『シンクロ』はハクスラ要素もバッチリ! 目指すは黒を滅する最強の武器【電撃シンクロ日記#13】

アツゴロウ
公開日時

 セガのiOS/Android用RPG『シン・クロニクル(シンクロ)』のプレイ日記をお届けします。

 と、いうわけで日記を書かせていただきます、アツゴロウです。『シンクロ』のクローズドβテスト(CBT)はもうすぐ終わってしまいますが、いろいろと書きたい、語りたいことが多いこのタイトル。今回は武器について語りたいと思います。

 キャラクターの戦闘能力を左右する重要なアイテムである武器。本作では基本的にクエスト、すなわち‟奈落”を探索することで手に入ります。具体的にはフィールド上の宝箱を開けたり、敵を倒した際のドロップアイテムとして獲得する感じですね。

 武器の獲得はクエスト終了後、ほかの報酬と合わせてまとめて行われますが、そのときに武器の名前、レアリティ、グレードなどの要素が初めて明らかになります。

 武器の名前が同じでも、手に入れたものごとに性能は違っていて、よりよいものを求めて繰り返しプレイをし続ける……いわゆるハクスラ要素というやつです。これ、自分は大好物なんですよね~。

 武器の名前とレアリティは紐づいていますが、グレードが違えば性能も段違い。レアリティが★3の武器よりグレードの高い★2武器のほうが優秀、なんてことは珍しくありません。

 まあレアリティが高いと、武器に備わっている特殊効果=アビリティの数も多くなるので、高レアリティかつ高グレードの武器の入手を目指すのがベストですが。

 ただ、このアビリティも武器ごとに違う場合もあるわけで。‟第●階層特効”など本作ならではのものまであるし、最強武器を求める道は険しく遠い……だがそれがいい!

 また、本作にはさまざまな武器が登場します。CBTで確認してみたところ、武器には斬・突・打・射・魔の5属性があり、各属性ごとに2種類の計10種類存在。

 装備可能な武器はキャラクターごとに決まっているので、敵の弱点属性に合わせてパーティを組み替えるのが勝利のカギとなるでしょう。属性ごとに武器をそろえるのは大変ですが、そのぶんやりがいがありそうです!

 そうそう、武器の強化要素も見逃せないですね。強化はゴールド(お金)や蒼石、翠石などの特別な石を消費して行い、攻撃力を上げることができます。

 強化には段階があり、段階を進めるほど成功率が低下。自分も低い段階しか試さなかったせいかほぼ成功しましたが、のちのち確率は大幅に下がることでしょう。もしかしたら成功率を上げる触媒的なアイテムが出てくるかもしれませんね。

 武器は同じ種類のものを材料にすることで限界突破も可能。限界突破では強化段階の上限を上げたり、特別なアビリティを追加したりできます。

 強化も限界突破も、最強武器を手に入れるためには必須の要素。より性能の高い武器が手に入ったら、積極的に利用していきたいですね。

 ちなみにCBTでは、★3などのそこそこな性能の武器しか手に入りませんでした。これより高性能で、ビジュアルもカッコイイ武器はいくらでもあると思うので、ホント正式サービスが待ち遠しいです!

 それと武器所持枠が少なめなせいか、結構なひん度であふれた武器の分解をやった印象。たぶん正式サービス時には所持枠の初期値が増やされたり、枠の拡張ができるようになっていると思うので、そうなったらハクスラを心ゆくまま楽しみますよ!


©SEGA

関連する記事一覧はこちら