News

2018年12月17日(月)

アプリ『はじめてのA列車で行こう』が配信。やりごたえあるマップの収録や線路の色変え機能が実装

文:電撃オンライン

 アートディンクは、街づくりも楽しめるiOS/Android用鉄道ゲーム『はじめてのA列車で行こう』を配信開始しました。価格は480円(税込)です。

『はじめてのA列車で行こう』

 『はじめてのA列車で行こう』は、1985年に発売された、初代『A列車で行こう』を現代のスマートフォンにあわせたインターフェイスや操作感にリニューアルし、パズルゲーム的要素も併せ持つアプリです。初代『A列車で行こう』の遊び方で、都市開発シミュレーションを行います。

 『はじめてのA列車で行こう』は、はじめてプレイされる人でも楽しめる内容となっていますが、やりごたえあるマップの収録や列車や線路の色変え機能、プレイデータのセーブ数上限アップ、『A列車で行こう』歴代曲のBGMなど、往年のA列車ファンにも満足できる内容となっています。

『はじめてのA列車で行こう』
▲画像は、1985年発売『A列車で行こう』(初代)の復刻版です(Windows版)。

※相鉄鉄道から『相鉄線アプリ』と同時に配信された『相鉄線で行こう』は、『はじめてのA列車で行こう』をもとに開発されたものです。

ゲーム概要

 パズル的要素が特徴的な初代『A列車で行こう』がリニューアルされました。線路を敷いて、街をつくって、特別列車をゴールまで届けましょう。

『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』

 今日からあなたは鉄道会社の社長を任されました。その仕事内容とは、“1年以内に超長距離鉄道を完成させ、特別列車を終着駅まで送り届ける”ことです。

 そして……かなしいことに会社の資金は残りわずか……。はたしてあなたは1年以内に、会社を切り盛りしつつ、線路を敷いて超長距離鉄道を完成させ、特別列車を送り届けることができるでしょうか?

ゲームの特徴

広大な5ステージを収録

 『A列車で行こう 初代復刻版』が再現され、やりごたえのある全5ステージが収録されています。

『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』

あなた好みにカスタマイズ

 客車のカラーリングが、緑、青、赤、橙、黄の5色から選択可能に。また線路も色を変えて、地上にラクガキするのも楽しいでしょう。

『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』

季節の彩を演出

 四季折々の景色とともに、発展をつづける街並み。時の流れによって、街の変化を感じることでしょう。

『はじめてのA列車で行こう』
▲春
『はじめてのA列車で行こう』
▲夏
『はじめてのA列車で行こう』
▲秋
『はじめてのA列車で行こう』
▲冬

『A列車で行こう』の臨場感を体感

 『A列車で行こう』シリーズから、“街角の女”を含め厳選された全5曲が、BGMとして収録されています。

多種多様な街づくりにも対応

 プレイデータを保存する、セーブスロットが10個用意されています。記録とともに、お気に入りの街も大切に保管することが可能です。

『はじめてのA列車で行こう』

便利な早送り機能は、最大32倍速

 ゲーム内時間の進行速度は、最大32倍速の5段階変速(1倍速、4倍速、8倍速、16倍速、32倍速)が可能です。

目的達成後は、じっくり都市開発

 特別列車をゴールへと導いた後も、さらなる街づくりが可能。自由に線路を広げて、巨大都市も目指せます。

『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』

運転席から、つくった街を眺める

 発展させた街を電車から眺める、運転席視点(車窓モード)も搭載。運転席視点は、臨場感のある横画面でも、楽しめます。

『はじめてのA列車で行こう』
『はじめてのA列車で行こう』

(C)ARTDINK. All Rights Reserved.
(C)ARTDINK / STUDIOARTDINK

データ

▼『はじめてのA列車で行こう』
■メーカー:アートディンク
■対応端末:iOS
■ジャンル:SLG
■配信日:2018年12月17日
■価格:480円(税込)
▼『はじめてのA列車で行こう』
■メーカー:アートディンク
■対応端末:Android
■ジャンル:SLG
■配信日:2018年12月17日
■価格:480円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。