News

2018年11月21日(水)

“ガンダム40周年プロジェクト発表会”情報まとめ。『ガンダムビルドシリーズ』の新作が発表

文:電撃オンライン

 “機動戦士ガンダム40周年プロジェクト発表会”が、11月21日恵比寿ガーデンホールで行われました。本記事では、ステージの模様をお届けします。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 “機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”とは、TVアニメ『機動戦士ガンダム』放送開始から40年目を記念した企画です。

 ステージには、バンダイナムコホールディングス代表取締役社長・田口三昭さん、創通専務取締役・難波秀行さん、サンライズ代表取締役兼一般社法人ガンダム GLOBAL CHALLENGE 代表理事・宮河恭夫さん、サンライズ取締役・浅沼誠さん、横浜市副市長・荒木田百合さん、アーティストのSUGIZOさんらが登壇しました。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
▲会場には過去作品や新たなキービジュアルがズラリ!

 田口さんは、あいさつとともに、これまで行われてきた“等身大ガンダム”をはじめとした『ガンダム』シリーズのイベントを解説しました。

 続いて登壇した宮河さんは「つねに新しいことにチャレンジする」と意気込みを語り、今後は『ガンダム』シリーズのコラボ企画を考えていることを話します。コラボでは、他の人気キャラクターをはじめとしたIPコラボや、各地域とコラボしたご当地などが行われるとのこと。詳細は未公開でしたが、今後の展開に注目です。

 以下では、明らかになった“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”の詳細を紹介します。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 本プロジェクトは、2019年から2020年にかけて『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ、『ガンダムビルドシリーズ』新作、『SDガンダムワールド 三国創傑伝』、『劇場版ガンダム Gのレコンギスタ』、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の5作品を中心に展開されます。

 プロジェクトテーマ曲は、2019年にLUNA SEAのSUGIZOさんがプロデュースしています。

 コンセプトは、“BEYOND(ビヨンド)”で、“すべてのものを超えていく”という意味が込められているとのことです。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 ロゴは“未知のガンダムに出会い、その出会いがまた新たなつながりを生んでメビウスになる”というイメージが表現されています。また、『ガンダム』シリーズの印象的な情景である地球から覗く太陽の光がモチーフになっています。

 さらに、本プロジェクトのキービジュアルも発表されました。プロジェクトコンセプト“BEYOND(ビヨンド)”にもとづき、作品の枠を超えたさまざまなキャラクターが共存する可能性の世界が描かれています。

 “機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”のキービジュアルでは、『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』と『機動戦士ガンダム00』、『新機動戦記ガンダムW』と『機動戦士Zガンダム』、『ガンダム Gのレコンギスタ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のように、作品の枠を超えたさまざまなキャラクターが共存する可能性の世界が描かれています。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ

 2015年から2018年にかけて、全6話の劇場イベント上映という形で展開したものが13本のTVシリーズに再編集され放送されます。詳細は、別の記事で紹介しています。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『ガンダムビルドシリーズ』新作

 『ガンダムビルドシリーズ』は、“ガンダムのプラモデルが動くアニメ”として2013年に放送された『ガンダムビルドファイターズ』から展開されています。

 9月までTV放送された『ガンダムビルドダイバーズ』に続くシリーズ最新作が企画進行中あることが明かされました。詳細は、決定次第発表されます。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『SDガンダムワールド 三国創傑伝』

 2018年に30周年を迎えた『SDガンダムシリーズ』は、主に漫画、カード、プラモデルを中心に、子どもたちが熱狂したシリーズです。

 新たに世界中の子供たちへ向けて、新作が展開されます。詳細は、決定次第発表されます。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ』

 2014年に放送された『ガンダム Gのレコンギスタ』に新作カットが大幅に追加され、映像が再編集された劇場版が2019年に展開されます。

 また、総監督の冨野由悠季さんが、20周年を迎える“フランスパリ JAPAN EXPO”に登壇します。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』

 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、劇場版3部作として公開されます。詳細は、別の記事で紹介しています。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”
“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

『舞台 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 破壊による再生 Re:Build』

 『ガンダム』シリーズ初となる『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』の舞台化が決定しています。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 プロジェクトのコンセプト“BEYOND(ビヨンド)”をもとに、『ガンダム』はついに次なる表現方法にチャレンジします。

 また、2月24日の大阪公演はライブビューイングが決定しています。ライブビューイングは、11月15日から先行受付が開始されます。

■『舞台 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 破壊による再生 Re:Build』公演概要
【東京公演】
開催日時:2019年2月15日~18日
開催場所:日本青年館ホール
【大阪公演】
開催日時:2019年2月23日~24日
開催場所:森ノ宮ピロティホール

音楽イベントも開催予定

 2019年夏に“機動戦士ガンダム フィルムコンサート”が行われる他、過去のガンダム楽曲を集めた音楽イベントも2019年秋ごろに開催予定です。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

 2020年に、18mの実物大ガンダムを動かし、一般公開することを目指すプロジェクト“GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”が発表。横浜市と連携して、実施に向けて計画を進行することが明らかとなりました。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 “ガンダム GLOBAL CHALLENGE”は、『ガンダム』というコンテンツと“ものづくり・技術力”の融合により、18mの実物大のガンダムを動かすという究極の夢の実現を目指すプロジェクトです。

 開発までのプロセスを体感・共有することによって、未来のテクノロジーのさまざまな可能性について考えるきっかけとなり、次世代の優れた研究者・技術者を生み出す一助となってほしいという願いが込められています。

 各分野の有識者で、技術観衆を行うGGCリーダーと、新たに加わった設計開発スタッフが本プロジェクトに取り組みます。

 現在“ガンダム GLOBAL CHALLENGE”は、横浜市と連携し、2020年夏から約1年間、横浜山下ふ頭で“GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”というタイトルのもと、プロジェクトを実施する計画が協議されています。

■“ガンダム GLOBAL CHALLENGE”実施概要
【実施期間】2020年夏から(約1年間実施予定)
【実施場所】横浜市 山下ふ頭
【開発(敬称略)】
技術観衆/GGCリーダー
・早稲田大学名誉教授:橋本周司
・中京大学 工学部教授:ピトヨ・ハルトノ
【設計開発スタッフ(敬称略)】
テクニカルディレクター:石井啓範
システムディレクター:吉崎航(アスラテック)
クリエイティブディレクター:川原正毅(乃村工藝社)

SUGIZOさんが完成前の楽曲を生演奏!

 新情報が公開された後は、LUNA SEAのコンポーザー、作曲家、ギタリスト、ヴァイオリニストとしてデビューし、2009年にはX JAPAMに加入したSUGIZOさんによる『翔べ!ガンダム』と『THE BEYOND(仮)』の生演奏が行われました。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

 SUGIZOさんは大のガンダムファンで、つねに世界へのメッセージを発信するSUGIZOさんの活動スタイルと、『ガンダム』の目指す世界展開への歩みに共感する部分があったため、本格的にタッグを組んで楽曲制作が行われたことが語られました。

 40周年テーマ曲『THE BEYOND(仮)』は、コンセプトやキービジュアルと同様、壮大な世界観、未来へ託す希望、重厚さや光の予兆を感じさせる楽曲とのことです。

 SUGIZOさんは、「長く音楽やっていますが、完成前の楽曲を披露するのは初めてでした。ガンダム40周年とシンクロするようにLUNA SEAは30周年を迎えます。まだ僕らは『ガンダム』とともに最前線を走っていて、クサい言い方ですけど“永遠の青春”なのではないかと。未来を僕らの力で導きたい、そういうイメージや気持ちを込めてこの楽曲を制作しました」と語りました。

“機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。