News

2019年2月1日(金)

日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”募集テーマが“☆”に決定。応募受付は3月1日よりスタート

文:電撃オンライン

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”の応募概要を公開しました。また、今年の募集テーマを“☆”に決定しています。

日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”

 日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”は、アマチュアのゲームクリエイターが制作するオリジナルゲーム作品から、優れた作品が選考・表彰されるもの。応募は3月1日~5月31日23:59の期間、公式サイトの“Web応募フォーム”から行えます。

 今年の募集テーマについて、アマチュア部門を運営する人材育成部会からのコメントが公開されています。

人材育成部会からのコメント

 今年の募集テーマは“☆”です。“☆”から連想されるイメージにはさまざまなものがあります。

 惑星や恒星そのものだけでなく、色、形、光、重力、花形選手など。テーマを皆さん独自の解釈でゲームデザイン、グラフィック、プログラムの中に取り込み、プロも唸る作品を見せてください。挑戦、お待ちしております。

応募概要

 応募作品は、“コンセプト”、“完成度”、“技術力”の3つの評価軸で審査されます。

 選考は、プレイ映像の視聴による第1次審査、試遊による第2次審査と最終審査を経て、9月14日に開催予定の“日本ゲーム大賞2019 アマチュア部門発表授賞式”(東京ゲームショウ2019内イベントステージ)で、“大賞”、“優秀賞”、“佳作”が発表。栄えある大賞作品には賞金50万円、優秀賞には賞金5万円が副賞として贈呈されます。

日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”
日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”
日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”

コンセプト

 ゲームの中核となる部分のアイディア・斬新さが評価されます(ゲームの内容やゲームルールの設定、テーマの反映など)。

完成度

 作品としての完成度が評価されます(ゲームの作り込み具合やレベル調整、ゲームバランスなど)。

技術力

 プログラム、グラフィック、サウンドなどの技術的な到達度が評価されます(自作リソースの品質、プログラム表現、エンジンやアセットの活用法など)。

■日本ゲーム大賞2019“アマチュア部門”応募要項
【応募資格】年齢、性別、国籍、個人、法人、団体を問わずアマチュアの人
※日本国内在住者に限ります。
※応募作品数の制限はありません。
※会社所属、契約、フリーランスなどの勤務・雇用形態にかかわらず、ゲーム制作の対価報酬を得ている人は、プロのゲームクリエイターとみなされます。
【募集テーマ】“☆”
※応募は、“☆”というテーマに即した具体的な表現、手法などを用いて制作された作品が対象です。テーマを用いた箇所は、必ず応募時に記述が必要です。テーマをどのように表現しているか、その完成度合が評価の重要な要素となります。テーマの表現が希薄である、テーマが感じとれない、あらかじめ制作済みの作品に対してあまりに強引にテーマと結びつけたような場合は、評価にネガティブな影響がでる場合があります。
【プラットフォーム】
1.パソコン:Windows10、Windows7
2.スマートフォン:Android、iOS
※AR(拡張現実)、VR(仮想現実)を使用する作品も可。
【応募期間】3月1日0:00~5月31日23:59
【表彰】
大賞(1作品)/トロフィー、副賞:50万円
優秀賞(該当数)/トロフィー、副賞:5万円
佳作(該当数)/トロフィー
【審査方法】
第1次審査:プレイ映像の視聴審査により、第2次審査進出作品を決定。
第2次審査:各作品の試遊審査を行い、最終審査進出作品を決定。
最終審査:最終審査選出作品全てについて試遊審査。審査員の協議により受賞作品を決定。
【選考委員】業界誌編集者、クリエイターなどで構成
【発表授賞式】
日時:9月14日
場所:“東京ゲームショウ2019”内イベントステージ
会場:幕張メッセ

(C) 2019 CESA, All Rights Reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。