電撃ドットコム > 電撃オンライン > 『偽りの輪舞曲』特集ページ

今までにない戦術性を実現した本格シミュレーションRPGがDSに登場!『偽りの輪舞曲(ロンド)』

サクセスより8月9日発売となるDS用シミュレーションRPG『偽りの輪舞曲(ロンド)』。本作には、ストーリー分岐・マルチエンディング、さらに「ルートマニューバ・システム」や「LCポイント」といった今までにない新機能が多数搭載されている。ファンタジー世界を舞台に、亡国の王子“セルディック”の数奇な運命を描いた本作の魅力を以下で紹介!

  • 『偽りの輪舞曲』公式サイト
  • サクセス
  • 『偽りの輪舞曲』ファーストインプレッション
  • 『偽りの輪舞曲』ギャラリーページ
  • ストーリー
  • キャラクター
  • システム
  • ニュース

かつて聖剣の力をもって
闇の力から世界を救った聖騎士が 興した王国「ブレトワルダ」。

国王の葬儀の際、
封じられた闇の力を欲する「ブレトワルダ」の
宮廷魔術師“メフレイユ”の手引きにより、
隣国「グラン=メルー帝国」が侵攻を開始する。

帝国軍の前に、次々倒れていく王国の騎士たち。
「ブレトワルダ」の王子“セルディック”は、
わずかに生き残った騎士たちとともに王都を脱出する──

ページのトップに戻る

旅の途中で生まれる数々の出会い

  “セルディック”は、王国復興の旅のなかでさまざまな人々と出会っていく。ときに敵対し、ときに味方としてともに戦うこととなる彼ら。やがて世界の命運を大きく変えていくこととなる。

セルディック

セルディック

「ブレトワルダ王国」の王子。剣にも学問にも優れており、常に国のことを思っていることから、聖王の再来とまで言われる。聖剣「スプンタ」を手に、祖国の復興を目指す。その出生には秘密が……。

マリー

マリー

「ブレトワルダ王国」の王女。物静かだが芯の通った少女で、幼いころから「ヴェローナ神国」の修道院で育った。兄である“セルディック”のことを心から慕っている。

イグレイン

イグレイン

アンラ教団の少女。魔術について詳しかったり、妙に“セルディック”になついていたりと、不思議なところがある。“セルディック”が気になって王国軍に身を投じる。

ガウス

ガウス

「グラン=メルー帝国」皇帝。その剣をもって自らを立てた戦士でもあり、皇帝となったのちも戦場に出ることをやめない。政治的な理由から「ブレトワルダ王国」への侵攻には反対だったのだが……。

メフレイユ

メフレイユ

「ブレトワルダ」王国の宮廷魔術師。闇の教団出身で「ヴェローナ神国」、「ブレトワルダ王国」諸侯の非公式な異端狩りによって殺された親類、友人のかたきをとるために、王国に封じられた闇の力を求める。

アイギール

アイギール

“セルディック”たちが身を寄せることになる「ヴェローナ神国」およびヴェルン教団を束ねる教皇。14歳という幼さにもかかわらず、しっかりと教務をこなしている。

アンセム

アンセム

南方にある「シャレム連邦」の有力部族「ナ族」の首長の息子。他部族からの人望も厚く、いずれは連邦の未来を担うだろうと思われていた。帝国の侵攻後は、旧友“セルディック”とともに行動するようになる。

ルキア

ルキア

泥棒の女の子。泥棒といっても筋の通らない盗みはしないらしい。聖剣「スプンタ」が気に入ったようで、やたらと執着している。

ページのトップに戻る

無限の戦術が実現! 多彩な新システムを搭載

  移動と戦闘が同時に実行できる「ルートマニューバ・システム」や、戦場での目立ち具合をあらわす「LCポイント」など、『偽りの輪舞曲』には戦術の幅を大きく拡大させる新システムが多数搭載されている。ここでは、本作に用意されたシステムを紹介していく。

戦場を駆け抜けろ! 「ルートマニューバ・システム」

  「移動先を決めたあと攻撃対象を決定する」といった従来のシミュレーションRPGのシステムを、根幹から変える「ルートマニューバ・システム」。本作では、タッチペンで移動ルートを指定するだけで、進路上の敵ユニットを次々と攻撃していってくれるといった具合に、移動と戦闘が同時に実行される。このシステムによって、味方のスキルで回復しながら連続攻撃を行うといった戦い方も!

『偽りの輪舞曲』ルートマニューバ・システム『偽りの輪舞曲』ルートマニューバ・システム『偽りの輪舞曲』ルートマニューバ・システム

「ルートマニューバ・システム」は、タッチペンで移動ルートを指定できる。敵ユニットを通過すると戦闘が、未行動の味方ユニットの場合は回復などのスキル発動が行われる。その為、味方ユニットの行動順と行動後の位置が戦局を左右する。

陽動や隠密行動も思いのまま! 「LCポイント」

  戦場での目立ち具合をあらわす「LCポイント」。行動やアイテムなどによって増減し、「LCポイント」が高ければ敵の攻撃を受けやすくなる。これを利用すれば、「LC(Leading Character)ポイント」の高いキャラクターを正面に配置し、低いキャラクターで脇から攻めるといった、戦術も可能となる。

『偽りの輪舞曲』LCポイント『偽りの輪舞曲』LCポイント『偽りの輪舞曲』LCポイント

ステータスの左下に表示されているのが「LCポイント」。スキル(後述)で下げることができる。LCポイントが高いと狙われやすく敵が集中するが、経験値が多く入るなどのメリットもある。

待機ユニットにも脚光を!? 「パシリ・システム」

  出撃ユニット数の制限から待機となる裏方の存在をアピールする新システム。本作では、待機中のユニットにも「買出し」や「資金集め」、「修行」など、別の任務を与えることができる。

『偽りの輪舞曲』パシリ・システム:メニュー

裏方の存在をアピールする「パシリ・システム」。もう役立たずとは呼ばせない!

『偽りの輪舞曲』パシリ・システム:クエスト

クエストには、武具の強化や秘宝探しなど、さまざまなものを用意。適正を考えて派遣しよう。

『偽りの輪舞曲』パシリ・システム:修行

修行には、1つを極める「集中鍛錬」と全体を底上げする「総合学習」の2種類がある。

『偽りの輪舞曲』パシリ・システム:買い出し

消耗品や各種アイテムの売買などなど。地味だが、長い旅路には必要不可欠な任務だ。

『偽りの輪舞曲』パシリ・システム:試練の旅

レベルが