News

2019年2月11日(月)

『グリムノーツThe Animation』ED『Endless Notes』を歌うi☆Risにインタビュー。ダンスの1発OKに大歓声!?

文:たく坊

 1月からTBS他で放送されているTVアニメ『グリムノーツ The Animation』のEDテーマ『Endless Notes』を歌うユニット・i☆Risに、インタビューを行いました。

i☆Ris

 TVアニメ『グリムノーツ The Animation』は、2016年に配信されたスクウェア・エニックスのiOS/Andorid用アプリ『グリムノーツ』を原作とするアニメ作品です。“空白の書”を持って生まれた主人公・エクスを中心に、自分の役割を見つける旅が描かれます。

 インタビューではi☆Risのメンバーに、今回の『Endless Notes』の特徴や感想、ミュージックビデオについて質問。さらに、TVアニメのテーマでもある“童話”についても語っていただいたので、i☆Risファンだけでなく、アニメを見ている方もご覧ください。

 なお、インタビュー中は敬称略。

■i☆Risメンバー(敬称略)
山北早紀(やまきたさき)
芹澤優(せりざわゆう)
茜屋日海夏(あかねやひみか)
若井友希(わかいゆうき)
久保田未夢(くぼたみゆ)
澁谷梓希(しぶやあずき)

i☆Ris i☆Ris
▲山北早紀さん▲芹澤優さん
i☆Ris i☆Ris
▲茜屋日海夏さん▲若井友希さん
i☆Ris i☆Ris
▲久保田未夢さん▲澁谷梓希さん

『Endless Notes』はAメロBメロを1人ずつが歌う曲

――『Endless Notes』を一言で表現するなら、どのような曲ですか?

i☆Ris
▲CD+DVD仕様ジャケット

若井:一言で表すなら“ツヤ”ですね。今までi☆Risのシングルの表題曲は元気な曲やカッコいい曲が多かったのですが、しおらしさというか、しっとりとした大人っぽさが出ているのは今回が初めてかなと。『Endless Notes』はツヤ感が出ているなと思います。

山北:同意ですが、さらに足すなら“清い”ですね。i☆Risは意外とカワイイ! カッコいい! という曲が多かったのですが、聴いた人から「今回は清楚だね、いいね」って言っていただけているので。

茜屋:似た路線ではありますが、“大人”です。今までやらせてもらっていたTVアニメ『プリパラ』シリーズは子ども向けの作品だったので、キャピキャピしているというか、“皆で一緒に踊ろう”という振り付けが多かったんです。ですが、『Endless Notes』はパキパキしたダンスではなくて、抜きどころの多いダンスになっているので、ダンスだけでなく表情に大人っぽさがありつつ、成長したといいう大人っぽさも感じられる曲になっているなと思います。

久保田:私は、“ほうおう力”です。

若井:“包容(ほうよう)力”じゃなくて? 鳳凰(ほうおう)だと飛び立っちゃうよ!

(一同笑)

久保田:ごめんなさい、間違えました! 包容力です(笑)。本当にツヤがあって大人っぽくって……すでに言われてしまいましたが、i☆Risはシングルの表題曲でカッコいい、カワイイという曲は結構ありました。でも、この曲は包み込むようなイメージがすごく強いので、“包容力”だと思います。

――先ほどの“ほうおう力”の件に対して、皆さんが久保田さんを包み込んだ感じでしたね(笑)。

久保田:そうですね!(笑)。ダンスの振りの中でも実際に抱きしめたり、曲頭の先振りでさきさま(山北さん)に目を隠されていたり、抱きしめられるようなものも多かったので、そういうイメージです。

芹澤:わたしは、“等身”です。i☆Risは7年目に入って、お姉さんになってきました。キャピキャピしているだけではなく、それ以外の魅力というところで、私たちの“今”を表現した“等身”の姿が曲に出ているかなと思います。

澁谷:そうですね……澁谷的には、皆が言っていることがその通りだなという感じで、新しい言葉を出すのが難しいんですよね……。でも、清らかさとかツヤとか、その中にある“芯”だと思います。心の芯や中心にある自分の茎みたいな部分。そういうものもこの楽曲を通して、見せられているんじゃないかと思います。

――これまでの曲と違っていて気に入っている、ここが大変だったというところはありますか?

澁谷:他の曲と違ったところでいくと、歌詞ももちろん違うのですがサウンド面です。いままでi☆Risの楽曲はバラードでも、シンセサイザーやギターなどのアプローチ強めの曲が多かったんです。でも今回の『Endless Notes』は、メインがオーケストレーションなので、弦楽器中心にオケが回っていて、メンバーがその中でソロで歌っていくという流れがi☆Ris史上新しい曲になっています。

 あと、メンバーそれぞれの歌い方にも注目してもらいたいと思います。おそらくこの曲では、他の曲と違うメンバーの歌い方が感じられると思うので、ぜひそこを聴いていただきたいです。

若井:わたしは、2番Aメロの後ろで流れているコントラバスのような“ボンボンボン”という音が好きです。“ボンボンボン”がすごい突出しているんですよ、目立って顔を出しているので、注目して聴いてみてください(笑)。

芹澤:あと、誰かのソロで曲が終わるというアプローチは今までなかったので、そこも注目ポイントかな。サビは皆で歌って曲が終わりということが多いんですが、この曲は最後の1フレーズはみゆたん(久保田さん)のソロで終わるんです。みゆたんは『グリムノーツ The Animation』に出演していることが関係しているのかもしれませんが、歌詞のパート割りもこれまでと違うアプローチだなって思いました。

――確かにソロが多めで、これまでとは少し違う曲だという印象があります。

久保田:いつもはペアで歌うことが多いんですけど、『Endless Notes』は基本的にAメロBメロを1人ずつ歌っているところが多くて、それぞれのメンバーの声をより聴きやすいと思っています。

ミュージックビデオの撮影秘話に迫る

――ミュージックビデオ(MV)が公開されましたが、こちらの見どころはどこでしょう?

i☆Ris

茜屋:私たちのダンスは、初期からMIKAさんという振付師の方がつけてくださっているんです。各楽曲やタイアップの作品を毎回調べてくれて、それにあった振り付けをつけてくださっています。今回の『Endless Notes』では、『グリムノーツ The Animation』のタイアップということで、本をポイントに入れてくださっています。MVでは、実際に本を持っていたり、旅をしていくキャラクターにちなんで、サビの最後の「どこまでも~」という部分に“方位磁針を書く”という要素を散りばめていたりします。作品のファンの方にライブに来ていただいたら、ちょっとした発見があると思います。

久保田:MVはアニメのタイアップということで、『グリムノーツ The Animation』の要素を取り入れて本などに寄せているのですが、どこかi☆Risらしさも光る部分が入っていました。

 i☆Risは“虹”という意味もあるので、虹の光のようなものを演出で用意していて、スタッフさんはこだわっているなと。現場では「今、虹チェックしてます!」というシーンもありました(笑)。

芹澤:MVでそれぞれがいろいろなシチュエーションで撮影している中、私のシーンは1人だけ寝っ転がっているんです。『§Rainbow』という、以前に出したアルバムのタイプCのジャケットでも寝っ転がっている写真が使われているのですが、寝っ転がると顔が崩れた感じになってしまうので、あまり寝っ転がって撮影をしたくなかったんですね(笑)。

 でも、今回は寝っ転がってもちょっとカワイかったので、「寝っ転がってもカワイイ自分でいられるようになったのは成長だな」と、今までと違うと感じました。

――撮影の時に「芹澤さん、寝っ転がってください」という指定があったのでしょうか?

芹澤:そうですね、それぞれ決められたシーンがあったので。ゆうきちゃん(若井さん)は有名な熊みたいに風船を持ってたよね(笑)。私は「寝っ転がってください」と言われて、手の位置も何度も調節しました。

山北:1人1人イメージシーンがあるんですが、私だけ顔じゃなくて後ろ姿からの振り向きなんですよ。そして、まさかのカメラマンさんが脚をピックアップしてくれていて、山北のファンは脚が好きな人が多いことをわかっている。そこに誰もわからない喜びを感じましたね(笑)。

ダンスショット1発OKに大歓声が!

i☆Ris
▲通常盤仕様ジャケット

――前のシングルと比べて、成長したと思うところはどこになりますか?

山北:ダンスを力まずにできるようになりましたね。i☆Risのダンスは大きい振りをやることが多かったのですが、全力だからこそ、手を抜く作業が苦手だったんです。でも、今回は「力を抜いて」と言われなくても抜けていたので、成長したと感じました。

芹澤:ダンスショットを毎回撮っているのですが、カメラ1個で撮影しているため、振りを間違えたら最初からやり直しになってしまうんです。でも、今回は初の一発OKでした! おそらく今まで一度もなくて、1発目は誰かが緊張して少しミスをして、2回目くらいで成功するパターンが多かったんですが、今までにない大成功でしたね!

若井:歓喜の歓声が沸きあがりましたね。

芹澤:そこにいたスタッフが皆「うぉーーー!」って。

(一同笑)

久保田:ダンスショットの撮影は、すべて撮れるまで終わらないんですよ。

芹澤:前日まで振りの変更があって、ちょっと切羽詰まっていたんですが、そこに対応できたことを含めて成長したかなと。

茜屋:前回のシングル『Changing point』とは、曲調も違うので成長とは違うのかもしれませんが、歌声や表情など、見せ方のバラエティが増えたと思います。

澁谷:私は髪の毛が成長しました(笑)。『Changing point』まではショートだったんですが、今回からエクステをつけて、メンバーに溶け込めたかなと。今まではボーイッシュな感じを出してきたのですが、『Endless Notes』から、また少し違った自分を見せたいと思って……。

 あえて、わざと成長させたみたいなところはあるんですけど、自分たちよりも見ている人が「ずっちゃん(澁谷さん)なんか変わったな」と思ってもらえるのじゃないでしょうか。

――『Endless Notes』の衣装のポイントは?

澁谷:わりとシンプルだなと思います。前のシングルの時はゴジックな感じで黒メインだったんですが、今回はオフホワイトのような色味を使っています。レースなどでシンプルなのですが、i☆Risが成長したことによって華やかに見える。これがデビューして1年のi☆Risだったら、こんなに素敵にはならなかったのではないでしょうか。

久保田:メンバーによるのですが、私は『Changing point』を含めてチョーカーをつけていたので、フィッティングした時に「最近チョーカーが好きなのかなぁ(笑)」と思いました。

芹澤:表題曲でヒールは珍しいかもしれません。i☆Risは踊る曲が多いので普段はインソールのスニーカーなんです。『Endless Notes』は振り付けがしっとりしていて、靴がそれにあわせてヒールの入ったブーツになっている。脚がより綺麗に見えるのでいいと思います。

茜屋:振りの中でスカートをヒラヒラさせるところがあって、衣装のヒラヒラ感が生かされていると思いますね。

久保田:そういえば、髪飾りを付けていないですね。i☆Risはいつも髪飾り付けているので、いつもよりナチュラルな感じです。

若井:オーガニックな感じで。

山北:ボタニカルな感じで。メンバーの要望を取り入れて「脚を出したい」とか「腕は隠したい」とか、それぞれ皆の要望を取り入れた感じになっているのではないかと思います。

会える機会が多いと語る今年のi☆Risに注目!

i☆Ris
▲『グリムノーツ The Animation』盤ジャケット

――話は少し変わりますが、『グリムノーツ』は童話がテーマとなっていますが、好きな童話はありますか?

山北:『耳なし芳一』は童話でしょうか? 『耳なし芳一』を初めて読んだ時の衝撃は今でも覚えています。「耳ちぎられちゃうの?」って当時すごい怖かったんですが、ホラーであることが刺さって、いまだに読み返すくらい好きです。

芹澤:芹澤は『人魚姫』です。人魚になりたかったんですよ。カワイイですよね、芳一と違って。

(一同笑)

若井:私はグリム童話の『水晶玉』ですね。昔おじいちゃんの家に置いてあったんですが、おじいちゃんに毎日読んでもらっていました。内容が結構グロテスクで、怖い魔女とかも出てくるんですが、絵本の魔女の顔が絶妙に怖かった。私が見ていたのは、子ども用に翻訳された『水晶玉』だったんですけど、いまだに覚えてますね~。

久保田:久保田は『アラジン』です。ビデオを小さいころに擦り切れるくらい見て、劇団四季の舞台も見に行きました。おととしプレイベートで、ニューヨークに行ったんですけど、本場のミュージカルの『アラジン』を見に行きました! ジーニーがアドリブでおもしろいことを言って、周りは爆笑してましたが、わたしは英語が聞き取れなくてわからなかったです(笑)。

茜屋:『白鳥の湖』という絵本が家にあって、小さいころずっと読んでいたのを覚えています。夜の間だけ人間に戻れる美しい姫が湖にいるのですが、それになりたいなと思ってました。昔、姫のような存在にあこがれていたので。

澁谷:平和な作品が好きなので、『ウサギとカメ』とかですかね? あとは『みにくいアヒルの子』が自分の中で衝撃でした。「人を見た目で判断しちゃダメなんだよ」と昔から親に言われていて、それがリアルに描かれた作品。……人ではなくアヒルですけど。

 最終的には誰もが美しくなれることが『みにくいアヒルの子』を見て証明されたので「他人の評価を気にしないぞ!」と、今の私ができあがった作品だと思います。

――次のツアー“i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER”の意気込みを山北さんからお願いします。

山北:“フィーバー”というタイトルは、“i☆Risフィーバーを巻き起こす”、“777が揃ってフィーバーになる”、“i☆Ris7周年”など、いろいろなフィーバーがあると思うんですが、すべてポジティブな意味しかないです! そのため皆をフィーバーさせつつ、私たちもフィーバーして、楽しいライブにして、どんどんi☆Ris熱を広げていきたいです。

 今回のツアーも1からスタッフさんと話しあい、私たちも満足できるものを本番に持ってこれると思うので、お楽しみに!

――では、最後に読者に一言ずつお願いします。

澁谷:また違ったi☆Risを見られる2019年がスタートしました。イベントやライブを通して、まだ出会ったことがないあなたと出会えることを楽しみにしています。

久保田:2019年初のリリースということで、7年目を迎えてワンランク上がった大人なi☆Risを堪能していただけるシングルになっています。アニメでi☆Risを知ってくださった方も、ライブに足を運んできてくださったらうれしいです。ライブツアーもあるので、いろいろな地方にお住まいの人にも見ていただけるきっかけになればいいと思っています。よろしくお願いします。

若井:今年はi☆Risに会える機会がとにかく多いので、i☆Risのことがちょっと気になっているという人は、1回ライブに来ていただいたら、楽しい現場であることがわかっていただけると思います。待ってます!

茜屋:今言ってくれたように、会える機会がたくさんあります。次のシングルも発表されていたり、今年早速上海に行かせてもらったりと、エンジンがかかったぞ! という感じがしています。今まで応援してくださった方にはさらに新しいものをお届けしていけるように頑張りますし、この曲で知ってくれた方にも、ライブに行ってみたいと思ってもらえるような気持ちを届けていけたらいいなと思います、よろしくお願いします。

芹澤:i☆Risのことをなんとなく知っている人はたくさんいるかもしれませんが、やっぱり好きになってもらいたいな。愛しあいたい、好き好きしあいたい! ので、これをきっかけにi☆Risのことをいっぱい調べていただき、「好きになった」と感じてもらいたいです。そのきっかけに、ぜひ『Endless Notes』をゲットしてください♪

山北:今までi☆Risにオフラインだった人も、ぜひ今年はi☆Risに“オンライン”してください。

久保田:うまい! 電撃オンラインさんにかけたんだね。

山北:(笑)。

――ありがとうございました。

『グリムノーツ Repage』×i☆Risコラボ企画

 TVアニメ『グリムノーツ The Animation』でEDテーマを担当するi☆Risと、ゲームアプリ『グリムノーツ Repage』のTwitterコラボ企画が2月11日12:00~18日12:00に実施されます。

 期間内に対象のツイートが777RT達成すると、スペシャルコラボ待ち受け画像と『グリムノーツ Repage』で使用できるアイテム&ゲーム内スタンプを入手できる企画となっています。

 なお、詳細は公式サイトで確認できます。

ツアー情報

■“i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~”開催概要
【公演】全8会場16公演(全会場昼/夜2回公演)
【日程/会場】
●4月13日:埼玉県/三郷市文化会館
●4月21日:福岡県/Zepp Fukuoka
●5月4日:宮城県/日立システムズホール仙台 シアターホール
●5月6日:大阪府/Zepp Namba
●5月11日:愛知県/日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
●5月19日:北海道/Zepp Sapporo
●5月25日:神奈川県/関内ホール 大ホール
●6月1日:東京都/中野サンプラザ
【チケット】全席指定6,800円(税込)
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
※Zepp公演:ドリンク代別途500円あり
※枚数制限:4枚

(C)SQEX/GNA・TBS
(C)avex

データ

▼『Endless Notes』
■メーカー:DIVE II ENTERTAINMENT
■発売日:2019年2月13日
■価格:CD+DVD 1,944円(税込)/初回生産限定:グリムノーツ The Animation盤 1,404円(税込)/通常盤 1,296円(税込)
 
■『Endless Notes』CD+DVDの購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『Endless Notes』初回生産限定の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『Endless Notes』通常盤の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(Blu-ray)』
■発売日:2019年3月6日
■価格:初回生産限定盤 10,000円(税抜)/通常盤 8,000円(税抜)
 
■『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(Blu-ray)』初回生産限定盤の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(Blu-ray)』通常盤の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(DVD)』
■発売日:2019年3月6日
■価格:初回生産限定盤 8,500円(税抜)/通常盤 6,500円(税抜)
 
■『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(DVD)』初回生産限定盤の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~(DVD)』通常盤の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。