News

2019年3月11日(月)

ブロックチェーンを活用したゲーム『Job Tribes』制作開始。『日本の給料&職業図鑑』が初のゲーム化

文:電撃オンライン

 Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.は、ブロックチェーンを活用したWEBゲーム『Job Tribes(ジョブ トライブス)』の開発を開始しました。体験版の配信は2019年夏ごろ、本格配信は2020年2月の予定です。

『Job Tribes(ジョブ トライブス)』

 『Job Tribes』は、複数のゲームタイトルプロジェクトとして進行予定で、第1弾は知力が試されコレクターの興味を駆り立てるカードバトルゲームが展開します。

 ブロックチェーン部分の技術開発は、テコテックが担当。制作陣は、ストーリー構成にヒットメーカーの樹林伸氏、キャラクターデザインに美樹本晴彦氏が参加します。

 本作は、Webニュースなどで話題となった給料と職業のまとめサイト“給料 BANK”の書籍版である『日本の給料&職業図鑑』をゲーム化したものです。弁護士や医師などといった定番の職業から、ユーチューバーやコスプレイヤーなどといった新しい職種まで幅広く取り上げている点が特徴です。

『Job Tribes』ストーリー

 場所は、職業によって“Business job”や“Freelance job”、“public job”など5つのジョブトライブに分かれ、覇権を競い合うファンタジー世界。

 主人公は“職を持たない”という特別な存在として、数多くの職業と出会い、仲間を見つけ、戦い、成長をしていきます。

ゲームの遊び方

 本作は、誰でも無料で楽しめるブロックチェーン“連動”ゲームです。ファンタジー世界に飛び込み、ストーリーやカードバトルを楽しめます。

 ゲーム中で出会う“職業カード”は世界のトップクリエイターたちが描き下ろしたもの。そのデザインが気に入ったら、JobTribesと1つの経済圏“DEAP”を構成するArtAuctionを訪れましょう。ArtAuctionでは、デジタル・アセット(アート)の真の所有権を手に入れることができます。

 ブロックチェーンにより管理されたデジタル・アセット(アート)は個人の資産として保護され、所有者はさまざまなメリットを享受します。

■デジタル・アセット(アート)の所有者が享受できるメリット
『Job Tribes』内での特別なエフェクトやサイドストーリーの享受
ゲーム外でのオーナーコミュニティへの参加 など

制作の背景

 “職業”はどの国、地域においても普遍的に通用するコンセプトです。『日本の給料&職業図鑑』は、日本だけでも2,000種類といわれる“職業”を、すでに800種類もキャラクター化し、書籍にまとめています。

 『Job Tribes』は、そのチャレンジをグローバルで展開し、世界中で親しまれ、進化・発展するコンテンツを目指しています。ゲームを通じて、世界中の人たちの職業における理解を深め、互いの“Job”に対してリスペクトを生む社会貢献の意義が本作の狙いの1つです。

(C)2018. Digital Entertainment Asset All rights reserved

データ

▼『Job Tribes(ジョブ トライブス)』
■メーカー:Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.
■対応端末:PC
■ジャンル:カードバトル
■配信日:2020年2月
■価格:無料

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。