現代の“折りたたみケータイ”『Galaxy Z Flip3 5G』は何がスゴイのか?

澤田真一
公開日時

 Samsungのハイエンドスマホ『Galaxy Z Flip3 5G』が、10月から販売を開始しています。

 各テクノロジーメディアで取り上げられている『Galaxy Z Flip3 5G』ですが、人類の夢だった“折り畳めるスマホ”も技術的に成熟し、今や新しい段階へ踏み出しつつあるようです。

 今回は『Galaxy Z Flip3 5G』のサンプルが届きましたので、早速試してみましょう。

折り目を生かした画面2分割

 筆者がライターを始めた頃、“曲げられるディスプレイ”はまだ展示品段階のものでした。つまり製品展示イベントに出展はされているものの、まだ市販化できる段階ではなかったということです。

 それが店頭に並んで久しくなり、筆者は時代の流れをひしひしと感じています。

 『Galaxy Z Flip3 5G』の6.7インチディスプレイを間近で確認すると、折り目の部分はやはり“折り目”。完全な平面とは行きません。画面の中央を、僅かですがはっきりとした凹みが走っているという感じです。

 しかし、『Galaxy Z Flip3 5G』はそれを逆手に取っています。動画視聴の際、折り目を境に画面を2分割する機能を搭載。スマホスタンド不要で動画を楽しむことができます。これは便利だ!

 もちろん、この製品は横置きの動画視聴にも対応します。半開きの状態で机に置くことも可能です。

日本版ではおサイフケータイが!

 さて、今回お借りしたサンプルはもちろん日本版の製品。これはヒンジ部分に“Galaxy”と刻印されているのが特徴です。他の地域の『Galaxy Z Flip3 5G』では、ここが“Samsung”になっています。

 そして、日本版『Galaxy Z Flip3 5G』はおサイフケータイ即ちFeliCa搭載機種です。FeliCaは日本独自のNFC規格ですが、それ故に国際的に人気の高い機種でも“FeliCa搭載の有無”という壁に突き当たってしまうことがよくあります。現に、今までの『Galaxy Z』シリーズではFeliCaが見送られてきました。

 『Galaxy Z Flip3 5G』は、日本人の念願がようやく叶った折り畳みスマホと言えます。そして“折り畳み”と“おサイフケータイ”の両輪は、かつて日本が世界最先端の携帯電話先進国だった頃の記憶を思い出させてくれるようです。

カバーディスプレイでらくらくセルフィー

 2000年代の日本メーカーの携帯電話は、世界のトップに君臨していました。

 音楽視聴、インターネット、そしてキャッシュレス決済。国外最大手の携帯電話メーカーが検討していることは、既に日本で実現されていると言われていたのが2000年代です。折り畳み設計の機種には、時代の最先端が詰まっていました。

 時刻やメール着信等は、本体外側のカバーディスプレイに表示されます。現在時を確認するくらいなら、わざわざ携帯電話のメインディスプレイを見る必要はありませんでした。『Galaxy Z Flip3 5G』もそれと同様の設計で、プッシュ通知もカバーディスプレイに表示されます。

 そしてこのカバーディスプレイを使い、手軽なセルフィー撮影を行うこともできます。カバーディスプレイに画像を反映させるという仕組みです。

 『Galaxy Z Flip3 5G』は、かつての日本製携帯電話の使い勝手と最新のスマホが融合した製品と表現することができます。

NTTドコモとauで販売中

 そんな『Galaxy Z Flip3 5G』ですが、日本ではNTTドコモとauから発売されています。

 auでの現金販売価格及び割賦販売価格は14万8,925円。NTTドコモでの一括払い価格は14万8,896円です。両社とも、既に『Galaxy Z Flip3 5G』の予約受付を実施しています。

関連する記事一覧はこちら