News

2019年2月6日(水)

ブロックチェーンゲーム『サイファー カスケード』が事前登録受付開始。ベータ版は2月下旬配信

文:電撃オンライン

 フランジアは、ブラウザで遊べるブロックチェーンゲーム『Cipher Cascade(サイファー カスケード)』の事前登録を開始しました。また、ベータ版の配信を2月下旬ごろに予定しています。

『サイファー カスケード』

 本作は、ブロックチェーン技術を活用して開発されたゲームで、スマートフォン・PCのブラウザで気軽に楽しめます。Dappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)とは、中央管理者が介在しないシステム運営が可能とされている”Dapps(ダップス)”と呼ばれるアプリケーションを基盤としたゲームのことを指します。

 通常、イーサリアムを活用したトランザクション処理は、1つのブロックを生成するのに十数秒の時間がかかってしまいます。『Cipher Cascade』は、イーサリアムのメインチェーンと連動するサイドチェーンを構築し、トランザクション処理の高速化を実現しているため、ストレスなくゲームをプレイできます。

 また、サイドチェーン上でトークンを扱うことで、ゲームプレイやトークンアセット(アイテムなどの価値がデジタル化されたもの)購入に必要なネットワーク手数料が発生しない、ユーザーフレンドリーな仕様となっています。

 イーサリアムのパブリックなブロックチェーン技術を活用することで、ゲーム内のトークンアセットをゲーム内外で広く流通させることが可能となり、他のブロックチェーンゲームのゲーマー同士がアセットの貸し借りを行えるようになります。

『サイファー カスケード』

ゲームの世界観

 プレイヤーは“$in $ekai”という架空の都市の住人となり、独自の経済圏で”サバイバル”していきます。

 $in $ekaiは、暗号技術が支配する欲望と希望が入り混じったサイバーパンクな世界観の都市です。プレイヤーは“Cipher Cascade Coin”と呼ばれる通貨で自由に取引やさまざまなアクティビティを行えます。

 本配信では、プレイヤー同士が対戦できるミニゲーム(Arena)が実装されており、Arenaで勝利することでコインを稼げます。

『サイファー カスケード』

【ルール】
1:3人のCascadesを用意し1つのCipher(グループ)を組みます。
2:CipherのCascadesたちが1人づつ戦い、勝ったCascadesは1人づつ相手の守るクリスタルを攻撃できます。
3:最後に、相手の守るクリスタルにより多くのダメージを与えた方が勝者となります。

 本ゲーム内では今後、ソーシャルフィード機能や友だちとの協力プレイ機能に加え、クランバトルなどのミニゲームが追加予定です。

 また、トークンを活用したブロックチェーンファーストな広告体験も提供できるように準備されています。イベントやキャンペーン情報は順次公式サイト上で告知されます。

データ

▼『Cipher Cascade(サイファー カスケード)』
■メーカー:フランジア
■対応端末:PC
■ジャンル:ETC
■配信日:未定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。