News

2019年3月14日(木)

妹がかわいすぎて脳がトロけるのは仕方ない?! ねっとり気味の『LoveR』ロングレビュー【電撃PS】

文:カワチ

 ついに発売を迎えた角川ゲームスの新作恋愛シミュレーション『LoveR(ラヴアール)』。その詳細レビューを変態ライターのカワチがお届け! 数日前には彼によるプレイレポートが掲載されましたが、今回はシステム的なところでなく、彼がとくに魅力的に感じているところはどこなのか……といったところに注目してねっとりと語ってもらっています。

『ラヴアール』

 どうも! 『フォトカノ』『レコラヴ』の杉山イチロウさんの新作『LoveR(ラヴアール)』が発売されたと知り、しんぼうたまらくなってレビューすることになったカワチです!!

 本作はカメラが趣味の高校生になってヒロインたちと交流していく恋愛シミュレーションゲーム。女の子とは“スタックアップ会話”を行って仲良くなり、仲良くなることでさまざまなシチュエーションで写真撮影をすることが可能になります。

『ラヴアール』
▲自由時間中に学校を移動してヒロインとの会話を盛り上げていきます。
『ラヴアール』
▲ヒロインを被写体にカメラを動かして撮影していきます。

 この写真撮影が本当に楽ちぃ……。PSPの『フォトカノ』やPS Vitaの『レコラヴ』に比べてPS4の『LoveR』はグラフィックがマジで綺麗。ヒロインの表情や体のお肉といった部分が見事に再現されています。また、背景も美しくなっているのもポイント。「女体が取れれば背景なんてどうでもいいんじゃ!」と思う人もいるかもしれませんが、撮影をしているとヒロインと背景をセットにした凝った写真が撮りたくなってくるんですよ。そのため、背景も綺麗なほうがテンションも上がるんです。とくに噴水やプールなどの水の表現は『フォトカノ』『レコラヴ』とは段違いなので、ぜひ見比べてもらいたいです!

『ラヴアール』
▲この水着から透けているおへそにもこだわりを感じます!!!!

お兄ちゃんラブの優美菜がボクを狂わせる

 さらにもうひとつの魅力がヒロインたち。「も、もう我慢できない……と、撮るよ!」とリピドーが爆発すること間違いナシです! 中でも最高なのが妹の優美菜ちゃん! 『フォトカノ』『レコラヴ』にも破壊力バツグンの妹たちがいましたが、優美菜は輪をかけてヤバい。彼女はお兄ちゃん(つまりボクのことです)が大好きな女の子なのですが、初登場のときにバスタオル姿だったり、お兄ちゃんのためのサービスといってテニスウェアのスコートをたくし上げたりして、めちゃくちゃ誘惑してきます……。

 ほかのヒロインだったら「よっしゃラッキー!」で済んでしまうエピソードですが、やはり妹というフィルターがかかると「そ、そんなことしたらダメだよ……。で、でも……」という心の葛藤が生まれるんですよね。まさに禁断の果実。このゲームで性癖が変わってしまう、もしくは性癖に目覚めてしまう青少年たちがいると思うとおじさんは本当に心配になります……。ただ、優美菜は本当に可愛いため無理して欲望を抑えようとしたりせず、本能のままに“Just Do It”すればいいと思います! やるんだ!!

『ラヴアール』
▲バスタオル姿でバッタリ。妹ならでのは無防備姿……お兄ちゃんはお前が思っている以上にムラムラ……いや、ドキドキしているぞ!
『ラヴアール』
▲だから、そういうことをするのをやめなさい! ムラムラするから!!

 もちろん、優美菜以外にも素敵な女性がいっぱい。お嬢様や元気ッ娘、天然娘など多彩な属性のヒロインがいるのできっとお気に入りのヒロインが見つかるのではないかと思います!

 注目なのは姫乃樹凜世ちゃん。なんと彼女は初等部の女の子でJSです……。写真のモデルになってもらうゲームなので別にJSがヒロインでも問題ないと思うのですが、やはり背徳感に苛まれてしまいます。凜世ちゃんは主人公(ボクのことです)に対して厳しい女の子なので叱られてドキドキしてくるんですよね。もっと叱ってほしい……。

『ラヴアール』
▲もっとJSに蔑まれたい……。

「ナイスですね~」 ボイスで自分の気持ちも女の子の気持ちも盛り上げるべし!

 これ以上、ヒロインについて語ると自分の社会的立場にかかわってくるような気がしなくもないので、カメラ撮影“フォトセッション”についての話題に移りたいと思います!

 コントローラーをカメラのように使って自由なアングルで撮影できるため、かなり臨場感のある雰囲気を楽しむことができます! とくに“ヤバいな”と感じるのはマイクを使って女の子に呼びかけができること! 「かわいい!」「きれい!」と伝えると女の子の気分が盛り上がっていくのがリアル! 「こっち向いて」「笑って」とお願いすると実際に反応してくれるので本当にカメラマンになったかのような雰囲気に。ちなみに自分のようなおっさん世代だと思わず撮りながら「ナイスですね~」という言葉を発してしまうのですが、対応した言葉ではないので「聞き取れなかった」と返されてしまいます。それでもテンションが上がると思わず自然と「ナイスですね~」と声に出して言ってしまうのですが!

『ラヴアール』
▲マイクが無くてもコマンドを選択することでヒロインに声がけすることが可能。だけど、ここはやはりマイクで直接いきたいところ!
『ラヴアール』
▲ズームやフォーカスなど多彩な機能があるため、本格的な写真撮影が楽しめます。ちなみにこれはアップで撮った妹のワキです。
『ラヴアール』
▲ジャイロ操作でカメラを動かすため、臨場感があります。また、ジャイロモードとファインダーモードは切り替えが可能で、ファインダーモードなら手軽に撮影できます!

 さらにテンションのあがるポイントとして女の子は気分が盛り上がると「セクシーに!」といった要望にも応えてくれて恥ずかしながらもセクシーポーズを撮ってくれます。このときほど『LoveR』が発売されたことに感謝しながらシャッターを切ることはないですね。ありがとう、角川ゲームス。ありがとう……。

『ラヴアール』
▲恥ずかしがりながらも撮影に応じてくれるヒロインに大興奮。体中からいろんな汁をこぼしながら撮影してしまいます!

 ……と、いうことで刺さる人には本当に刺さる作品で、ピュアな少年たちが道を踏み外しかねない劇薬『LoveR』。ぜひ手に取ってみてください!

(C)2018 KADOKAWA GAMES

データ

▼『LoveR(ラヴアール)』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:SLG
■発売日:2019年3月14日
■希望小売価格:7,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『LoveR(ラヴアール)(ダウンロード版)』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:SLG
■配信日:2019年3月14日
■価格:6,926円+税

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.673

    電撃PlayStation Vol.673表紙画像

    [ 4月号 ] 2019年2月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&特集】デビル メイ クライ 5
    【冊子付録】厳選PS4名作ラインナップ
    【毎号付録】デンプレコミック #27
    【Visual】コール・オブ・クトゥルフ
    【特集企画】Days Gone / ディビジョン2
    【POWER PUSH】SEKIRO / イースⅨ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】ウィザーズシンフォニー
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】ルルアのアトリエ
     LEFT ALIVE / スパロボT / DOA6
     LoveR(ラヴアール)/ WORK×WORK
     BLADE ARCUS Rebellion from Shining
     チョコボの不思議なダンジョン EB
    【BRAND NEW】鬼ノ哭ク邦 / グノーシア
     EDF:IRON RAIN / プロスピ2019
    【話題作】Anthem / 逆転裁判123 / KHⅢ
     キャサリン・フルボディ / Metro Exodus
     ファークライ ニュードーン
    【Online】バトオペ2/FFXIV/FFXI/PSO2
    【コード付録】キャサリン・フルボディ
     逆転裁判123 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら