News

2019年4月12日(金)

田畑端氏率いるJP GAMES第1作『THE PEGASUS DREAM TOUR』発表。世界初のIPC公式パラリンピックゲーム

文:電撃オンライン

 国際パラリンピック委員会(IPC)は、世界初のIPC公式パラリンピックゲーム『THE PEGASUS DREAM TOUR(ザ ペガサス ドリーム ツアー)』の制作を発表しました。

『THE PEGASUS DREAM TOUR(ザ ペガサス ドリーム ツアー)』

 本作は、開催まであと約500日に迫る“東京2020パラリンピック競技大会”に向けて、パラリンピックスポーツのさらなる活性化と普及を目的としたタイトルです。

 制作は、元スクウェア・エニックス・グループで『ファイナルファンタジーXV』などのディレクターを務めた田畑端氏が2月に正式スタートしたJP GAMESが担当しており、2020年に全世界でローンチ予定です。

 本作は、ペガサスシティという仮想の街を舞台に、もう1つのパラリンピックを体験できる、まったく新しいスポーツロールプレイングゲームです。

 本来すべての人に眠っている特殊能力(エキストラパワー)を引き出し、ゲームならではのダイナミックな表現でパラリンピックが描かれます。スマートフォンをはじめ、さまざまな機器で楽しめる予定です。

IPC 会長:アンドリュー・パーソンズ(Andrew Parsons)氏からのコメント

 2020年東京パラリンピックに先立ち、私たちは世界中の若い観客を新たに獲得するための革新的な方法を探究したいと熱望しています。

 このゲームは、パラリンピックへの関心を高めるとともに、世界中の人々がより気軽にこの大会が持つ熱気や情熱、興奮を体験し、楽しめることに貢献してくれると私たちは確信しています。

 パラリンピックの競技は傑出したものであり、また、他の大会とは違い、障害を持つ人々に対する考え方を変革させることに貢献するものです。私もこのゲームをプレイしてみることを楽しみにしていますし、傑出したパラアスリートたちの能力がどのように表現されているのかを、とても楽しみにしています。

JP GAMES:田畑端氏からのコメント

 本作は純粋なスポーツゲームではありません。パラリンピックスポーツならではの魅力を、JP GAMESが得意とする新しいロールプレイングゲームとして最大限に描きます。

 このゲームを通じて、パラリンピックがスポーツとしてだけではなく、エンターテインメントとしてもさらに発展し、私たちの未来にとって、より価値のあるコンテンツになって欲しいと考えています。

(C)2019 JP GAMES, Inc. ALL RIGHTS RESERVED

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。