにされるなど、ろくでもない集団ということしかわかっていませんが、その実力も未知数。

 9章が“フライナイツ因縁編”であることが判明しているため、おそらく直接対決&ガギゾンの実装はココだと思われます。早く使いたいので、メインストーリーをもっとガンガン追加してください!

 イベントシナリオとメインストーリーを通して、かなり回りくどい作戦を立ててくるメギドラルですが、おそらくベルゼブブとこのフライナイツ辺りが原因っぽいと思われます。倒しても二重にワナを仕掛けてきそうでヤダなあ……。と言いつつ、ソロモン王との知略合戦は本作の見どころでもあるので対決する日が楽しみですね。

『メギド72』

テルミナスメギド

 ヴァイガルドの中で有名な存在となっているメギド……らしいのですが、じつはこれまたよくわからない存在。確かに、通りすがって料理にクレームをつけていくだけのダゴンとか、ある意味伝説になりそうですが……。

 これまでは女性型のテルミナスメギドだけでしたが、今後男性も追加されることが判明しており、もしかするとテルミナスの謎が解けるかもしれません。ストーリーにも関係してくるかもしれませんし、へっぽこな方向で伝説を作った有名人が増えるだけかもしれませんが、ソレはソレで!

『メギド72』

シュディム

 ソロモン王が母なる白き妖蛆と会う儀式を行う際、ベリアルが口にした名前。“真”なる系譜につながるものであり、現実でも悪魔の名前として存在しているので、おそらく真のほうの72柱と関係があると思われます。気になる単語バラまかれてるなあ……。

おまけ

ゴールドオイル

 やけに落ちない。青真珠と一緒で、やけに落ちない割に要求量が多い素材。イベントクエストで落ちるときを利用して集めるのが賢いソロモン王の入口です。「ククク……ダガ、ソノクエストハ最難関クエストダゾ!」という黒い犬の声が聞こえたら1人前のソロモン王かもしれません。

混沌を生み出す腕

 なかなか落ちないアバドンのレアドロップ。混沌を生み出す前に“混沌を生み出す腕”が生み出されないので数多のソロモン王がアバドンを狩りつくすという事態が発生。つまり、アバドン以上の恐ろしい兵器が出てくるのは必須なんですよ! 今後のシナリオではアバドンを超えた凶悪な兵器が出るのは間違いないというか、どういう方向からの推測なんだ、これは。

悪魔の血

 違うアイテムを求めた結果、何度も倒されるバラムが大量に体から流すことになる素材。バラム本人の進化にも還元されるので結果オーライ!

クズ

 フラウロスのこと。

『メギド72』

 『メギド72』は性格に問題がある男性が多く登場し、その奔放さが話題となってユーザーが増えたという伝説があります(編集部注:まさんの妄想です)。今後も、さまざまなクズが登場するとうれしいですね。うれしいですよね?

 ところで、イベント“傀儡の王と操られた花嫁”のフィールドで流れた歌の冒頭が“ク~ズ!”という歌詞にしか聞こえないのですが、あの曲の歌詞が明かされる日は来るのでしょうか……?

アラストール

 個人的に好き。

『メギド72』
▲好き。

 いかがだったでしょうか。これで基本はおさえられるのではないかと思います。

 イベントもたびたび復刻されるうえに復刻するごとに演出追加や修正で別物になっていると言えば、このゲームの恐ろしさがわかってもらえるでしょうか。普通のアプリゲームで復刻したイベントに手を入れることはほぼないですよ!?

『メギド72』
▲『メギド72』における時間遡行の設定が語られる6章。シナリオの設定に矛盾が生じた時や、イベントシナリオが書き換わる理由にもなっていてスゴイ!

 『メギド72』は、インパクトのあるキャラクターはもちろん、こうした奥深いストーリーや設定も魅力になっているので、設定部分にも注目してみてはいかがでしょうか?

(C)DeNA Co., Ltd.

データ

▼『メギド72』
■メーカー:DeNA
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月7日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『メギド72』のダウンロードはこちら
▼『メギド72』
■メーカー:DeNA
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月7日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『メギド72』のダウンロードはこちら

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。