News

2018年11月21日(水)

爽快アクションをいつでも楽しめる『ドールズオーダー』のススメ。3つの視点から魅力を紹介

文:kbj

 gumiが運営中のiOS/Android用アプリ『ドールズオーダー』。本作を紹介する記事を、電撃オンラインのkbjがお届けします。

『ドールズオーダー』

 最近になって『ドールズオーダー』を始めた、マスター歴3週間ちょいのkbjです。リリース時に気になっていたのですが、当時スマートフォンの容量がなかったり、忙しかったりでプレイできていませんでした。

『ドールズオーダー』

 インストールして以降は毎日起動し、アリーナでバトルしたり、ミッションを達成したりという日々です。画面撮影時点ではアリーナレベルはAでしたが、執筆時点ではSに到達しました。先輩マスターにはまだまだ及びませんが、ドップリ楽しんでいるアプリの魅力を紹介していきたいと思います。

サクサク動く爽快アクションが楽しい!

 アプリを遊ぶうえで1番大事なのは、当然ですが“楽しいこと”です。

『ドールズオーダー』

 本作の特徴であるバトルでは、攻撃、ダッシュ、アビリティなどを駆使して、相手の攻撃を避けつつ、こちらの攻撃を当てることになります。行動はブーストゲージを消費することでキャンセルでき、別のアクションにつなぐことができます。

『ドールズオーダー』

 相手を牽制する攻撃から移動につないだり、攻撃を何度も当てて大ダメージを狙ったりと、状況やプレイヤーごとに多彩なアクションを楽しめます。うまい人だと相手の攻撃を避けつつ、大ダメージを与えられるという、腕の差が出る要素でもあります。

 別の行動に繋げられるうえに、レスポンスがよくサクサク動くため、ちょっとさわっても気持ちよさを味わえるかと。そして、キャンセルを活用して攻撃できるようになると、うまくなったことを実感できますね。

毎日夜更かしするほどの遊びやすさ

『ドールズオーダー』

 遊び始めたばかりですが、プレイする中で感じているのは“遊びやすさ”です。回線が安定していれば、家の外でもプレイできますし、わかりやすいシステム、遅い時間でも相手がいるマッチングシステムなど、大きな不満はありません。そうでなければ毎夜毎晩、アリーナにこもってプレイはしません(笑)。

『ドールズオーダー』

 基本プレイ無料ですが、プレイにいわゆる“スタミナ”がないことも特徴。ちょっと時間ができたから1プレイ、寝る前にガッツリとプレイなど、自由にプレイできます。個人的にはスタミナが最大までたまった状態になり「やらないともったいない!」という気持ちにおちいらないことも、精神的にプラスですね(笑)。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 また、序盤はガチャポイントがドンドン入るところもポイント。10連ガチャ5回くらいであればすぐに回せるのもいいですね。その後も、毎週のオーダーやストーリーのハードモードをこなすことでもガチャポイントは加算されていきます。

『ドールズオーダー』

 物語の序盤は難しくなく、チュートリアル的な意味を持っているので、アクションが苦手な人でも安心です。また、パネルミッションをこなしていくことで、星4、星5ガチャチケットをもらえるのもうれしい要素。……まあ、欲しいドールが入るとは限りませんが(苦笑)。

キャラからハマったっていい!

 「アクションが得意でないから、人との対戦はちょっと……」という人でも、魅力的なキャラを見たり、動かしたりすることは嫌いではないのでは?

『ドールズオーダー』

 先ほどあげたように、本作の最大の楽しさはアクションだと思っています。ただ、それはアリーナでの対人戦だけでなく、CPU戦でも味わえるのです。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 ストーリーは現在5章まで配信されていて、主人公のパートナーであるユーウェインとの物語が展開。ノーマルをクリアしたら、ハード、ベリーハードとあげていくことで、達成感を味わえるだけでなく、腕が磨かれていくと思います。

 あとは季節イベントやコラボもあります。こちらも1人で遊ぶことが可能です。

 プレイヤーが操作できるドールは現在40体ほどいます。ドールが変われば見た目だけでなく、性格、アクションが変わります。アクションがマッチするから愛着がわいたでも、キャラが自分のタイプで好きになったでもいいと思います。好きになるのに、経緯は問題ではないのですから。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 自分が好きなのはガウェイン。早めのガチャで星5ガウェインと出会ったのですが、褐色の肌に明るい性格、斧をブンブン振り回すアクションが自分好みでその後ずっと使っています。

 使うようになって最初に感じたのは「ボイスがカワイすぎだろ! フザケンナよ!(褒め言葉)」ということ。それもそのはずで、ボイスは釘宮理恵さんが担当されていました。はい、サイコー!

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』
『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 あと、ドールにもかかわらず、厨二病というディナダンもお気に入り。眼帯をしていることや独特の言い回しが特徴ですが、眼帯を外したらかなりカワイイと勝手に思っていつもニヤニヤしています。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』
『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』
『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』
『ドールズオーダー』

 ドールにはレアリティがあり、それによって武器が変わるうえに、見た目も少しずつ違っています。好きなドールは比べてみたくなっちゃいますね。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』
『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 各ドールには親密度があり、上がっていくとサブストーリーを見られたり、衣装を変えられたりというやり込み要素もあります。個人的に親密度はもう少し上げやすくてもいいかなと感じています。ストーリーモードの最初1回はリーダーだけ親密度が少し上がるとかあってもいいのかなと。一緒に戦いに挑んでいるドールなんですから。

楽しいからプレイしてほしい!

『ドールズオーダー』

 うまくなったこと、強くなったことを実感できるのがアクションゲームの楽しみであり、醍醐味だと思います。アクションが苦手な人でも、ストーリーを進めたり、イベントを楽しんだりしているうちに、少しずつうまくなり、勝てる楽しさを味わえるようになるかと。

『ドールズオーダー』 『ドールズオーダー』

 当然、負けたら悔しいのですが、アリーナは負けてもお金と素材が入るので“次への糧”とすることができるのも個人的にはいいと感じます。またアリーナランクに影響しない、“カジュアルマッチ”で気軽にプレイすることができるのもいいですね。

『ドールズオーダー』

 オススメはまずは1体育てること。ステータスをアップさせつつ、他2体は最低限育てていって、自分のプレイスタイル、好きなドールタイプがわかってきてから、お目当てのドールが入ったらガッツリ育成しましょう。星4のドールであればそこそこ入りやすいですし、合うものが手に入るかと(とはいえ運次第ですが)。

『ドールズオーダー』

 あれこれ書いてきましたが、伝えたかったのは「楽しいからとりあえずプレイしてほしい!」ということ。パートナーと息があい、勝利できた時は毎回うれしいです。今回は書きませんでしたが、戦闘中に流れるBGMはいい曲ばかり。気持ちを高揚させるもの、ノリのいいものなどいろいろあって、サントラ買おうかなと思っています。

12月1日13時59分までキャンペーン実施中!

『ドールズオーダー』

 12月1日13時59分まで60万ダウンロード達成を記念してキャンペーンを実施中。毎日無料でガチャを引ける“1日1回無料ガチャ”と、期間中最大4回“10連ガチャ”を引ける“無料10連ガチャ”が実施されます。

 「出遅れたし、いまさら」とか「アクションが苦手だから」とか言わず、ぜひプレイしてみてください!

(C) 2018 gumi Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『ドールズオーダー』
■メーカー:gumi
■対応機種:iOS
■ジャンル:アクション
■配信日:2018年3月28日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『ドールズオーダー』
■メーカー:gumi
■対応機種:Android
■ジャンル:アクション
■配信日:2018年3月28日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。