『DQウォーク』イブールのこころは、回復力は高いけど欠点もあって…。どう使うべき?【電撃DQW日記#1087】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 新たな強敵の実装がうれしいレトロです。ゆきのじょおう、ジャミともにこころはSが4つそろい、累計討伐ポイント報酬もすべてもらっていたので、早く新たな強敵と戦いたかったんですよね。

 そんなわけで待望のイブール、なのです! 初日はそこまで戦えたわけではないのですが、なんとかグレードAのこころをゲット。というわけで、早々とこころの性能チェックとまいりましょう!

  • ▲はじめて倒した場所が表示されていない?

かいふく魔力は全こころのなかで1位!
ただし、ステータス面には欠点もアリ!?

イブールのこころの性能

・コスト92(緑)
・さいだいHP+61
・さいだいMP+66
・ちから+13
・みのまもり+35
・こうげき魔力+57
・かいふく魔力+113
・すばやさ+26
・きようさ+35

<特殊効果>
・こころ最大コスト+4
・スキルHP回復効果+7%
・魅了耐性+7%
・混乱耐性+7%
・メラ属性耐性+5%

 イブールのこころは、緑枠でコストは92とちょっとだけ控えめ。性能は回復に特化したもので、かいふく魔力+113は全こころのなかでナンバーワン! かいふく魔力を盛りたいなら、欠かせないこころといえるでしょう。特殊効果のスキルHP回復効果は+7%で、10%ではないのが少し残念ではありますが……。

 なお、かいふく魔力以外のステータスは微妙なものもあります。とくにすばやさの低さはボス戦などでは足を引っ張ることも。同じくすばやさの低いヘルクラウダーと組み合わせると、行動順はかなり遅くなるでしょう。開幕に“まもりのたて”を使うような戦いには向かないかもしれません。

 行動順が遅くなることで、逆にターンの最後に回復できることを戦略に組み込むなら、ヘルクラウダーとともに採用するのも手です。

 そのほかの特殊効果には魅了と混乱耐性、そしてメラ属性耐性があります。このあたりのスキルを使ってくるボスの実装フラグでしょうか。ミルドラース、かな?






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら