DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > “おれパラ2018”千秋楽レポート。謎の新星ユニット・King&Rogueoneのサプライズも!

2019-01-30 17:15

“おれパラ2018”千秋楽レポート。謎の新星ユニット・King&Rogueoneのサプライズも!

文:ガルスタオンライン,近藤智子

 “Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2018 ~We'lluminate☆PARTY~”(以下、おれパラ)が2018年12月8日・9日に神戸ワールド記念ホール、22日・23日に両国国技館で開催されました。ここでは千秋楽の12月23日公演をレポートします。

おれパラ2018千秋楽レポート

 ステージには、おれパラホストである小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤さんが登場。ファンも一緒にクラップで応える新オープニング曲では森久保さんが扇を使って華麗にパフォーマンスすると、会場からは悲鳴のような歓声が上がります。

 小野さんが「外寒かった? 俺たちが温めてやるぜー!」と叫ぶと、ファンはさらにヒートアップ。続いてゲストのShinnosukeさん、近藤孝行さんもステージに現れ、近藤さんは「ちょっと待ってくださいよ!」と渾身の森久保さんのモノマネを披露。今回のオープニング曲はShinnosukeさんの作曲であることも明かされました。

ファンも大興奮! ソロ&ユニットのライブコーナー

 いよいよ、ソロライブコーナーへ突入! 鈴村さんは「シロイカラス -Anniversary Edition-」を歌い切ると「トップバッターいただきました! トップギアでありがとうー!」と挨拶します。おれパラ11年目ということでいろいろと感じたそうですが、ファンの楽しそうな姿を見て「考えるのはやめた!」と話すと、会場からは笑いも巻き起こりました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 「いろんなことがあった人もいると思います。でもみんなで集まって、音楽を聴いて楽しいと言える時間がある。これこそ僕の“この世界の好きなところ”です!」と話し、その勢いのまま「この世界の好きなところ」を熱唱。会場中が飛び跳ねるアップテンポな「CHAPPY」に続き、ラストの「Go my rail」はファンとのコール&レスポンスもばっちり!

おれパラ2018千秋楽レポート

 人気ラジオ番組『小野大輔・近藤孝行の夢冒険~Dragon&Tiger』から誕生し、コンセプトの1つ“夢を叶える”というテーマから実現した小野さん・近藤さんのユニット“D.A.T”は、ダークでシックな衣装で登場。ダンサーを引き連れて激しいダンスとともにファンへ歌を届けると、絶叫にも似た声援がおくられます。

おれパラ2018千秋楽レポート

 MCではイメージカラーの話題となり、小野さんは白、近藤さんは黒、ユニット名の「A」は「Aちゃん=オーディエンス=あなた」という意味で赤だと紹介。会場が赤と白のペンライトに包まれる中、小野さんが黒について「消すっていうこともできる!」と話すと、近藤さんも「逆転の発想だね!」と同意します。最後に「CHANGE THE WORLD」を歌った後、2人はしっかりと握手&ハグを交わしてお互いの健闘を称えました♪

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 寺島さんはこれまでの熱い空気から一転、しっとりとした「calm」でスタート。おれパラの聖地である両国国技館が、自身の出演するテレビアニメ「火ノ丸相撲」にも縁が深いことも感慨深そうに話すと、なんとファンのために四股を披露してくれました!

おれパラ2018千秋楽レポート

 そしてテレビアニメ『転生したらスライムだった件』のオープニング主題歌を飾れたことをうれしそうに語り、ファンもライトを寺島さんイメージの黄色から“スライムカラー”の水色へ。寺島さんは他のアーティストのパフォーマンスにも触れつつ「楽しみ方は何でもいい、音楽ってそういうもんなんだという原点に返ったような気持ちです」と話すと、水色のライトに包まれた中で「Nameless Story」を歌います。

 「みんなで H ! P ! Y !」では、寺島さんもファンと一緒にライトを振って大盛り上がり。ラストはテレビアニメ『転生したらスライムだった件』のオープニング主題歌第2弾となる新曲「メグルモノ」の初歌唱というサプライズで締めくくられました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 2017年夏の“おれサマー”で鮮烈なデビューを果たし、ボーカルのM.K.B (森久保さん)とキーボードのShinnosukeさんによるユニット“buzz★Vibes”はクリスマスムードたっぷりに登場。「U R my LOVER」で会場中の視線を釘付けにし軽快なトークで会場を笑いに包みます。

おれパラ2018千秋楽レポート

 改めてM.K.Bさんは「We are the one……音楽で1つになりましょう! 僕が合図をしたら隣の人と手を繋いでみませんか!!」と話し、「BRAND NEW UNIVERSE」でファンがお互いに手を繋いで両手を高く掲げるおれパラ初の試みも。「ガッと1曲盛り上げて、次にバトンを渡しましょう!」と高らかに宣言してから「buzz★ Parade~Screamin’ 2niteメドレー」を届けてくれました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 イントロから大歓声で出迎えられた小野さんの「DELIGHT」はコールの一体感もばっちりで、小野さんが率いるダンサー・チームDとはフラッグを掲げるパフォーマンスも。お決まりの“もす!”コールも交え、小野さんの「一緒に旅しようぜー!」という叫びからMVのようにカラフルな傘を使った「STARTRAIN」を披露してくれます。

おれパラ2018千秋楽レポート

 セクシーな空気をまとった「Magic World」の後は、最初に歌った「DELIGHT」について「僕の人生の目標にもなっているんです」と語る小野さん。「大喜びさせる」という意味がとても自分らしいと笑顔をはじけさせ、D.A.Tとして出演できたことについても「近藤孝行という人に出会えてよかった……これも出会いの“D”!」と話してくれました。「おれパラを作ってくれてる皆に出会えてよかった。11年の中で1番強く思います!」と改めて言葉にし、最後は歌で伝えたいと「Dancin' Groovers」を熱唱してくれました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

シークレットゲスト「King&Rogueone」がサプライズ登場!

 ついに森久保さんの出番だと、イメージカラーのペンライトを構えて今か今かと出番を待つファンたち。しかし、ここでステージに現れたのは……なんとシークレットゲスト「King&Rogueone」の2人でした!

おれパラ2018千秋楽レポート

 サングラスに黒いコートとちょっぴりダークなイメージのKingとRogueの2人ですが、さっそく披露された楽曲「King&Rogueone」は、近眼と老眼への想いとが綴られる切ないメロディのナンバー。CDの発売も発表されると会場からは「すごーい!」と大きなどよめきが巻き起こり、そんな反応に2人は「冗談みたいだろ。でも本当なんだぜ」とニヒルな笑いをみせます。さらに2曲目としてポップな「Catch your eyes」では「L・O・V・E! King&Rogueone!」といったコール&レスポンスもしっかり決めつつ歌ってくれました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 曲の合間には「今だから言える。お前が相棒でよかったぜ」と話し、強固な信頼関係が垣間見えたKing&Rogueone。それぞれの歌詞は、1曲目は鈴村さん(ラップパートは寺島さん)、2曲目は寺島さんが提供しているそうです。まだまだ謎に包まれた2人ですが、これからどんな活躍をみせてくれるのか楽しみですね♪

 驚きに包まれた会場の空気を一変させたのは、ギターを携えて登場したラストバッターの森久保さんでした。重低音が心地よく響く楽曲を終えてから今日のおれパラを振り返り、サックスの音色が魅せる「MIDNIGHT COASTER」の後は自身の10年に渡る音楽活動についても振り返ります。「その中には、おれパラというものがないと出会えなかった人がたくさんいると思います。11回目を刻むことができた……メンバーを代表して改めてありがとうございます」とファンに伝えてくれました。

おれパラ2018千秋楽レポート

 そして森久保さんが手がけたデザインTシャツ「PAY IT FORWARD」にも触れ、恩や縁を次の誰かに渡していこうという願いについても訴えます。「皆さんからもらったエネルギーを、次の誰かに繋げていきたいと思います!!」と話し、感謝を込めてという前置きと共に「Pay it forward」の温かな歌声が響き渡りました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

 ファンの熱い「おれパラコール」に応え、再び小野さん、鈴村さん、森久保さん、寺島さんが登場! 「United Flag」を歌ってから小野さんは今日の公演を「ユニット祭りですかね」と総括し、サプライズの「King&Rogueone」を含めたくさんのユニットが参加したと話します。

 近藤さんとShinnosukeさんもステージに招かれ、ユニット同士の思い出話に花が咲く場面も。ゆくゆくは対バンといった構想も飛び出すなど話題は尽きませんが、ついにイベントのフィナーレへ。ファンのクラップが鳴り響く中、出演者全員が新エンディングテーマ「STORY」を歌い、両国国技館がひとつになっておれパラ2018は終了しました。小野さんの「平成最後、最高のおれパラをありがとうございました!!」という肉声に、会場からも「ありがとうー!」という言葉や温かな拍手がおくられました。

おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート
おれパラ2018千秋楽レポート

■カメラマン:草刈雅之

セットリスト

01:O.E.P! ORE!!!!/全員
02:シロイカラス -Anniversary Edition-/鈴村健一
03:この世界の好きなところ /鈴村健一
04:CHAPPY/鈴村健一
05:Go my rail/鈴村健一
06:ROYAL FLASH/D.A.T
07:MAVERICK/D.A.T
08:CHANGE THE WORLD/D.A.T
09:calm/寺島拓篤
10:Nameless Story/寺島拓篤
11:みんなで H ! P ! Y !/寺島拓篤
12:メグルモノ/寺島拓篤
13:U R my LOVER/buzz★Vibes
14:BRAND NEW UNIVERSE/buzz★Vibes
15:buzz★ Parade~Screamin’ 2niteメドレー/buzz★Vibes
16:DELIGHT/小野大輔
17:STARTRAIN/小野大輔
18:Magic World/小野大輔
19:Dancin' Groovers/小野大輔
20:King&Rogueone/King&Rogueone
21:Catch your eyes/King&Rogueone
22:SHOUT OUT LOUD/森久保祥太郎
23:JUDGEMENT DAY/森久保祥太郎
24:MIDNIGHT COASTER/森久保祥太郎
25:Pay it forward/森久保祥太郎
EN1:United Flag/小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
EN2:STORY/全員

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー