News

2019年2月7日(木)

Switch版『BBCF』が本日2月7日発売。プレイアブルキャラ・Es、マイや“システムボイス”を収録

文:電撃オンライン

 アークシステムワークスは、Nintendo Switch用ソフト『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition(ブレイブルー セントラルフィクション スペシャルエディション)』を本日2月7日に発売しました。価格はパッケージ版が5,184円(税込)、ダウンロード版が4,800円(税込)。

『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』

 『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は、2016年10月にシリーズ最終章としてコンシューマー版・アーケード版で登場した今なお人気の高い作品です。

 本作には、追加プレイアブルキャラクター“Es”、“マイ”、“スサノオ”、“獣兵衛”に加え、“キャラクターカラー”、“システムボイス”など、過去に有償配信されていたダウンロードコンテンツ(DLC)が収録されています。

『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』 『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』
『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』 『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』

(C) ARC SYSTEM WORKS

データ

▼『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:Switch
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2019年2月7日
■希望小売価格:5,184円(税込)

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition(ダウンロード版)』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:Switch
■ジャンル:対戦格闘
■配信日:2019年2月7日
■価格:4,800円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。