News

2019年1月8日(火)

【おすすめDLゲーム】『Mutant Year Zero: Road to Eden』のひと癖ある魅力。ミュータントの冒険を描く戦術SLG

文:キャナ☆メン

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は、PC向けに日本語版が配信されている『Mutant Year Zero: Road to Eden』のプレイレポートをお届けします。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』

 『Mutant Year Zero: Road to Eden』は、核兵器の使用によって人類の文明が滅んだポストアポカリプス、本作においてはミュータントが主人公であるため“ポストヒューマン”と冠された世界観が特徴のタイトルです。

 『X-COM』ライクな戦闘を打ち出しており、バトルシステムはターン制SLGで、戦術性を問われる歯応えと遊び応えを楽しめます。ただし、ステルスを深く追求して主軸に据えたゲームデザインが、『X-COM』とはひと味違う遊びを体験させてくれるでしょう。また、ゲームの進行としてはRPGのプレイ感に近いところもあります。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲ポストアポカリプスの世界観であるため、敵はグールやロボット。

皮肉がスパイスの世界観とキャラクター性が心をつかむ

 本作をプレイして、そのアクの強さで筆者の心を鷲づかみにしてきたのが、人ならぬミュータントを主役にした物語と世界観です。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲病気の蔓延と核によって世界が滅んだ後、人々はアークと呼ばれる居住地で細々と生きながらえています。
『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲居住地の外側“ゾーン”に出て、文明の残骸から生活に必要な資源を拾ってくる役割のストーカー。主人公のミュータントたちもこのストーカーです。

 視点人物はイノシシの姿をしたミュータントのボーミンで、彼を演じるEnzo Squillino Jr.氏の声は何とも渋い!

 最初は見た目とのギャップに驚きながら、物語を通じて描かれるハードボイルドでシニカルなボーミンの性格に惹かれ、ゲームを進めると外観とのギャップも味わい深さに変わっていきます。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲「俺は変な姿をしてる。でもな、俺から見ればあんたたちが変な姿をしてる。だからほっといてくれ」と語るボーミン。ゲームを進めると、むしろかっこよく見えてきます。

 とはいえ、彼に思い入れを持てるかは人によるかもしれません。豚の丸焼きを見たボーミンが「気分が悪くなってきた」と吐き捨てる場面もあるくらいで、イノシシだから当然、外観は豚に似ていますし(笑)。

 それでも、口は悪いが人間味にあふれたミュータントの存在が、人類文明の崩壊した世界でもっとも人間らしく描かれる皮肉は、世界観と物語をとても魅力的に見せています。「玉座ってのは危険人物の尻の置き場だ」などの表現で添えられるビターな洒落の効いたセリフも、ゲームの世界に引き込んでくれるエッセンスです。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』

 ポストアポカリプスや○○パンクと表現される世界観は、歪んだ社会への皮肉や現代への風刺を含むところが、おもしろさの1つでもあると思いますが、そうした魅力は本作からも十分に感じられるでしょう。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲アークで店を営む人々も、ひと癖あるキャラクターばかりです。

 なお本作は、『ミュータント』シリーズと呼ばれるスウェーデン生まれのテーブルトークRPGを題材にしたゲームで、『Mutant Year Zero』は2014年に発行されたルールブックの英題です。デラックスエディションには、そのデジタル版が付属します。

“ステルス”を軸に緊張感と戦術性が噛み合ったおもしろさ

 本作は、基本的にマップを攻略してストーリーを進めていきます。1つ1つのマップはそれなりの広さがあり、SLGのステージというよりRPGのフィールドに似ていて、探索しながらアイテムや装備品、世界設定にかかわる小物などを発見できます。ただし戦闘は、マス目で区切られたターン制SLGバトルです。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
『Mutant Year Zero: Road to Eden』

 物語、探索、戦闘のサイクルで進むプレイ感は、多分にRPG的です。ステルス行動によって非戦闘時のほうがプレイ時間は長いので、そこもプレイのRPG感を強める一因かもしれません。なお、公式のジャンルはタクティカルアドベンチャーと銘打たれ、“戦術”と“冒険”が主要なゲーム性であることが表現されています。

 非戦闘時(ステルス時)はターン制でなくリアルタイムに移動でき、マップ全体を探索をしつつ敵に接近しながら、その戦力や配置を確認していきます。いわゆる索敵です。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲ライトのオン・オフによって敵の感知範囲が変わるので、息を潜めて敵の近くを通るような場合は、ライトを消して移動します。

 巡回する敵や移動しない敵など行動を見極め、孤立している敵がいるようなら各個撃破で数を減らすのが基本。ただし、敵に発見されると多勢に無勢で勝ち目がないので、“ステルス状態を維持したまま”というのがキモになります。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲巡回する敵はどこかで孤立するので、待ち伏せて撃破。数を減らせば動かない敵が孤立することもあるので、徐々に敵の戦力を削って勝利をつかみ取る!

 索敵して敵の陣容を調べ、数に勝る敵をどう打ち崩すかを考え、慎重にそれを実行していく。そのすべてが“ステルス”を軸に成立しているので、ステルスの緊張感とSLGの戦術性が見事に噛み合い、独自のおもしろさを持つゲームプレイを体験できます。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』

 序盤はマップ内を道なりに進んで小さなハードルを乗り越えていきますが、プレイヤーがゲームに慣れた中盤からは、一戦も交えずにマップ全体を索敵できることがほとんどのため、マップ全体に対してどうアプローチするかという戦術の自由度が高いです。

 ストーリーと無関係に立ち寄れる“寄り道”的なマップも含め、敵の配置と地形は“そのマップだけのシチュエーション”として練り込まれているので、1つ1つのマップに遊び応えを感じられると思います。

 そのぶん、手に入るリソースは有限となるので、闇雲に使ってしまうと後悔するかもしれません。本作は武器の改造が可能ですが、ステルス状態を維持することが何よりも重要なゲームなので、筆者は無音武器を優先的に改造してプレイしました。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』

 カスタマイズ要素は当然キャラクターにも用意されていて、5人いるキャラクターのそれぞれが固有のミューテーション(スキル)ツリーを持っています。

 セットできるミューテーションは各カテゴリ1つなので、複数のミューテーションを修得したうえで敵の配置や地形によってセットするミューテーションを変えることも戦術の一環になってきます。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲1度の攻撃で2発撃てる“ツイッチショット”や、隠れているとクリティカル率が2倍になる“サイレントアサシン”は、無音武器で攻撃する際に重宝するはず。

 難易度はノーマル、ハード、べリーハードの3種類あって、ゲーム開始後も変更可能です。筆者の場合は、デフォルトでハードにカーソルが合っていたのでそのまま始めたら、回復薬の手持ちが厳しくなったため、途中でノーマルに下げてプレイしました。

 ノーマルは薬の消費が少ないのでリソース管理はかなりラクですが、中盤以降になると、戦闘の歯応えをわりと楽しめると思います。難易度の話なので、人それぞれではありますが。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲ちなみに本来のゲーム体験として作られた難易度は、ベリーハードとのことです。

癖のあるゲーム性と世界観が人を選ぶも刺さるゲーム

 本作をプレイして少し勿体ないと感じたのは、共通効果のミューテーションや実質的に必須のミューテーションがあることで、キャラクター育成の部分が少し弱く感じたところです。また、バトルメンバーは5人の中から3人を選ぶので、5、6人かそれ以上のユニットを動かすSLGが好きな人は、やや寂しく感じるかもしれません。

 ただ、人数に関してはステルスを主体にしたゲーム性と、それを踏まえたバランスを考慮すると仕方がないのかなと。緊張感とおもしろさを一番感じるのは、敵をひっそりと1体ずつ葬り去っている時で、正面からだと勝てない敵をじわじわと追い詰めていく感覚は、相手を罠にはめるようなサドっ気を刺激します(笑)。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』
▲多くの敵に守られていたボスも、お前1人だ! 追い詰めた敵にトドメを刺す瞬間もまた気持ちいい。

 もちろん、ミュータントの視点から描かれる物語と世界観も、独自の魅力を放っています。言うなれば珍味のように、“癖”の部分が人を選びつつも刺さる人には刺さる、そんなゲームだと思います。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』

(C) 2018 "Mutant: Year Zero” is a registered trademark of Game Ark, LLC. Related logos, characters, names, and distinctive likenesses thereof are trademarks or registered trademarks of Game Ark Limited. Used with permission. All rights reserved.
Funcom and Bearded Ladies are authorized users.
(C) 2018 Funcom Oslo A/S. All rights reserved. Funcom is a registered trademark of Funcom Oslo AS.

データ

▼『Mutant Year Zero: Road to Eden』
■メーカー:Funcom
■対応機種:PC
■ジャンル:SLG
■配信日:2018年12月5日
■価格:3,600円(税込)
※開発:The Bearded Ladies

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。