ソフトウェア 週間販売ランキング TOP20

集計期間:2017年8月7日~8月13日 アスキー総合研究所調べ 
※[初]のタイトルは集計期間中に発売されたものです。
先週 機種 タイトル メーカー 価格 発売日 販売本数
1 1
アイコン ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて スクウェア・エニックス 5,980円+税 17/07/29 129,406
2 △3
アイコン スプラトゥーン2 任天堂 5,980円+税 17/07/21 89,589
3
アイコン スナックワールド トレジャラーズ レベルファイブ 5,184円(税込) 17/08/10 85,205
4 ▼2
アイコン ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて スクウェア・エニックス 8,980円+税 17/07/29 84,025
5
アイコン ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン スクウェア・エニックス 7,800円+税 17/08/10 17,711
6 △7
アイコン マリオカート8 デラックス 任天堂 5,980円+税 17/04/28 15,911
7 ▼4
アイコン 大逆転裁判1&2 限定版 ‐成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟‐ カプコン 7,200円+税 17/08/03 11,680
8 ▼5
アイコン クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! SIE 4,900円+税 17/08/03 10,475
9 ▼6
アイコン レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 レベルファイブ 4,444円+税 17/07/20 9,306
10 ▼8
アイコン Hey! ピクミン 任天堂 4,980円+税 17/07/13 8,533
11 11
アイコン ARMS(アームズ) 任天堂 5,980円+税 17/06/16 6,917
12
アイコン ロックマン クラシックス コレクション 2 カプコン 2,990円+税 17/08/10 6,209
13 ▼10
アイコン すみっコぐらし ここ、どこなんです? 日本コロムビア 4,800円+税 17/07/20 5,689
14 ▼13
アイコン ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 任天堂 6,980円+税 17/03/03 5,611
15 ▼14
アイコン とびだせ どうぶつの森 amiibo+ 任天堂 2,916円(税込) 16/11/23 4,489
16 ▼15
アイコン ファイナルファンタジーXV スクウェア・エニックス 8,800円+税 16/11/29 4,356
17 ▼16
アイコン ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション X バンダイナムコエンターテインメント 5,700円+税 17/04/27 3,489
18 △24
アイコン 1-2-Switch 任天堂 5,980円+税 17/03/03 3,400
19 ▼17
アイコン スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS 任天堂 4,700円+税 16/12/01 3,206
20 20
アイコン マインクラフト: PlayStation 4 エディション SCE 2,400円+税 15/12/03 3,200
【全体概要】
 お盆休みの今週は3DS『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 』が3週連続でトップに立った。3週目の今週は4位のPS4版と合わせて推定21.3万本(内訳:3DS版……12.9本、PS4版……8.4万本)を販売。発売からの累計販売数を279.4万本(内訳:3DS版……156.7万本、PS4版……122.7万本)まで伸ばした。ちなみにPS2版『ドラゴンクエストVIII』とDS版『ドラゴンクエストIX』の3週目時点の販売実績はPS2版が290万本、DS版が319万本となっており、累計で338万本を売り上げたPS2版とほぼ同じような販売推移を辿っている。一方新作では『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』、『妖怪ウォッチ』に続くレベルファイブのクロスメディアタイトル、3DS『スナックワールド トレジャラーズ』が4位に顔を並べた。諸般の事情で発売日が7月13日から約1カ月延期された本作。販売実績は推定8.5万本、店頭消化率は55%前後となった。前記数字を高いと見るか低いと見るかは見解が分かれそうだが、過去のクロスメディアタイトルの初週実績を見るとDS『イナズマイレブン』が3.8万本(累計43.4万本)、PSP『ダンボール戦機』が16.7万本(累計36.5万本)、そして一大ムーブメントを巻き起こした3DS『妖怪ウォッチ』が5.4万本(累計128.6万本)と、どのタイトルも初動は決して大きな数字ではない。ただ、アニメや玩具といったクロスメディア展開によってその後、大きな波を作り出してきた。本作についてもアニメやマンガ連載、さらには玩具や業務用筐体といったクロスメディア展開が既にスタートしているが、これまでの作品同様、大きな波を作れるかどうか今後の動きに注目したい。この他新作では、人気ステルスアクション『ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン』(PS4/1.8万本)と『ロックマン クラシックス コレクション 2』(PS4/0.6万本)が上位にランクインしてきたが、それ以外は目立った動きもなく『スプラトゥーン2』(Switch/今週9.0万本/累計92.4万本)をはじめ、『マリオカート8 デラックス』(Switch/今週1.6万本/累計67.7万本)や『大逆転裁判2 ‐成歩堂龍ノ介の覺悟‐』(3DS/今週1.2万本/累計7.1万本)といった定番・キャラクラー作品が上位に顔を並べた。

機種アイコンについて
PlayStation 4 プレイステーション4 PlayStation 3 プレイステーション3 PlayStation 2 プレイステーション2 
PlayStation Vita プレイステーション ヴィータ PSP プレイステーション ポータブル PlayStation プレイステーション
Xbox One エックスボックス One Xbox 360 エックスボックス 360 Xbox エックスボックス Wii U ウィー ユー Wii ウィー
ニンテンドー3DS ニンテンドー3DS ニンテンドーDS ニンテンドーDS ゲームボーイアドバンス ゲームボーイアドバンス ゲームキューブ ゲームキューブ
ゲームボーイ ゲームボーイ NINTENDO64 ニンテンドウ64 ドリームキャスト ドリームキャスト ワンダースワン ワンダースワン ネオジオ ネオジオ


※表示されている価格はすべて税込みです。
※このソフト売り上げデータは、イトーヨーカドー、TSUTAYAをはじめとする量販店と、トップボーイ、わんぱくこぞうなどのゲーム専門店からなる全国3,000店舗のデータ協力店、及びコンビニエンスストアチェーン各社の売り上げデータを基に、アスキー総合研究所が独自に集計し、算出したものです。
このデータに関するお問い合わせは、アスキー・メディアワークス公式サイト「問い合わせ窓口」まで。