MSI、“GeForce GTX 1650 Ti Max-Q”&タッチ対応パネルを搭載した15.6インチノートPC発売

電撃オンライン
公開日時

 エムエスアイコンピュータージャパンは10月21日(木)より、最新の第11世代インテル Coreプロセッサーを搭載したシックなデザインの高性能・高機能ノートPC“Summit E15”シリーズにて、高性能グラフィックス“GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザイン”とタッチ機能対応液晶パネルを搭載したバリエーションモデル『Summit-E15-A11SCST-446JP』を発売します。

 また、発売に先立ち、10月14日(木)よりMSI公式オンラインショップ(以下、MSIストア)および各販売店にて予約受付を開始します。

 『Summit-E15-A11SCST-446JP』は、薄さ16.9mm・軽さ1.79kg、シックなデザインで持ち運びしやすい本体に、デスクトップPCレベルの高い処理性能を備えた高性能・高機能ノートPCです。

 CPUには最新の“Core i7-1185G7”、GPUには“GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザイン”を搭載。複数のアプリケーションを同時に使用するマルチタスクにも強いだけでなく、一般的なノートPCの最大約3.2倍の高いグラフィックス性能により、国内向けのオンラインゲームやサンドボックスゲームなど様々なジャンルのPCゲームをフルHD解像度の高画質でプレイすることが可能で、ビジネスからプライベートまで幅広く活躍します。

 また、ディスプレイには大画面で見やすくタッチ機能にも対応した15.6インチフルHD液晶パネルを搭載。従来のキーボード・マウス・タッチパッドによる操作に加え、指で直接画面に触れることで直感的な操作を可能にし、様々な作業を効率化することが可能となっています。

Summit-E15-A11SCST-446JPの主な特徴

●PCゲームもサクサク動く! 高性能グラフィックス搭載

 『Summit-E15-A11SCST-446JP』はグラフィックス機能として専用タイプの“GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザイン”を搭載しています。

 専用GPUを搭載することにより、一般的なノートPCに搭載されているCPU内蔵型GPUと比較して、最大約3.2倍の高いグラフィックス処理性能を実現。国内向けのオンラインゲームやサンドボックスゲームなど様々なジャンルのPCゲームをフルHD解像度の高画質で快適に楽しむことが可能です。

●薄型・軽量デザインとタッチ機能対応液晶パネル

 本体は薄さ16.9mm・軽さ1.79kgで、シックなインクブラックカラーと持ち運びしやすい薄型・軽量デザインを採用しています。加えて、ディスプレイには大画面で見やすく、タッチ機能にも対応した15.6インチフルHD液晶パネルを搭載。

 従来のキーボード・マウス・タッチパッドによる操作はもちろん、高速スクロールやピンチイン・ピンチアウト、スワイプなど、指で直接画面に触れ直感的かつ効率的に操作することが可能です。

●あらゆるビジネスツール・ソフトが高速・快適に動作!

 CPUには最新の“Core i7-1185G7”を搭載。加えて、高速な16GBメモリ・512GB SSD(M.2 NVMe)を標準搭載し、デスクトップPCレベルの高い処理性能と応答性を実現。メール・Webブラウザをはじめ、オフィスソフトやビデオ会議システムなど、ビジネスに必要なあらゆるツール・ソフトが高速・快適に動作します。

 また、複数のアプリケーションを同時に使用するマルチタスクでも高いパフォーマンスを発揮し、幅広い用途に対応することが可能です。



関連する記事一覧はこちら