『れじぇくろ!』は誰が強い? 狙うべきおすすめSSRキャラは?

シュー
公開日時

 EXNOAの本格SRPG『れじぇくろ!~レジェンド・クローバー~』。この記事では、プレミアムガチャからオススメのキャラをピックアップして紹介いたします。

 ガチャでは有名な人物から神話の神様まで、さまざまなキャラが仲間になります。メイン、サポートキャラ合わせて60人以上いるなかからとくにオススメのキャラを紹介、解説していきます!

各ミッション達成で10連チャンスは多め!!

 10連回すには魔宝石が3000必要ですが、「フレンドを1人作ろう」や「サブクエストを○回クリアしよう」といった初心者用ミッションをクリアすると達成報酬で魔宝石がもらえるので比較的すぐに集まります。また一部の戦闘エリア内に存在する宝箱を開けても魔宝石が手に入るので、10連を回すチャンスは多いかと!

 さてガチャですが、本作にはメインとサポートキャラが存在し、最高レアリティであるSSRキャラはどちらのカテゴリにも存在します。バトルにおいて、主に操作するのはメインキャラであるため、ユニット数(2人1組の状態を指す)を増やすのであれば、メインキャラを目当てに引くのが望ましいですね。

 サポートキャラにはバトル中1度しか使えないものの、強力な効果があるスキルを持ちます。範囲内の味方全員を回復するものから敵へのステータスダウンの付与。特定のクラスに大ダメージを与えるものなど、強敵相手に輝くものばかり。メインキャラと組ませる必要こそありますが、メインキャラにはない個性を持つので戦力の底上げに欲しい存在です。

オススメのメインキャラ

 本作のバトル部分はかなり本格的なSRPGであるため、メインキャラはとにかくアタックが高いキャラ! という力押しだけではなかったりします。ここでは移動できる距離やタレントなど、使いやすさを重視したものを順に紹介していきます。

呂布/SSR/近距離

 メインキャラでも数少ない"エアリアル"タイプのキャラ。"エアリアル"はほとんどの地形効果を受けずに移動できるため、移動力5を存分に発揮できる強さを持ちます。

 さらに敵ユニットを倒した際に再行動できる"人馬一体の飛将"により、1ターンでの行動範囲の広さは間違いなくトップ! 最前線に出て戦うため被弾が多くなるものの、タレントにはダメージ耐性も付くため打たれ強さも完備。

 強化ボードを伸ばせばPスキル"グッドレスト"により、行動終了時にHPが回復するように。ダメージアップのスキルこそ少ないが、優れた移動力と打たれ強さは唯一無二の存在です。

アーサー/SSR/近距離

 戦闘前に与ダメージ上昇に加え、自身を中心とした範囲2マス以内全ての敵ユニットのアタックとディフェンスを下げる効果を持つタレント"騎士王の栄冠"がとても便利。最前線で戦うにうってつけのメインキャラ。切り込み隊長ならぬ切り込み王!

 強化ボードを進めれば、与えたダメージの数%分HPが回復するPスキルを取得。確率での回復ですが、前線でおとり役になるアーサーを長生きさせることができます。反面、前線に出したいものの移動力が3と平均的なので、移動力の上がるスキルや装備品などでカバーしてあげると使いやすさがグッと上がります。

ネロ/SSR/近距離

 移動力5を持つメインキャラ。特筆すべきは1マス移動につき、そのターンの戦闘時に自ユニットのダメージとディフェンスを上昇させられるタレント"暴君の祭宴"。移動力を活かしつつ、さらにステータスアップの効果も持つため突撃役に最適な存在。とくにディフェンスの補正が高いので、大きく後退した後の敵の追撃でも安心なのが良い点です。

ソロモン/SSR/遠距離

 マジックタイプのなかでも高い破壊力を持つのがソロモン。その理由がタレントの"強化魔術六十八・ヘルレス"で、自ユニットの魔法与ダメージ上昇効果があることです。このタレントはユニット全体に効果があるため、マジックタイプ同士で組んだ際の爆発力は近距離タイプ以上!

 この高いマジックダメージに加えて、初期スキルの"デスサイズ"が超強力! 敵のレジストを下げた上に1.7倍のダメージを与えるのですから、並のユニットじゃ一撃耐えられないこともしばしば。とくにHPの多い強敵に対して絶大な効果を発揮するでしょう。

マリー・アントワネット/SSR/遠距離

 貴重な回復特化キャラ。毎ターン"ヒールライト"で1ユニットを回復でき、さらにタレント効果で範囲内の味方全員を回復できるため、部隊全体の生存能力を大幅に強化できます。彼女自身には攻撃性能がほぼないため、メインキャラでありながらサポートのような扱いになります。

 取得するスキルも味方のステータスアップや弱化無効化と完全に支援性能。中級スキルボードでは3マス以内すべての味方を回復するスキルもあり、より回復に磨きがかかります。力押しで進められる序盤こそ必要性は薄いものの、敵の攻撃が激化してくるとありがたみを感じます!

弁慶/SR/近距離

 小さい体ながら防御性能に特化した不沈艦! 彼女の特徴はスキル"戦士の守り"による「ガード」にあります。この効果は弁慶を中心とした2マス以内にいる味方ユニットが敵から攻撃を受けた際、代わりに戦ってくれるというもの。つまりこの効果が発動している最中は弁慶がすべての攻撃を肩代わり&反撃してくれます。

 ディフェンスを上げるサポートスキルと組み合わせて"戦士の守り"を発動すれば、部隊全体の被ダメージを最小限におさえられるため安全にクエストを進められます。重要なのは「ガード」は敵ターンでのみ発動するので、スピードクリアが必要な場面では恩恵が薄め。メインキャラの移動力とのバランスも大事ですね。

沖田総司/SR/近距離

 戦闘が起こる度に自ユニットのアタックが最大3回まで上昇するタレント"天然理心流・無明"が強力。最大レベルだと3回目の戦闘でアタックが45%上昇するため、SRキャラながら破壊力は高め。さらにテクニックのステータスが高く、クリティカルも出やすいため通常攻撃でも思わぬ一撃を繰り出せるキャラです。

 一方で上昇するアタックに対して、ディフェンスが下がってしまう大きなデメリットを抱えます。この部分を手厚く保護してあげると使い勝手がグンと上がります。またレジストは低下しないため、マジックタイプの相手にはデメリットなしで切り込める強さも見逃せません。

菅原道真/SR/遠距離

 対集団戦に便利な存在が菅原道真。というのも彼女の取得するスキルは範囲内の敵全てにダメージを与えるもので、このスキルは戦闘が発生しないため敵から反撃を受けません。つまり敵が密集しているほど、1ターンで多数の敵を削れるのが強み。

 そしてタレントはダメージを与えたすべての敵に追加ダメージを与えるというもの。効果こそ地味ですが、上記のように範囲攻撃の敵が多いほど利点が大きく、後続の味方が敵ユニットを倒しやすくなります。単体の強敵相手よりも集団戦にはもってこいの存在です。

甘寧/R/近距離

 レアリティこそRですが、彼女にしかないユニークなスキルで選出しました。その実はタレント"遊侠者の仁義"により水中マス上において無類の強さを発揮する点。そしてスキル"アクアライド"により3ターン自身の通る地形すべてを水中マスとして扱える2点のシナジーが強力! つまり"アクアライド"中に限り、強力なステータス強化を受けながら戦えるキャラとなります。

 おまけに移動力5と動きやすく、地形効果を受けない"アクアライド"により縦横無尽にマップを駆ける存在です。強化ボードを進めると敵を自身の隣に引き寄せる"フックショット"を覚え、奥にいる強敵を無理やり自軍近くに寄せられます。移動力の低い味方にも役立つため、育てておいて損はないキャラです。

オススメのサポートキャラ

 サポートキャラはサポートスキルの個性の強さ、そしてメインキャラとのシナジーで選びました。バトル中、一度しか使えないスキルなので慎重に見極めたいところです。

シヴァ/SSR/遠距離

 敵ユニット1隊をスタンさせる"第三の目、開眼"が非常に強力。スタンしている敵は反撃してこないので、強敵相手に先陣を切って使うことで味方の被害を出さずに戦えます。おまけにランダムな弱化効果も付与するため、あとに続く味方のダメージアップも見込めます。

ジョカ/SSR/遠距離

 範囲内の敵すべてのディフェンス、レジストを低下させるデバフ系のキャラ。シンプルだが敵が密集していると効果も高く、味方も動きやすくなります。強敵の周辺には敵ユニットが配置されてることも多いので、強敵ごと巻き込めるチャンスも多かったですね。

アマテラス/SSR/近距離

 ジョカとは反対に範囲内の味方のアタックとディフェンスを上昇させるバフ系キャラ。ジョカとアマテラス2人のサポート効果を合わせれば、絶大な恩恵を受けられるため強敵相手でも余裕を持って戦えるようになります。

韋駄天/SR/近距離

 移動力が増加する貴重なサポートスキルを持つ韋駄天。おまけにアタックも上昇するため、誰よりも前線で戦いたいアーサーや、高い移動力を更に生かす呂布やネロと相性が良いですね。

九天玄女/SSR/近距離

 ソルジャー、ランサー、ライダー相手に対して与ダメージ上昇の効果を持ちます。一見すると地味ですが、最大で40%の与ダメージアップは他キャラにはない増加率! 与ダメージアップを持つアーサー、味方の代わりに反撃を行う弁慶。ディフェンスを犠牲にアタックを大幅上昇する沖田総司など、攻撃面をさらに加速させるキャラと相性良しです。

 以上がオススメのキャラになります! あくまで使い勝手の良いキャラなので、クエスト内容やプレイスタイルによって変わることもあると思います。そういう意味では、一番のオススメは愛着なのかもしれないですね……!!

©2021 EXNOA LLC / テクロス

関連する記事一覧はこちら