News

2019年2月22日(金)

『メギド72』ストーリープレイバック。ソロモンが一番「勝算がある!」と感じていたのは第3章!

文:まさん

 DeNAとメディア・ビジョンが共同開発し、DeNAから配信中のiOS/Android用アプリ『メギド72』。その魅力に迫っていく特別企画をメギド好きライター・まさんがお届けします。

 なおこの記事では、メインクエスト6章までの微量なネタバレを含みます。記事の内容については私の感想・解釈であり公式の見解ではありませんのでご注意ください。

『メギド72』

 皆さんこんにちは。ライターのまさんです。用語解説記事で好き勝手書いていたら、もっと『メギド72』のオススメ記事を書いていいと言われたので、喜び勇んでやってきました!

 と言っても、この記事を読んでいる人はすでにフォトンドリヴン世界救済RPG……じゃなくて、絶望を希望に変えるRPG(じつは、最近ストアでの表記がこっちに変わっています)『メギド72』をたっぷり遊んでいるはず。

 そうじゃなくてもクズが手に入るRPGだとか、推しがボコボコにされて心にグッとくるRPGだとか、まったく間違ってないんですけど、遊んでないと「何それ!?」となる魅力をファンから語られて困惑しながらも興味が沸いているんじゃないかと思います。

 というわけで、今回からはメインクエストに焦点を当てて本作の魅力を語っていきたいと思います。しかし、いざ書くとなると困ったぞ。ストーリーを掘り下げるにしても、何を掘り下げたらいいのやら……。

『メギド72』
『メギド72』

 そうだ。俺たちには“勝算”があるじゃないか! 『メギド72』と言えば、やはり勝算でしょう。そんなわけで、第1回のテーマ。それは“勝算”です! ゲーム中で「勝算がある!」と叫んだシナリオから、気になる部分をピックアップして語っていきたいと思います。ブネ、頼めるか。

ソロモンの口癖「勝算がある!」の意外な歴史! わりと勝算がない!

 いきなりですが私、記事を書いてくれと言われたあと、朝から1日かかってメインクエストを読み直して調べました。何をって? それはもちろん「勝算がある!」と叫ぶ回数ですよ!

 ゲームを知らない人には、何を言っているのかよくわからないと思うので説明しますが「勝算がある!」は、主人公であるソロモン王が頻繁に口にする言葉です。これが出ると(シナリオ的には)勝ち確定。

 ボコボコにされて、つらい情況で思いつく逆転の一手。そこでソロモン王が叫ぶ「勝算がある!」。BGMは『勝算の一手』に切り替わり、仲間たちとともに反撃だ! 『メギド72』完!

『メギド72』

 というカッコいい場面の決め台詞ですね。勝算があるステージの戦闘は手ごたえがあるので、プレイヤーは勝算よりも先に絶望を感じそうですが、ああでもないこうでもないと戦略を練ってボス戦に挑むのが楽しいんですよ。まあ、今回はシナリオの話なので、そこは置いといて……。

 とにかく、心が奮える場面で「これが来たら勝てる!」という水戸●門の印籠みたいな勝利のひと言なわけです。そこで、メインクエストでどれだけ「勝算がある!」と言ったのか調べてみました。6章が最新章なので、ネタバレ防止に5章までの結果だけを載せておきますが、意外な事実がわかりましたよ。それがコチラ。

【ソロモン王が直接「勝算がある!(勝算だ、俺の勝算か!なども含む)」と口にした回数】

第2話・3……初勝算
第15話・6……勝算がある
第19話・4……勝算がある
第23話・冒頭
第24話・冒頭
第24話・6
第24話・END
第33話・6
第39話・6
第42話・1
第46話・4
第48話・END

 メインクエストだと意外と言っていない! というよりも、ほぼ第3章に集中していることがわかります。イベントクエストでも言うので、ソロモン王は勝算あり過ぎるように感じていたのですが、じつはそうじゃなかった。

 さらに言えば、この「勝算がある!」を口癖にするまでの流れも、よく見ていくと興味深いことがわかります。まず、初勝算である第2話。ガープに対して大見得をきって「勝算ならあるっ!」と叫ぶところが、ソロモン王最初の勝算になります。

『メギド72』

 ここの時点で注目すべきなのは“ソロモンの指輪”だけを勝算の理由にしていること。序盤のソロモン王は、勝てる理由として仲間ではなく“ソロモンの指輪”だけをあげることが多いのです。

 初勝算からしばらくは「勝算がある!」と言い切らないのも、シナリオの上手いところ。本作は、第1章でこれでもかと痛めつけられる展開がありますが、それに呼応するように第6話や第9話では「勝算がない」という言葉がよく出ます。

 ないんですよ、勝算。メッチャない。実際、誰も救えない。負けに負け続ける展開はコンシューマーRPGの序盤のようです。これをよく、アプリでやったな~と感心するくらいなのですが、次に勝算を抱くのが第15話。

『メギド72』

 この勝算辺りから、少しずつ勝算が“ソロモンの指輪”だけではなくなってくるのです。キャラクターの成長に合わせて勝算の中身も変わってくるわけですね。やっぱり、よく出来てますよ『メギド72』のシナリオ。すき。

赤い月をめぐる攻防は勝算だらけ!

 というわけで、今回のプレイバックの本題がココ! もっとも「勝算があった」ストーリーである第3章。とくに24話近辺の話を掘り下げていきたいと思います。

 本作を遊んでいる人ならご存知だと思いますが、第3章は最初の盛り上がりとでもいうべき部分。『メギド72』第1部的なストーリーになっています。ハルマゲドンの原因となる赤い月をめぐってソロモン王陣営が活躍し、仲間たちとの絆も一気に深まるという展開です。

 ここでの勝算は、まず第19話。幻獣に対して「俺たちに勝算がある!」と言うシーンが存在しています。俺たちです。俺、ではありません。だいぶ仲間たちと打ち解けてきた証拠ですね。

『メギド72』

 ちなみに、自分はずっと第19話のボスを「マグ ママン」だと思っていました。何か母親的なママンなのかと思っていたところ、先日周囲から「マグマ マンで名前を切るのでは?」と言われて驚きましたね。マグママン。

『メギド72』

 話がヘンな方向にズレてしまいましたが、とにかくソロモン王の「勝算」を印象付けたのがこの章なんですよ。第22話では強敵エリダヌス(序盤の四天王みたいなもの)に対して勝算がないと自信をなくすソロモン。それに対し、シバの女王が「勝算はあるっ!」と言い放つ変則パターンも。

『メギド72』

 そして、ハルマゲドンを止める手段として第24話でソロモン王が取った意外過ぎる行動。それまで利害の一致で行動していた仲間たちが、本当にソロモン王を心から認めだす素晴らしい展開です。自分も好きなシーンの1つですね。

『メギド72』

 今回のテーマ上、勝算があるシーンのスクリーンショットばかりですが、ここまで「勝算がある!」とソロモンが言えるようになるまで見守ってきたプレイヤーとしては、感慨深い展開です。

 さらに、そこからアバドンを倒しにいくまでの流れもいいんですよね~。ずっと、腕(※)を落とさないイヤな機械のイメージがついていたのですが、久しぶりに第3章を読み返したら燃えましたよ!

※アバドンアーム:アバドンから手に入るアイテムで中々ドロップしない。初心者が★5、★6メギドを育成する際に困るポイントの1つ。

『メギド72』

 そりゃ、この決意のあとは「最後の戦いだ!」って思わず言っちゃう。少年漫画の第1部完みたいな熱い展開すぎますよ! ココで終わらなかったからこそ、今のメギドはメチャクチャ面白い展開になっているんですけど、もしココで終わっても納得するような熱さです。

 それから、じつは「勝算がある!」というセリフに関してもターニングポイントだったりします。苦難を乗り越えて第24話・ENDで出る勝算。よく読むと「ソロモンの指輪」だけではなく「仲間たち」をキッチリ勝算として数えています。仲間たちこそが勝算だと、ハッキリ口に出すのが第24話なのです。

『メギド72』

 『メギド72』のシナリオは、ストーリーの伏線がしっかり回収されていることや、敵味方の戦術に対する理屈付けを怠っていないことが魅力になっています。ですが、個人的にはこうしたキャラクターの成長に合わせてテキストをちゃんと書いているのが好きなんですよ。そういった細かい部分へのコダワリ。とても、素敵だと思いませんか?

そして「勝算がある!」は仲間たちへと伝染していく

 不死者が次々と登場し、未開の地を冒険して物語が大きく広がる第4章と5章。ここからは、もう1つのワード“多様性”もキーになってくるのですが、もちろん「勝算」もバッチリ言ってくれます。

『メギド72』

 じつは、ここからの章でおもしろいのは“不死者”たちが、よく勝算という言葉を口にするんですよ。とくに、第4章ではソロモン王よりも早く、第33話でパイモンのほうが先に勝算と言っているのがポイント。もしかしたら、ダムロック(ソロモン王の祖父)の口癖も「勝算がある!」だったのかもしれません。

『メギド72』
『メギド72』
▲第41話ではベリアルも「勝算」を口にしています。勝算ブーム。

 このシナリオで熱いのは第46話の勝算ですね。ここは実際に見てもらいたい名場面なのでネタバレは控えますが、ソロモンの指輪よりも“仲間”たちを勝算の理由としてあげています。両方ではなく、仲間に重きが置かれているんです。

『メギド72』

 絶対勝てるわ。こんなの負けるわけがない。ほかにも、第43話では「勝算がない」。第47話では「勝算があるとまでは言えない」など、第5章では勝算のバリエーションをソロモンが口走ったり、仲間たちからも勝算について言われたりと、完全に口癖として認識されている場面が目立ちます。とはいえ、やはり第46話の熱さには勝てません!

 そして、ラストは第48話の勝算。まさに第2部完といった急展開! というわけで、現在は第6章が進行しているわけですが、続きが待ち遠しくて仕方ありません。勝算的な意味でも早く続きが見たい!!

『メギド72』
▲最高にたぎる勝算の宣言。このあとの展開含めてシナリオの引っ張り方がズルい!

 ちなみに第6章では、ソロモン王以外にもさまざまな仲間たちが勝算を口にします。ソロモンの口癖が伝染している! ネタバレなのでスクリーンショットはやめておきますが、ここから“群像劇”としても、軍団と軍団のぶつかり合いとしても、どんどん魅力的になっていくんですよ。いや~大好きだわ『メギド72』。群像劇として本当におもしろい。

 よし、次回のストーリープレイバックのテーマは「群像劇としての『メギド72』(予定)」にしましょう! 群像的な名シーンを中心にメギドを語っちゃいますよ~。

 ただ、次のメインクエスト振り返りでは第6章にも触れたいので予習の時間を設けましょう! というわけで、次回はイベントクエストについて掘り下げていくつもりなので、よろしく! では、最後はいろいろな「勝算」のシーンでいったん筆をおきたいと思います。

『メギド72』
『メギド72』
『メギド72』
『メギド72』

※予定は予告なく変更になる可能性があります。
(C)DeNA Co., Ltd.

データ

▼『メギド72』
■メーカー:DeNA
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月7日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『メギド72』のダウンロードはこちら
▼『メギド72』
■メーカー:DeNA
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月7日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『メギド72』のダウンロードはこちら

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。