News

2019年2月8日(金)

『ガルラジ』春野杏、新田ひより、山北早紀に直撃! チーム富士川が最高に尖っている理由

文:電撃オンライン

 Webラジオやコミック、スマホアプリなど多方面で展開している『ガールズ ラジオ デイズ(ガルラジ)』のインタビュー企画をお届けします。

『ガールズ ラジオ デイズ』

 『ガルラジ』は、地方で暮らすごく普通の女の子たちが、ラジオ番組を自主運営することになる、そんな彼女たちの日常と番組制作に悪戦苦闘する姿を描いた青春物語です。実在する5つの高速道路のサービスエリアが、彼女たちのスタジオとなり、13人5つのチームが個性豊かに物語を展開していきます。

 インタビューでは、チーム富士川所属の年魚市すずを演じる春野杏さん、白糸結を演じる新田ひよりさん、金明凪紗を演じる山北早紀さんに、Webラジオを中心とした質問や今年の目標を伺いました。収録中のOK/NGのジャッジに意外な秘密が!?

⇒【2月8日19時30分放送】チーム富士川のWebラジオ番組を視聴する

⇒チーム岡崎のインタビューを読む

『ガールズ ラジオ デイズ』
『ガールズ ラジオ デイズ』
▲左から新田ひよりさん(白糸結役)、春野杏さん(年魚市すず役)、山北早紀さん(金明凪紗役)。
『ガールズ ラジオ デイズ』
▲白糸結(左)、年魚市すず(中央)、金明凪紗(右)。

※インタビュー中は敬称略

――これまでにない、キャラクターとしてラジオ番組を収録するという試みについて、どう思いましたか?

山北早紀:新しいな、と。アニメが流行って、今ではいろんなコンテンツがあるじゃないですか。でも意外とこれまでになかったなものだと思って。

春野杏:ラジオドラマのラジオ版みたいな……(笑)。

新田ひより:普通、オーディションの資料ってセリフの原稿だけなんですよ。でも『ガルラジ』はその時点でラジオの構成台本を資料でいただいたんです。「えっ、どっちのメンタルで演じれば?」みたいな。

春野杏:どっちのメンタル!? セリフなのか、ラジオなのかっていうこと?(笑)

新田ひより:そうそう! 台本もびっくりしますよね。私じゃないけどキャラクターが! っていう複雑なアレ。

山北早紀:作り手の想像力スゴすぎ! って思いました。普通のラジオの台本だけでも大変なのに、それを架空のキャラで書かなきゃいけないから。

新田ひより:そうそうそう、そういうこと! それが言いたかった!!(笑)

春野杏:全部乗っかっていったね!? 30くらいでいったら100で返ってきたみたいになっているよ(笑)。

新田ひより:本当にそれがいいたかったの! 同意の感情しかない。

――キャラクターを演じてみた感想はいかがでしたか?

春野杏:私、オーディションを受けさせていただいた役が今と違うキャラクターだったんですよ。だから収録前にキャラクターのテストのようなものを、2人が見ている前でやったんですけど、それがお仕事をさせていただいたなかで一番恥ずかしかったです(笑)。

『ガールズ ラジオ デイズ』

山北早紀:2人が結構な距離で見るなかで、キャラ作りの練習というかテストをしたからね。

春野杏:はたして、すずちゃんにとって良かったのか、悪かったのか……(笑)。

新田ひより:でも結果一番シンクロしている気もするよね。

春野杏:金明さんは最初ヤバいキャラだったのに、なんか今一番まともですよね。

『ガールズ ラジオ デイズ』

山北早紀:ちょっと(笑)。でも、まあわかります。おかしい波に乗っかってない時もありますし。

春野杏:えっ、まともなキャラだと思って演じられていました?(笑)

新田ひより:でも、性格的にはまともじゃない?

山北早紀:内面的にはまともだよね。

春野杏:それは私もじゃないですか?

新田ひより:でも、この段階ではまだ本性が出てないから、早く続きを聞いてもらいたいですね。

――番組の聞きどころやオススメポイントはどこでしょうか?

春野杏:個人的には、他のチームと比べて現実に存在するような人間がしゃべっている印象があると思います。3次元的というか、キャラクター感が薄いというか。

 結さんは結構キャラクターの形を保っていますが、他の2人が現実にいそうなタイプだから、引っ張られて「こういう子いるよね」みたいな感じになってきます。

『ガールズ ラジオ デイズ』

山北早紀:確かに。私も金明さんでオーディションに受かった時、あまりキャラを作っている感じではなかったんです。ボイスサンプルのままで大丈夫って言われましたし、設定を見ても自分に通ずるところが多かったので。

 ラジオ番組はなおさら作っている感があるとうまく掛け合いができないかなって思って、あまり作り込まずにやろうって思ったら、結果ナチュラルな感じになりましたね。

春野杏:他のチームはキャラ立ちがすごいから、ラジオ寄りかボイスドラマ寄りかというとボイスドラマ寄りのチームもいて、私たちはラジオっぽい声の構成になっているんじゃないかなと。

新田ひより:すごい、評論家のような! その通りだと思いますよ~(笑)。

春野杏:また乗っかるの?(笑)

新田ひより:あ……でもみんなこういう感じかと思いきや、ここだけでしたね、こんなにうるさいの(笑)。他のチームには穏やかな空気が流れているのに対し、私たちだけなんかおかしい?

山北早紀:なんかサークルみたいだよね。

新田ひより:キャラクターと自分との狭間というか、ラジオでのしゃべり方にもっと混乱するかと思いきや、1回目から本番やってみたら「あれ、なんか意外とできたな」みたいな。

春野杏:企画を見せていただいた時は、ラジオ寄りにした方がいいのか、それともボイスドラマ寄りにした方がいいのか、正解がわからなかったんですよ。

新田ひより:そうそう。だから3人の捉え方が違ったら噛み合わないという不安もありましたが、そこがうまくマッチしたと思いました。

春野杏:確かに。他のチームのアフタートークを聞いていると、逆に私たちよりもラジオですね。

山北早紀:私たちは打ち上げ感すごいもんね(笑)。

新田ひより:乾杯お姉さんがいるから、そうなっちゃうんですよ。

山北早紀:金明さんのプロフィールに、あえて緊張させないようにそうしているって書いてあったから、それを現実世界でもやっているのかな!

春野杏:へーそうだったんだー。

山北早紀:私は普段グループとかにいても、あまりカッチリやるタイプじゃなくて、結構打ち解けるタイプなんですけど、この2人がもっと“ザ・真面目”ってタイプだったら、こうはならなかった気がする。相性がよかったんだと思います。

春野杏:なるほど~。

新田ひより:褒められています……よね?

春野杏:まあ真面目には生きているつもりですよ。

山北早紀:そうなんだけど! 硬すぎなくてよかったなって。

春野杏:初回でいただいた差し入れのお菓子を私がバッグに詰めていたら、「そういうの大好き!」って言われました。

新田ひより:(笑)

――放送してみて、お互いの演者としての印象はいかがでしょうか?

新田ひより:演者としての感想ですか!? す、素晴らしい役者だと思いっ……ます(笑)。

山北早紀:そんな「www」みたいに言われても(笑)。

――初共演ですよね?(笑)

春野杏:そうですね。早紀さまは何か欲しい時に目でパスをくれます。

 何かしゃべっていて、私が相槌を打つ時とかに「だよね?」って目線をくれるので、なんとなくパスが来た時に「そうですね」って言えます。

新田ひより:すごいわかる! 私はちょっと人の目を見れないので……(笑)。でも早紀さまが、台本とか読みながらではありますけど、ちゃんとこちらに視線とかでパスくれているのを気配で感じるんですよ。

山北早紀:えぇ~~、見てよぉ……。

新田ひより:目を合わせられないんですけど、気配ですごい感じています(笑)。

――実際に山北さんはそういうところを意識しているのですか?

山北早紀:いや~、わからないです。金明さんが自分と近すぎるので、ほとんど何も考えてないんですよ。

春野杏:あと私がセリフを噛んだ時に、ひよりさんが「ウェッヘンッ……!」って言ったら、「(あ、これだめなんだ、録り直しだ)」って思いますね。

山北早紀:いい噛みとダメな噛みがあるからね。

新田ひより:私の笑い声でそのテイクをダメにしたらいかんと思って耐えてはいますが……。さすがにこれは無理だなという時には出ちゃいます(笑)。

春野杏:客観的に見たらこれダメなやつなんだ、って。

新田ひより:私が判断基準なんだ!(笑)

春野杏:ひよりさんは唯一キャラと中身が結構違うし、そういう部分を出せないから。

新田ひより:本当にそうなんですよ! 笑いをこらえるのが大変で……。結ちゃんは本当にいい子で、私みたいに「ククククッ……」って人を小ばかにしたように聞こえる笑い方はしないので、そこは苦労していますね。

春野杏:あ、苦労しているんですか?

山北早紀:とても役者していますね!

新田ひより:(笑)

春野杏:長くしゃべってない時に「ねぇ、結さん」っていうと「ヘェイファイハァイ!」っていうのを素でやってくれるから。体も揺れますもんね。

山北早紀:でも結さんが天然のあざとさだったとしたら、ひよりさんは計算的なあざとさはたぶん持っているタイプ!

春野杏:役者さんってみんなかわいいが何かを知っているんですよね。でも、出したい時に出してくるのがかわいいなって思っちゃいます。

山北早紀:わかる。

新田ひより:誰目線なの、本当に!(笑) 杏さんは割と天才肌じゃないけど、考えずにできるタイプ。

春野杏:あざとさをですか?

新田ひより:そこではないかな(笑)

山北早紀:年魚市も天才肌っぽいキャラだけど、キャラと人物がどんどん寄ってきている感じはあるよね。

春野杏:えっ、そんな風に思ってくれていたんですか? ありがとうございましゅ。

――過去の放送で印象に残ったエピソードはありますか?

山北早紀:第3回の“週末はアナタと乾杯”というコーナーで金明さん宛てにお便りがきて、金明さんが照れちゃうシーンがあったんですけど、その照れた感じが台本通りだと“かわいい“って書いてあるんです。

山北早紀:その後に結ちゃんの「照れた金明さんもかわいいですね」ってセリフがあるんですが、どうやら私の照れ方があんまりかわいくなかったというか、ちょっと気持ち悪さが入っちゃったらしく、本編中にひよりさんが笑っちゃって収録が止まったんですよ。

新田ひより:本当に進行を妨げてしまって申し訳ないと思いました!(笑) でも、そこは結ちゃんを演じている私としては、結ちゃんはかわいくない時に「かっ、かわいいですね」って言うような心を持った子ではなく……

山北早紀:かわいくない時!? 結ちゃんは天然だから、なんでもかわいいって思うのかな? みたいな。

新田ひより:あっ、そういう見方もありますね!

山北早紀:見方って!(笑)

新田ひより:受け取り方です! 私だったら「かわっ、かわいいですね!」って言えたんですけど、結ちゃんは自分に嘘を付けない子だと思うので、そこはちょっと役者として曲げられなかった……。

春野杏:私の心のニコニコ動画には「wwwww」ってたくさん流れていたよ(笑)。

新田ひより:ほらーーー! 杏、心のニコ動に!(笑)

山北早紀:こういうコメント、天才的だよね。

春野杏:全然褒められている気がしない(笑)。私が印象に残っているのは“すずすずすず“でしたね。私なりに台本に書いてあった「すずすず」ってやったのに、2人がゴキブリみたいとか……。

新田ひより:語尾に「すずすず」を付けるシーンなんですけど、なんか「カサカサカサッ」みたいに聞こえるんですよ。

春野杏:「もうちょっとかわいく言うもんじゃないの?」って言われたんですよ。「SZSZSZ」みたいな。でも本当にニコニコ動画のコメント見ていたら「SZSZSZ」って書かれてましたね。

新田ひより:やっぱりみんなカサカサしているって思っていたんだね(笑)。

 あとは某有名ハンバーグ店に行きたいって話をずっとしていることかな。行きたいし……スポンサーになってくれないかな~(笑)。

春野杏:そんなにソウルフードなんだって思って、友だち伝手に静岡出身の人とゲームで遊びながら話をしたんですよ。その子に「静岡のハンバーグっていったら何がある?」って聞いたら、そのハンバーグ店の名前がすぐに出てきて、すごさを実感しました。

山北早紀:別の番組で、強い食べ物といえば? みたいな企画があって、静岡出身の方がそのハンバーグ店のハンバーグを出している人がいて、これに敵うものはないって言っていました。

春野杏:そんなに言われたら食べたいよね~。

――2019年のご自身の目標があれば教えてください。

山北早紀:私の今年の目標は“丁寧“です。丁寧な仕事、丁寧な私生活、丁寧な人間関係を心がけているんですが……さっき録った収録を思い返してみると、果たして丁寧だったのかっていう(笑)。いつも勢いでやっちゃうところがあるので、丁寧にやりたいと思います!

新田ひより:私は……笑っていたい。笑って過ごしていたい! そして『ガルラジ』もいっぱい続けたい!

春野杏:みんなに言って笑われたので、もう言う機会はないかなと思っていたんですけど、今年で私25歳になるんですよ。

山北早紀:うそぉ~!

春野杏:ほら、それですよ! だから、大人になる!

山北早紀:具体的には?

春野杏:えぇ~っと……おしとやかになりたい?

新田ひより:丁寧になればいいんじゃない?(笑)

春野杏:……そうですね、丁寧になる!

山北早紀:私といっしょじゃん!(笑)

春野杏:いや、おしとやかになりたいんです。おしとやかが何なのかは今ちょっと模索中で……といいつつ、新しく買った服がこれですよ。

新田ひより:だいぶスポーティだよね。

春野杏:そうなんですよ。だから25歳、大人の女性にね。なんやかんや早紀さまはすごく大人なんですよ。

山北早紀:嘘だ! そんなこと言われる現場ここだけなんだけど。

春野杏:いやでも、私たちのことを見てくれているなって思うんですよね。差し入れのお菓子も、誰も取らないだろうなっていうところから取っていってくれるんですよ。

山北早紀:そうかな?

春野杏:えっ、違うんですか? 抹茶が食べたかったから食べたんですか?

山北早紀:うん、そうだよ。

春野杏:……じゃあ、目標は“真矢ミキさんになる”で(笑)。

一同:(爆笑)

――最後に、ファンの皆さんに向けてメッセージをお願いします。

春野杏:『ガルラジ』は皆さんが追い続けてくれるようなコンテンツになるんじゃないかなと思っているので、もっともっと好きになってください。今後、コンテンツが大きく成長した時に「あっ、俺これ知っているよ」と言えるような古参になってほしいです!

新田ひより:本当に各チームに違った魅力がありますが、そんな中でFUJIKAWAは個性が爆発しています。急造チームだからこそ、他のチームにはない雰囲気やおもしろさがあるので、皆さん応援してください!

山北早紀:私は一人暮らしなのでYoutubeの晩酌動画を見ながらご飯を食べることがあるんですけど、『ガルラジ』も同じように皆さんの日常の一部になれたらいいなと思います。一緒に乾杯しましょう!

『ガールズ ラジオ デイズ』

公式ファンアプリで推しチームを応援しよう!

 女の子たちの番組をいつでも聴ける『ガールズ ラジオ デイズ』の公式ファンアプリがiOS/Androidで好評配信中です。

 番組にお便りを送ることで、番組中に読んでもらったり、女の子たちがリアクションをとったりしてくれます。さらに、ラジオ番組とは一味違った少女たちの裏側をのぞけるほか、ここでしか読めないマル秘話も!?

(C)ガルラジ/原案:ミエロ(IIV・ドワンゴ)、原作:多宇部貞人、キャラクターデザイン:Mika Pikazo

データ

▼『ガールズ ラジオ デイズ 公式ファンアプリ』
■メーカー:ドワンゴ
■対応端末:iOS
■ジャンル:その他
■配信日:2018年12月19日
■価格:無料
 
iOS『ガールズ ラジオ デイズ 公式ファンアプリ』のダウンロードはこちら
▼『ガールズ ラジオ デイズ 公式ファンアプリ』
■メーカー:ドワンゴ
■対応端末:Android
■ジャンル:その他
■配信日:2018年12月10日
■価格:無料
 
Android『ガールズ ラジオ デイズ 公式ファンアプリ』のダウンロードはこちら

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。