News

2019年1月20日(日)

電撃オンラインニュース班が2018年掲載記事をゆるく振り返る。まずは1~6月をピックアップ

文:電撃オンライン

 “電撃オンラインアワード2018”の開催を記念して、2018年に電撃オンラインで掲載されたニュース記事を振り返る座談会をお届けします。

“電撃オンラインアワード2018”

“電撃オンラインアワード2018”投票ページはこちら

毒にも薬にもならない座談会を今年もだらっと始めます

kbj:というわけで、今年も2018年を振り返る座談会をやっていきたいと思います。では自己紹介からどうぞ。

たすん:肉ばかり食べて、より太ってきた編集・たすんです。最近は『グランブルーファンタジー(グラブル)』のキャラソンを一挙買いしようかと考え中。

イズミン:『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』と『ハウス・オブ・ザ・デッド ~スカーレットドーン~』のおかげでゲーセンが実家になりつつある、編集のイズミンです。

にじ:この1年ですっかりVTuberにハマった編集・にじです。

たく坊:先日のカプコンカップを見て、『ストリートファイターV』熱が再燃している、ライターのたく坊です。

げっしー:年始のゲームラッシュに備えてゲーム漬けの毎日を送るライターのげっしーです。

kbj:今回はそれぞれ月の担当者が好みでニュースを5本ピックアップして、その中から何本かをトークしていきます。あとは、流れで!

たすん:ざっくりですね。

kbj:ちなみに、ニュース班のメンバー的には、2018年はどんな年だったという印象?

イズミン:平成最後の年ということもあってか大きな発表&大作の発売が多かった気がします。『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』とか、『モンスターハンター:ワールド』とか。

たく坊:確かにビッグタイトルが次々と発売された印象ですね。『ディシディア ファイナルファンタジー NT』とか、アーケードでは『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』などなど……。

にじ:自分は『スマブラ』漬けの毎日で指にマメができました。

“電撃オンラインアワード2018”

たすん:初めの3カ月くらいは暇さえあれば『モンハンワールド』をやってました。

kbj:一方でアプリは今年もかなり激動。サービスが始まっては消えていくという……。

たすん:悲しくもありますが、それが今の流れでしょうか。

にじ:『ドラガリアロスト』や『ドールズフロントライン』とかは定着したイメージです。

げっしー:個人的にはコラボで惹かれて、プレイを初めたタイトルが多かったですね。

イズミン:市場が煮詰まりつつあるのでしょうか。

kbj:そうかもね。昔から遊んでいるアプリは思い入れがあって、続ける人が多いからね。そんな感じでボチボチ始めますか。

1月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

kbj:では1月担当の方、注目ポイントは?

たすん:PS4版『ボーダーブレイク』が発表されたことと、『すばらしきこのせかい』の発売時期が発表されたことでしょうか。

kbj:『ボーダーブレイク』サービス直後の盛り上がりはすごかったね。専用コントローラもすごい人気だったし。

イズミン:AC版とバランスや追加が異なるので、AC版をやっている人でも新鮮なんですよね。あと、同じ時期に『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』もサービスインしていたので、メカ好きのACTゲーマーは悩んだかと。

たすん:あとは日本一ソフトウェアの『プロジェクト ナイトメア』が発表された時に新川宗平社長が、「もう実写でいいかな」という言葉は今でも覚えています。

kbj:すごい割り切りだよね。1月はさっきも話題に出た『モンハンワールド』が大きな話題になりました。

イズミン発売から3日でミリオン達成でしたっけ。

“電撃オンラインアワード2018”

たすん:それもありますし、一番読まれていた記事ということで『モンハンワールド』のまとめをピックアップしました。実際に、ものすごくおもしろかったですからね(笑)。

にじ:発売前の期待を裏切らない盛り上がりでした。

げっしー:発売されてからは毎日モンハン漬けでした……。

kbj:メーカーさんと打ち合わせしていると、遊んでいる人が多くて、さすがだなと。たく坊はなんかないの?

たく坊:おもしろすぎて言葉が出てきませんでした。

kbj:いや、座談会なんだからしゃべれよ!

2月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

kbj:んじゃあ2月に入りましょう。担当の人、ポイントは?

イズミン:個人的には藍井エイルさん、『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』、の『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録(インデックス) とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』の3点が印象に残ってます。我々、電撃ですし。

kbj:タニタさんのツインスティック、この時のクラウドファンディングは失敗したけど、次で成功したのよね。自分もだけど、みんな『オラタン』好きすぎる。

たすん:『オラタン』おもしろいですもん、名作ですわ。

たく坊:『とあるバーチャロン』は、『オラタン』当時ゲーセンに通えなかった自分も興味があったタイトルです。

kbj:2月といえば、あとは『ドラゴンボール ファイターズ』の発売か。

たく坊:神ゲー!

“電撃オンラインアワード2018”

イズミン:家庭用の格闘ゲームとしては一番人がいるのではないでしょうか。

kbj:Nintendo Switch版も7万本と、かなり売れているしね。さすが『ドラゴンボール』、さすが開発のアークシステムワークスさん。

げっしー:ちゃんとストーリーが用意されているところにもアークらしさがありますね。

kbj:『デラックスエディション』が1月31日に発売されるということで、またにぎわうかもね。

たく坊:神ゲー!

kbj:……よし、3月!

3月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

にじ:『ソードアート・オンライン アリシゼーション』ですかね。後に4クールで放送されると発表されましたが、すごい規模だと思います。

たすん:『SAO』のアニメはやっぱりおもしろい。当時10月から始まると知った時、かなり心が躍りました。

kbj:昨今4クールアニメが少ないなかで……だからね。

げっしー:原作で一番長い話とはいえ1年分やるとは思ってませんでした。

イズミン:深夜4クールはかなり強気ですが、うまくいっているのは流石としか。

“電撃オンラインアワード2018”

たすん:ブギーポップもかなり盛り上がりましたね。

にじ:あとは、『うたわれるもの斬』の発表もインパクトがありましたね。アクションゲームということで、話題を集めました。

たすん:SLGがまさかアクションゲームになるとは思わなかった……。

kbj:『無双OROCHI3』発表は会場がマジで震えていた。『真・三國無双8』を買った人が来られるライブイベントでの発表だったから、当然といえば当然ですが。

たく坊:ファンとしてはうれしいかぎりだったでしょうね。

kbj:TGSでも盛り上がっていたタイトル。まだやっていない人は、こちらのレビューをどうぞ。

4月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

kbj:では4月に(ってか、まだ前半の半分なのか)!

たく坊:4月は、月の初めに『Fate/Grand Order Gutentag Omen Adios』が配信されました。

イズミン:エイプリルフールネタですな。

kbj:毎年すごいよね、あの労力のかけかた。

げっしー:『FGO』は毎年何かやってくれるとは思ってましたが、このゲーム出てきた時はさすがにビックリしましたね。

たく坊:今やアプリタイトルのエイプリルフールネタはユーザーから期待されていますから。

イズミン『グラブル』は某達人的なリズムゲームを配信していました。

たすん:『グラブル』は結構難しいうえに、仕事もあったしコンプ無理だった……。

kbj:24時間限定だとね。しょうがないね。

イズミン:2018年は4月1日が日曜でしたが、今年は月曜なので……。

たすん:1日限りなのはもったいないクオリティのネタが満載でしたね、2018年のエイプリルフール。

にじ:エイプリールフールはハードルがどんどん上がっていますね。

たく坊:そして4月には同じく『グラブル』でマクドナルド古戦場の第2弾が開催されました。

イズミン:クーポン付、ゲーム内特典アリということで、終盤では新宿のマックグランは売り切れが出たようです。

kbj:周りのメンバーでもハンバーガーを買ってくる報告がチラチラ。

たく坊:実はチェックインがキモだったり……そして、この月に『共闘ことばRPG コトダマン』と『アイドルマスター シャイニーカラーズ』が配信されましたね。

kbj:2018年ではやったアプリ『コトダマン』。幅広い層に受けて、人気よね。

げっしー:自分の周りでもプレイしている人が多かったです。

たすん:編集部ではゴローさんがやりまくってますな。

イズミン:言葉あわせが好きな知り合いがハマってます。ゲーム性が広く受け入れられたのかも。

たく坊:『ウルトラマン』コラボが開催されたのを覚えています。

にじVTuber・ねこますさんをはじめ、アニメなどとのコラボも盛り上がっていましたね。

“電撃オンラインアワード2018”

げっしー:配信前からコラボがどんどん決まっていっていたことにも興味を引かれました。

たすん:アプリはライトユーザー向けのタイトルのほうが生き残りやすいのでしょうか。

kbj:コアユーザーに受けることももちろん大事だけど、多くの人にさわってもらうことは大事だからね。まあタイトルバイタイトルなのは当然ですが。

たく坊:他のアプリとは違う切り口で遊ぶゲーム性も特徴的ですしね。

5月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

げっしー:一番は『PUBG MOBILE』の配信ですかね。それまではPC/Xbox One版という限られた人しかできなかったので、プレイできるのを待ちわびていた人が多かったイメージです。

イズミン:配信時は“ドン勝”のツイートをめっちゃ見ました。

にじ:アプリ1つで通話できて、なおかつバトルロイヤルできるってすごいですよね。

たすん:携帯が熱くならないのかなって思いました(笑)。

kbj:8月には500万DL突破って、やばいな。そして12月にはPS4でも配信。

にじ:PC版の人気もすごかったですからね。ただ、PCのスペックがよくないと厳しいですからね……。

げっしー:後は『FGO』のイベント“虚月館殺人事件”がいろいろとおもしろかったですね。アイテムもかかっていたのでじっくりとシナリオを読んで予想しました。

イズミン:ライブ感があるイベントでした。これ、脱出ゲームと同時期でしたっけ?

げっしー:ちょうど脱出ゲームの時期ですね

“電撃オンラインアワード2018”

たすん:『FGO』こんなこともやっていたんですね。やっていた人は当たったの?

イズミン:投票方式なので、難なく当てたような……。

げっしー:結局一番多い投票数のキャラがみんなの選んだ回答ということになっていたので。

kbj:5月といえば『Detroit:Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)』が発売されました。いやー、おもしろいタイトルだったわ。

イズミン:かなり注目されてましたね。

たく坊:ADV好きの友人も絶賛していました。

たすん:やりたかったけど、当時お金がなくて買えなくて諦めた悲しいタイトル……。

kbj:食費を削ってでも買えって! マジでオススメだし、誰かと話したくなるソフトなので、まだ買っていない人は買うように。

たすん:飯、おごってください!

kbj:よし、げっしー。日ごろの感謝を込めて、先輩におごるんだ!

げっしー:きっとたく坊がおごってくれるかと。

たく坊:そこはイズミン先輩が……。

たすん:たらいまわしですよ。次に行きましょう!

6月の記事をニュース班がなんとなくピックアップ

kbj:んでは、今回最後の6月。やはり中心となるのはE3(Electronic Entertainment Expo)かな。今年もいいタイトルが多かった印象。

にじ:今年のE3はずっと深夜担当だったので新鮮でした!

kbj:『キングダム ハーツIII』はついに発売日が発表。そして『アナと雪の女王』が登場と。

たすん『バイオハザード RE:2』もここで発表でしたっけ。

イズミン:究まった豆腐が気になる……。

たく坊:『デビル メイ クライ5』、『FFXIV』×『モンハンワールド』、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、『Ghost of Tsushima』が個人的に熱かったですね。

kbj:この後に出るタイトルが多いから、楽しみね。

たすん:『FFXIV』×『モンハンワールド』コラボもE3で発表でしたか。どちらのタイトルもやっている自分としては心踊ったなあ。

“電撃オンラインアワード2018”

にじ:『JUMP FORCE』もE3で発表でしたね。1月18日~21日にオープンベータテストが実施です。

たすん:プラチナゲームズ開発の『BABYLON’S FALL』も気になるう。

げっしー:『OVERKILL’s The Walking Dead』の発表もE3でしたっけ?

kbj:発表自体は前からアナウンスされていた気がするなあ。ゲームビジュアルが出たのはここだったかと。

げっしー:なるほど。日本語版の情報はなかったようですが、出展はされていたみたいですね。

kbj:しかし、発売延期というのが悲しい。クオリティをあげて、カムバックしてほしいわ。あとは、『妖怪ウォッチ ワールド』が発表されて、即配信されました。

にじ:編集部でもいろいろな人に妖怪を“ヒョーイ(憑依)”させる人が続出しましたね。

たすん:宮下副編集長もかなりプレイしていたのを覚えています。

kbj:遊んでいたけど、編集部と家の往復ばかりで、“ヒョーイ”されませんでしたわ。誰か、俺の妖怪に用(ある)かい!?

たすん:……。

げっしー:……。

イズミン:あ、そろそろ終了ですね。次回は7月以降を振りかえります。では、にじさん、最後の締めをどうぞ。

にじ:え!? ……1月31日まで“電撃オンラインアワード”を開催しているので、あなたの遊んだタイトルを投票してください! ではまた次回!

“電撃オンラインアワード2018”投票ページはこちら

(C) 2018 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokemon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. /MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
(C)SEGA
(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
(C)JUMP 50th Anniversary
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。