News

2018年11月21日(水)

PSの名曲を贅沢にオーケストラコンサートで聴く。“JAPAN Studio音楽祭2018”をレポート【電撃PS】

文:電撃PlayStation

 2018年11月3日、横浜みなとみらいホールにて“GAME SYMPHONY JAPAN 41st CONCERT ‐PlayStation(R)を彩るJAPAN Studio音楽祭 2018‐”が開催されました。ここでは登壇された豪華ゲストや、当日のコンサートの様子などを紹介します。

JAPAN Studio音楽祭2018

 ゲーム音楽のオーケストラコンサートを手がける“GAME SYMPHONY JAPAN”と、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の“JAPAN Studio”がコラボレーションした本コンサート。今年は厳選された10タイトル計66曲が演奏されました。

 昨年のコンサートはJAPAN Studioの歴史を追うというテーマでしたが、今年はより1つ1つのタイトルにフォーカスした構成を心がけたとのこと。『SOUL SACRIFICE』や『Bloodborne』などの大作のほか、モバイル向けに配信中の人気シリーズ『アークザラッドR』や『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』など、老若男女が楽しめるプログラムとなっていました。

 第1部は『アークザラッド』、『勇者のくせになまいきだ。』、『ワイルドアームズ』の3シリーズで構成。演奏前には、安藤正容氏(『アークザラッド』シリーズ作曲家)、坂本英城氏(『勇者のくせになまいきだ。』シリーズ作曲家)、なるけみちこ氏(『ワイルドアームズ』シリーズ作曲家)が登壇しました。

JAPAN Studio音楽祭2018
▲左からMCのジェーニャ氏、安藤氏、坂本氏、なるけ氏、指揮者の志村健一氏。和やかに当時の思い出や、シリーズを支えてくれるファンへの感謝の気持ちを語ります。

 演奏は『アークザラッド』のテーマ曲から始まり、『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの演奏では、作中の魔王の娘であるムスメ(CV:小清水亜美)がコミカルに語り掛けてくる演出も。『ワイルドアームズ』ではシリーズの顔ともいえる“口笛”が披露されました。

JAPAN Studio音楽祭2018
JAPAN Studio音楽祭2018
JAPAN Studio音楽祭2018
▲志村氏の激しい指揮のもと、演奏がスタート。『勇者のくせになまいきだ。』では、坂本氏のピアニカと、中村栄宏氏のリコーダーが、『ワイルドアームズ』では口笛奏者の早川章弘氏による“生口笛”がオーケストラとの共演を果たしました。

 第2部は『GRAVITY DAZE 2』、『フリーダムウォーズ』、『SIREN』、『白騎士物語 -古の鼓動-』、『ワンダと巨像』の楽曲で構成。ホラーゲームの『SIREN』からは、プレイ序盤で流れた不気味なサイレンの音や、“奉神御詠歌”を合唱で披露。赤い光とともに、当時の絶望的な世界へと引き込まれていきました。

JAPAN Studio音楽祭2018
▲『白騎士物語 - 古の鼓動 -』のOP曲“白騎士物語~旅人たち~”を情熱的に歌うKAZCO氏。その歌声は、オーケストラの演奏にも引けを取らない迫力でした。

 第3部は『SOUL SACRIFICE』と『Bloodborne』の2タイトルで構成。演奏前には『SOUL SACRIFICE』の作曲家・光田康典氏と、ディレクター・下川輝宏氏、プロデューサー・鳥山晃之氏、『Bloodborne』のサウンドセクションコンポーザー・齋藤司氏と、北村友香氏が登壇しました。

JAPAN Studio音楽祭2018
▲左から下川氏、光田氏、鳥山氏。『SOUL SACRIFICE』の新作がやりたいと語る光田氏の呼びかけに会場のファンからも盛大な拍手が起こったことを受け、鳥山氏は「皆さんの想いは上に伝えておきます」と語っていました。

 また、観客からの鳴りやまぬ拍手を受け、アンコール曲として『SOUL SACRIFICE DELTA』より“その一撃に命を賭して”が演奏されました。

JAPAN Studio音楽祭2018
▲最後に行われた記念撮影。SIEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏(ステージ中央)や、トロ&クロも駆けつけ、みんなで音楽祭の成功を祝いました。
JAPAN Studio音楽祭2018

<演奏された全プログラム>

『アークザラッド』シリーズ
・アークザラッドのテーマ
・Arc
・Kukuru
・Poco
・Tosh
・Gogen
・Chongara
・Iga
・明日へ
・Starting~始動~

『勇者のくせになまいきだ。』シリーズ
・魔王のへやで悪巧み
・すべてのはじまり
・さわやかな朝のダンジョン
・なごやかな夜のダンジョン
・トカゲおとこが叫んでる
・終わりなきゆうなま
・はじまりはいつもダンジョン
・トビラが開いたら
・魔王を守れのテーマ:3D
・ファイナル・ギャザリング!
・ミラクル・ダンジョニスタ!
・来たるべきセカイ

『ワイルドアームズ』シリーズ
・荒野の果てへ
・クリティカル・ヒット!
・バトルフォース
・ガンメタルアクション
・ガンブレイズ
・胸の撃鉄起こす時
・PRINCESS ARMY
・Million Memories

『GRAVITY DAZE 2』
・電磁力の女王
・世界の半分を統べる力
・灰燼に帰す
・ア クゥ オーン トゥ ワ/赤いリンゴ(Chant Ver.)
・GRAVITY DAZE/重力的眩暈(Ending Ver.)

『フリーダムウォーズ』
・Panopticon
・Uninstallation
・Code Red III
・System End

『SIREN』
・奉神御詠歌

『白騎士物語 - 古の鼓動 - 』
・ブラスタ平原
・迫り来る強敵
・白き勇者
・白騎士物語~旅人たち~

『ワンダと巨像』
・荒ぶる邂逅~巨像との戦い~
・甦る力~巨像との戦い~
・復活の予兆
・蘇生
・儀式の終焉~巨像との戦い~
・禁断の術
・戦いの終り

『SOUL SACRIFICE』シリーズ
・希望なき序奏
・終わりの始まり
・魂の旋律 -main theme-
・異形のメルヘン
・異端の白い灯
・漆黒の正義
・無神論者達の童謡
・永遠の戦いに終止符を
・人が語り継ぐ限り

『Bloodborne』
・Omen
・The Hunter
・Cleric Beast
・Ebrietas, Daughter of the Cosmos
・The First Hunter
・Bloodborne

(C)2018 Sony Interactive Entertainment Inc. (C) AIMVILLAGE All rights reserved. 

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.670

    電撃PlayStation Vol.670表紙画像

    [ 1月号 ] 2018年11月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&巻頭】GOD EATER 3
    【冊子付録】デッドバイデイライト
    【毎号付録】デンプレコミック #24
    【Visual Gallery】英雄伝説 閃の軌跡IV
    【特集】SCVI×NieR:Automata座談会
     PS4特集 / 発売直前! PS Classic
    【POWER PUSH】勇者ネプ / SAO FB
    【電撃特報】ラピス・リ・アビス
     ウィザーズシンフォニー
    【MONTHLY DEEP】DQビルダーズ2
     JUDGE EYES / ラスレム リマスタード
     ルートレターLA / ダイダロス
     鬼武者 / ウォーハンマー40,000 ほか
    【BRAND NEW】ルルアのアトリエ
     ネルケと伝説の錬金術士たち / KHIII
     スパロボT / EDF:IRON RAIN
     逆転裁判123 / LoveR(ラヴアール)
    【発売直後】CRYSTAR -クライスタ-
     ゆらぎ荘の幽奈さん / Fallout 76
     RDR2 / Skyforge(スカイフォージ)
    【Online】FFXI / FFXIV / バトオペ2
     ボーダーブレイク / PSO2
    【コード付録】ゆらぎ荘の幽奈さん
     PSO2 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2018年 12月09日~12月15日]