『DQウォーク』おさらい冒険記5:家具やフィギュアで自宅をカスタマイズ!【電撃DQW日記番外編】

電撃オンライン
公開日時

 スクウェア・エニックスが2019年配信予定のiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』で、“おさらい冒険記 第5回:家に帰るまでが冒険です、自宅機能編”が公開されました。

 本作は、『ドラゴンクエスト』の世界と化した現実世界をプレイヤー自らが主人公となって歩き、冒険を進めていく新しい体験ができるRPG。フィールドを歩いて、町の人の話を聞きながらクエストを進めていきます。

 本記事では、6月に行われたβ版体験会に参加してプレイ日記を書いたライターのシューのコメントとあわせて、冒険に出かけるために必要なことについて紹介していきます!

おさらい冒険記 第5回:家に帰るまでが冒険です、自宅機能編

 ゲーム内に建てることのできる“自宅”機能について紹介。自宅は冒険を進めることでメニューから建てられるようになります。

 自宅を建てる場所はクエスト同様、実際の地図上から選ぶことができます。公開する位置はぼかすこともできるので安心です。


 冒険することで手に入る家具やフィギュアで自分好みの部屋にカスタマイズしましょう。



 冒険を終えて自宅に帰ると、その日の冒険の結果に応じた“おでかけボーナス”を入手できます。なお、ランクが上がると自宅に変化が……!?

 フィールド上にある他の冒険者の家にも入ることが可能です。訪れることでアイテムが獲得できることもあります。


 家具の組み合わせ次第でさまざまな家が作れます。


ライター・シューの感想とβ版体験会の思い出

 自宅の家具の配置、いわゆるハウジングは何故か結構ハマってしまう要素。ゲーム内でも生活感を優先する人がいたり、ゲームだからこそ笑わせてくれる作りをしていたりと、個性がでるのがおもしろいところだと思います。

 ちなみに僕はネタに走るタイプ。β版体験会では、ゴーレムの置物が大型で目立っていたので、あえて部屋のど真ん中に配置して、訪問者を迎える形にしていました。

 その他にもおでかけランクが上がるにつれて、家が広くなるし、いろいろな家具や置物を入手できました。どのゲームでも“どれくらい頑張ったのか”が数字で現れるのって、達成感あって嬉しいものです。

 外でのレベルアップや帰宅した時のおでかけランクのアップがあるからこそ、帰った後でも本作の楽しさが感じられるところがグッド!

 また、前回紹介したご当地クエストやランドマーク要素から、ご当地家具のようなものもあるんじゃないかと期待しちゃいます!

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※画面はすべて開発中のものです。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金