News

2019年2月16日(土)

『キャサリン・フルボディ』やり込みコンテンツ“バベル”を電撃PS攻略班が挑戦! アクシス・ムンディ編【電撃PS】

文:電撃PlayStation

 PS4/PS Vitaでアトラスより発売された『キャサリン・フルボディ』

『キャサリン・フルボディ』

 浮気をテーマに大人の恋愛を楽しめる本作ですが、もう1つの大きな魅力は本作独特のアクションパズル。なかでも“バベル”というモードは、本作のアクションパズル部分の魅力にフィーチャーしたもの。前作『キャサリン』から引き続き、プレイヤーに対し文字通り“遥か高くそびえる壁”として立ちふさがる、高難度コンテンツです。しかし、そのぶんやりごたえはバツグン!

 “頑張れば誰でもバベルをクリアできるはず!”をモットーに、これまでバベルに挑んできた編集部の迷える2人の羊人間たちは、いよいよ最終ステージ、アクシス・ムンディに挑戦です。超絶鬼畜難度をほこる女神の試練、2人はどのように挑むのか……。

『キャサリン・フルボディ』 『キャサリン・フルボディ』
▲編集者のような羊人間:8年前にバベルに挑戦し、そして挫折した羊。今回はまだ頑張ってる。▲ライターのような羊人間:『ペルソナ5』でアトラスのゲームに触れた羊。Cキャサリンが好き。

ライターのような羊人間(以下羊A):む、無理だ……。

編集者のような羊人間(以下羊B):お、アクシス・ムンディ?

羊A:はい。これどうやればクリアできるんでしょう?

羊B:美しく市松模様状に広がる石、一見すると蜘蛛の糸のようにか細く直線上に積み上がる石、そして要所で行く手を阻むブラックホールの石……。これまでに得た知識と技、すべてを使わなければたやすく詰んでしまう、まさに神域へと至るにふさわしい超難度だよね。

羊A:これまでのステージ以上にうまく石を崩して足場を固めたり、奥行きを意識して考えないと登れない、ってことまではなんとなくわかったんですけど、そうすると制限時間がけっこう厳しいんですよ。もっとコツを教えてください!

羊B:わからない。

羊A:えっ?

羊B:まだ、クリアできないの。

羊A:なんてこった、羊Bさんまでクリアできないなんて……。僕たちはここまでなのかッ! 僕と羊Bさん、せめて2人の知見をまとめることができれば……。

羊B:2人の……? そうか、それだ!

羊A:えっ、いやいや流石に無理でしょ。2人の知見をまとめるなんて。悪魔合体でもするつもりですか?

羊B:いや、そうじゃなくて。俺たちの力をあわせるんだ! ペアプレイでッ!

羊A:えーっ!?

⇒アルター編の記事はコチラ

⇒メンヒル編の記事はコチラ

⇒オベリスク編の記事はコチラ

アクシス・ムンディ ペアプレイ攻略のコツ

 アクシス・ムンディはシングルプレイだと超絶難度を誇りますが、ペアプレイになるとかなり難易度が下がります。ペアプレイに特有の注意点のみ気をつければ、メンヒルをクリアできるぐらいの腕前の方なら問題なく登れるでしょう。

 ということで、ここではペアプレイに関する注意点を。ペアプレイでは、1つのマスに対し1人しかいることができません。これはぶら下がり状態でも同様。そのため、お互いの位置を入れ替えたいと思ったときは、基本的には1人が足場の上に立ち、1人がぶら下がりを使うことになります。

 また、やりがちなのは、石を引いたときにぶら下がることで手前のマスに干渉し、手前のマスにいた人を追い落とすこと。追い落とされるとその段にはぶら下がれず、それ以下の石にぶら下がることになるため、致命傷になりかねません。

 このほかやりがちなのは、上にいるプレイヤーが登るために足場を作ることで、下にいるプレイヤーが登るためのルートを失ってしまうこと。上にいるプレイヤーは、下にいるプレイヤーが登るためのルートがあるかどうかを確認しながら道を作ることを意識しましょう。あるいは、ペアプレイなら2人ともドリンクを所持しているので、交互に使い合いながら進めていくのが◎。

 ペアプレイならではのテクニックとしては、2人同時に操作するため、柱が2つあっても“ヨサク”が可能です。また、状況が整っているとき限定ですが、“Aという石を動かしたら、それに関連してその他の落としたくない石群が落ちてしまう”というとき、どちらか1人がAを動かした後、すぐさまもう1人がAを動かすことで、その他の石群を落とすことなくAの石の位置を変えることも可能です。

羊A:でも、最後の最後でこんな搦め手を使っていいんでしょうか……。

羊B:うるさーい! いまさら後に引けんでしょ。ここまで来たんだからクリアしたいじゃない! 背に腹は代えられない。やるしかないでしょ!

※以下、タイムはインゲーム中に表示される時間を目安に記載しています。

 今回のプレイでは基本はタイムを意識せず、安全運転で上記の注意点を遵守し、なるべく常に広い足場を作れるように行動しています。ちょいちょい相手を落としている場面はありますが、そこはイージーミスなので、練習すれば回避できるようになるでしょう。

 一番の問題点は14:20ごろ、146段付近。石を不用意、かつゴッソリと落としすぎており、かなり危ういプレイになっています。もともと落とすつもりの石群でも、本当ならもっと上の方まで登り、石を少しでも足場に引き寄せて活用したほうがよいです。いつもと違うプレイに神経をすり減らしたためか、レベル9という表記に油断している感じがあります。

羊A:まさか本当にクリアできてしまうとは……。

羊B:いやホントにまさかだったね。

羊A:最後は若干裏ワザっぽい感じもありましたが、とりあえず、これでバベルは全ステージ制覇できた、ってことですよね。ヤッター!

羊B:でも、いつかは自力で……つまりシングルプレイでクリアしたいよね。それにほかのステージもタイムはまだまだ詰められそうだし。バベルの戦いはまだ始まったばかりなんだなぁ。

羊A:その通りですね。今回もたくさんのRTA(リアルタイムアタック)やTA(タイムアタック)走者が生まれるんでしょうね。そのプレイを参考に……いえ、走者の方が参考になるようなプレイを、自分も追い求めていきますよ! ちなみに、こう言ってはなんですが、羊Bさんとのペアプレイ、なかなか面白かったですよ。なんか、新しい絆の力が生まれそうです。

羊B:さっきから、ちょいちょいほかのアトラス作品にコスってる言い回し使ってくるね(笑)。でも俺も、羊Aさんのこと見直したわ。羊じゃなかったら好きになってたかも。

羊A:ウフフ……。

羊B:羊B:ウフフ…… 。

???:……おーい、おーい!

あーや:ハッ! ここは編集部! あれ? もしかして、寝てた?

おしょう:あーやくん、もう朝の打ち合わせ始まるよ。早く準備して!

あーや:そうだ……このバベルチャレンジ企画、最初からずっと俺1人でやってたんだった……。もちろんアクシス・ムンディも俺1人で……そうつまり、この動画は俺が1人で2つのコントローラを交互に持ち替えて撮ったもの……。

 ……全部、夢やったんや。羊Aも羊Bも、俺の想像上の存在やったんや……。

おしょう:あーやくん、早く!

あーや:はーい、今行きますー! というわけで、アクシス・ムンディ編の真のまとめです。クリアするだけなら、1人でペアプレイをしたほうが、シングルプレイよりも圧倒的にカンタンです! 「もう無理……だけどどうしてもクリアしたい!」って人は、コントローラがもう1つ必要になりますが、ぜひペアプレイでチャレンジしてみてください。バベル完全制覇後に流れるデモはある意味大どんでん返しの内容。ですよ! バベルって、本当にいいもんですね。それでは!

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

データ

▼『キャサリン・フルボディ(初回生産限定版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2019年2月14日
■希望小売価格:13,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『キャサリン・フルボディ(初回生産限定版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2019年2月14日
■希望小売価格:13,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『キャサリン・フルボディ』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2019年2月14日
■希望小売価格:7,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『キャサリン・フルボディ』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2019年2月14日
■希望小売価格:7,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『キャサリン・フルボディ(DL豪華版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■配信日:2019年2月14日
■価格:12,980円+税
▼『キャサリン・フルボディ(DL豪華版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2019年2月14日
■価格:12,980円+税
▼『キャサリン・フルボディ(ダウンロード版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■配信日:2019年2月14日
■価格:7,980円+税
▼『キャサリン・フルボディ(ダウンロード版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2019年2月14日
■価格:7,980円+税

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.673

    電撃PlayStation Vol.673表紙画像

    [ 4月号 ] 2019年2月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&特集】デビル メイ クライ 5
    【冊子付録】厳選PS4名作ラインナップ
    【毎号付録】デンプレコミック #27
    【Visual】コール・オブ・クトゥルフ
    【特集企画】Days Gone / ディビジョン2
    【POWER PUSH】SEKIRO / イースⅨ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】ウィザーズシンフォニー
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】ルルアのアトリエ
     LEFT ALIVE / スパロボT / DOA6
     LoveR(ラヴアール)/ WORK×WORK
     BLADE ARCUS Rebellion from Shining
     チョコボの不思議なダンジョン EB
    【BRAND NEW】鬼ノ哭ク邦 / グノーシア
     EDF:IRON RAIN / プロスピ2019
    【話題作】Anthem / 逆転裁判123 / KHⅢ
     キャサリン・フルボディ / Metro Exodus
     ファークライ ニュードーン
    【Online】バトオペ2/FFXIV/FFXI/PSO2
    【コード付録】キャサリン・フルボディ
     逆転裁判123 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら