News

2019年1月13日(日)

『フォートナイト』の重要ポイント“建築”を紹介。防御&攻撃面で使いこなして目指せビクトリーロイヤル

文:げっしー

 Epic Gamesより配信中のPS4/Nintendo Switch/iOS/Android/PC用バトルロイヤルゲーム『フォートナイト バトルロイヤル(フォートナイト)』。本作をこれから始める人へ向けた指南記事をお届けします。

『フォートナイト バトルロイヤル』

 『フォートナイト』は、オンラインで集まったランダム100人が戦い、生き残りを目指すPvP(プレイヤー対プレイヤー)スタイルのバトルロイヤルゲーム。基本プレイ無料(アイテム課金)で楽しめます。

 本連載企画では、本作の中における勝利・ビクトリーロイヤルを目指す上で、覚えておきたいことやテクニックなどを紹介。企画第3回では、戦闘の肝となる“建築”について紹介していきます。

戦闘の重要なポイント“建築”を理解して目指すはビクトリーロイヤル

 本作にてビクトリーロイヤルを目指すうえ重要なポイントとなっているのが、銃撃戦でのエイム力や立ち回りはもちろん、いかに“建築”を使いこなせるか。

 探索や防御での使用に加えて、一見不利な状況から一発逆転も狙える“建築”。筆者も有利な状況から攻撃したにもかかわらず、相手の“建築”テクニックに翻弄されて負ける場面に何度も遭遇しています。

 本記事では、“建築”の基本に加えて、実際に試合の中でどのように使用していくかを解説していきます。

素材の集め方や使い方を紹介

 “建築”では、素材である木材・レンガ・鉄のいずれかを消費して壁・床・階段・屋根を作成できます。素材がなければ作成できないので、周囲を警戒しつつ、収集しておく必要があります。

 木材は木、レンガは建物や岩、鉄は廃車などから入手可能。敵プレイヤーを倒した時にも入手でき、多く持っていて損になることはないので、できるだけ多い状態を維持しておくことを意識しましょう。

『フォートナイト バトルロイヤル』
▲フィールドに設置されたオブジェクトをツルハシで攻撃することで素材を入手できます。
『フォートナイト バトルロイヤル』
▲オブジェクトを攻撃している時の音や破壊した時のエフェクトで、周りから気付かれやすいので注意が必要。

 壁・床・階段・屋根が存在しますが、それぞれにあった使用方法があり、使う素材によって耐久度が変わってくるので、各々の特徴をしっかりと覚えておきましょう。

『フォートナイト バトルロイヤル』 『フォートナイト バトルロイヤル』
▲壁は使用頻度が多く、敵からの銃撃を防ぐ時などに使用します。▲床は足場としてだけでなく、設置系アイテムの土台としても使用します。
『フォートナイト バトルロイヤル』 『フォートナイト バトルロイヤル』
▲階段は銃撃を防ぐ時や高所への移動時に使用。▲屋根は天井を強化する時などに使用できます。

敵を発見! どのように“建築”する!?

 マップで敵を発見した時、すぐに戦闘に入ってしまいたくなりますが、一度落ち着いて“建築”することも1つの手です。相手が手練れのプレイヤーだった時は、いくら有利な場合だとしても“建築”により一気に形勢逆転されてしまうかもしれないからです。

 中~遠距離の場合は、階段を作り、上から見下ろせる環境を作るだけで優位性は格段に上がります。敵からの銃弾も防げて一石二鳥です。

『フォートナイト バトルロイヤル』
▲階段だけではすぐに破壊されてしまうので、床、壁、階段の3つセットを作ることで防御性能が上がります。
『フォートナイト バトルロイヤル』
▲他の敵対策として周りに壁を作ることもポイントです。

 また、撃たれているがどこに敵がいるかわからないといった時は、四方を壁で囲うのがオススメです。壊された壁の方向に敵がいることがわかるので、その後は落ち着いて補強し、階段を作り応戦しましょう。

終盤は緊迫した“建築”戦が展開

 試合終盤になると、マップが縮小されていきますが、敵を視認できずどこに潜んでいるかわからないという場面が多くなってきます。そういった場面で有効なのが“建築”による砦の作成です。

 高く作ることで、上からの優位性はもちろん、周りを見わたせる、敵からの銃撃を防げる、敵のいる方向を確認できるなど、いいポイントが多いので、終盤でのオススメの立ち回りとなります。

 簡易的なものは、壁で四方を囲み、階段を作って1段上がってまた壁を作るを繰り返すことで完成します。なお、地面に接した1段目の壁が破壊されてしまうと“建築”したものすべてが壊れてしまうので注意が必要です。そのため、1段目は耐久値のあるレンガや鉄で作成したほうがいいかと。

『フォートナイト バトルロイヤル』
▲高く作る分、周りをよく見わたせますが、落下ダメージに注意です。
『フォートナイト バトルロイヤル』
▲素材が十分にあれば立派な砦を作成できます。

 “建築”を練習したいけど、実戦中に組むことに抵抗がある人には“プレイグラウンド”モードがオススメ。敵のいないソロの状態でスタートでき、素材を普段より多く入手できるので“建築”練習にはピッタリです。

 “建築”は、本作の戦闘の中でも非常に重要なポイントです。“建築”のテクニック知るだけで長く生き残ることはもちろん、ビクトリーロイヤルに近づくためです。

『フォートナイト バトルロイヤル』

 改めて、第1回第2回で紹介した武器やアイテムの使い方を踏まえつつ、“建築”テクニックを高めて、ビクトリーロイヤルを目指してみてください。

※画面はPS4版のもの。
※本記事の内容はパッチv7.00のもの。
(C) 2018, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 4 and UE4 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.

データ

▼『フォートナイト ディープフリーズバンドル』
■メーカー:ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメント
■対応機種:PS4
■ジャンル:その他
■発売日:2018年12月13日
■希望小売価格:3,000円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『フォートナイト ディープフリーズバンドル』
■メーカー:ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメント
■対応機種:Switch
■ジャンル:その他
■発売日:2018年12月13日
■希望小売価格:3,000円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『フォートナイト バトルロイヤル』
■メーカー:Epic Games
■対応機種:PS4
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年3月8日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『フォートナイト バトルロイヤル』
■メーカー:Epic Games
■対応機種:Switch
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年6月13日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『フォートナイト バトルロイヤル』
■メーカー:Epic Games
■対応機種:iOS
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年3月30日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『フォートナイト バトルロイヤル』
■メーカー:Epic Games
■対応機種:Android
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年8月
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『フォートナイト バトルロイヤル』
■メーカー:Epic Games
■対応機種:PC
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年3月8日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。