DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 同級生のキズナは固い! ~1年生編~【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

2018-12-28 13:45

同級生のキズナは固い! ~1年生編~【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

文:ガルスタオンライン

 “ゆめ”と“ふたりのキズナ”をテーマにした『DREAM!ing(ドリーミング!)』。本作のストーリーの第1部は、主に望月悠馬の視点で進んで行きます。エリート高校生たちの日常はかなりぶっ飛んでいることも……。

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 さまざまな角度から『DREAM!ing』の魅力を掘り下げる連載第4回目は、悠馬たち1年生のエピソードを紹介します。彼らの関係性を深く知ることで、ストーリーをより楽しめるはず!

東雲学園特進クラス1年生とは?

 新入生である望月悠馬、新兎千里、獅子丸孝臣、針宮藤次の4人の出会いは入学式当日。そこで出会ったことから、4人は少しずつ仲良くなっていきます。

 明るく社交的で喋り上手な千里、態度に問題はあるものの根は優しい孝臣、上から目線だけど親身になってくれる藤次、そしていつも穏やかで時々方言を口にする悠馬。性格がバラバラだからこそ、ちょうどバランスが取れているのではないでしょうか。

 そんなバランスの4人の会話がとにかく面白いんです! 基本的に千里が騒いで、藤次がそれに斜め上のアドバイスをして、悠馬が心のなかで「違うんじゃないかな」と思っていると、孝臣が「バカだろ」とツッコむ……という感じでしょうか。基本的に普段は常識人の千里がツッコミに回りますが、4人揃っていると孝臣もツッコミ役になるのが面白いです。

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲桜並木の下で出会った4人。孝臣以外はその場で自己紹介も。
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲なんだかんだ言いつつも他の3人と一緒に行動する孝臣は、根はいいヤツなんですよね。
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲面と向かって「友達だ」と確認するシーン。ここで3人が恥ずかしがったり照れたりしないのがグッと来ます。

「おしゃべり」から見る4人それぞれの関係

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 レッスン中に時々発生する任意の2人による「おしゃべり」。「おしゃべり」は1人一言ずつの短い会話ですが、そのなかにも2人の関係性がバッチリ表れているんです! ここでは各ペアの「おしゃべり」のなかで気になったものをピックアップしていきますよ♪

悠馬&千里「特進生落ちこぼれ組」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲2人とも勉強ができないという意外な共通点を発見。そもそも東雲学園の特進クラスの授業自体かなりハイレベルなのでは……。

悠馬&孝臣「大切なことは映画から」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲本編のストーリーでも映画好きという描写がある2人。悠馬の「お金を稼ぐ」という答えに孝臣がなんと返したのか気になります。

悠馬&藤次「江戸もんとかごっま」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲藤次はたまに“天然上から目線”が出ますが、悪気はないんですよね。それを聞いた悠馬も「すごいなぁ」くらいにしか思っていないからこそ、2人の友情が成り立っているのかも。

千里&孝臣「混ぜるな危険」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲犬猿の仲にしてペアでルームメイト。ワガママを言えるのはそれだけ相手に気を許しているからという気もしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

千里&藤次「教えて! 庶民の暮らし」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲悠馬は藤次の上から発言にはただ感心するだけですが、千里は割とちゃんと受け止めます。その結果がこのマジレスです。

孝臣&藤次「入試満点ズ」

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲あまり噛み合わなさそうな2人なので、このやり取りは案の定といったところ。それにしても落ちこぼれの2人とは真逆の入試満点とは。

4人のキャラストーリーの見どころ

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 レッスンをコツコツこなしていくと、キャラクターの「コミュLv」が上がります。それに伴って解放されるのが「キャラストーリー」。各キャラクターの深層部分がメインのストーリーとなっています。それぞれのキャラクター視点で、いろいろなストーリーが見られるんです。そして他のストーリーもそうですが、ストーリーも楽しめてダイヤも3個もらえるのがなにげにうれしい!

悠馬

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 4人で徹夜でホラードラマの鑑賞会。鑑賞中は悠馬以外の3人は散々ビビリ倒します。そして鑑賞後はなぜかそれぞれの好みのタイプの話に。男子高校生らしさがあふれていますね。

千里

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 スケッチをしたい悠馬のために、千里がいろいろと世話を焼きます。そのなかで千里は場の空気を大切にするあまり、罪悪感なく嘘をつき……。社交的な千里の価値観や、心の内が垣間見えます。

孝臣

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 放課後にCDを買いに行った先で犬猿の仲の千里に遭遇。一緒に食事に、……ということもなく孝臣は帰宅。しかしそこでとんでもない問題が発覚! 普段から喧嘩の絶えないペアですが、一体どうなるのか!?

藤次

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 女性が苦手な藤次のために1年生ズが一致団結! 「苦手を克服するためにどうすればいいのか」の話し合いを千里と孝臣の部屋で行います。結果、孝臣も参加させられることに……。孝臣はこのパターンで割と3人に巻き込まれがちです。

1年生は4人だけじゃない!?

 じつは悠馬たち以外にもう1人1年生が登場します。天使のように愛らしい見た目をした少年・ビアンキ由仁が、東雲学園に転入して来るんです! イタリアのシチリア出身の彼は、愛する義兄・白華時雨を追って日本へやって来たそう。かわいらしい見た目に反して行動力があるようです。

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲世界で一番愛する“兄様”に会いに来たものの、なかなか会えず……。

 しばらくは1年生の特進クラスに在籍するということで、悠馬たちとも交流する機会が増えそうですが、時雨一筋(?)の由仁は果たして同級生と交流してくれるのでしょうか?

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】
▲義兄の時雨直々に由仁のことを頼まれたものの、ある出来事のため千里はビビリまくり。

無垢な天使のペアは留年中の生徒会長!

【『DREAM!ing(ドリーミング!)』レポ第4回】

 12月14日にビアンキ由仁と久磨凛太朗の“合言葉はチャオ”ペアのカードが追加されました。とびきり幼い見た目の 15歳と留年中の18歳という凸凹ペアですが、どんな関係性なのでしょうか?

 世界各国を放浪中の生徒会長・久磨凛太朗。ちなみに凛太朗の不在時は時雨が実質1人で生徒会を回してます。本人は割とおちゃらけてノリも軽めですが、年上だからか絶対王者の黒寮寮長・竜ヶ崎仁も「凛太朗さん」とさん付けで呼んでいます。

 次回でこのプレイレポートも最終回。最終回ということで、特別な企画をご用意します!

『DREAM!ing(ドリーミング!)』の紹介記事はこちら

データ

▼『DREAM!ing -ドリーミング!-』
■メーカー:コロプラ
■対応端末:iOS/Android
■ジャンル:ゆめ見る男子のキズナ育成ゲーム
■配信中
■価格:基本無料(アイテム課金方式)

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー