鬼殺隊の入隊試験“最終選別”が始まる。『鬼滅の刃』1期再放送4話

電撃オンライン
公開日時

 TOKYO MXにて10月25日(月)19:00より放送される、TVアニメ『鬼滅の刃』“竈門炭治郎 立志編”再放送の第4話“最終選別”のあらすじを紹介します。

 錆兎と真菰の助けもあり、岩を切ることができた炭治郎は、鬼殺隊の入隊試験“最終選別”へ向かいます。

 最終選別の合格条件は、鬼たちが閉じ込められている藤襲山で七日間生き延びること。

 鬼との戦いの中で、鍛錬の成果を実感する炭治郎でしたが、それもつかの間、他の参加者の悲鳴と共に、試験会場にいるはずのない異形の鬼が姿を現します……。

 炭治郎が水の呼吸を会得したことにより、和風のエフェクトが格好いい、『鬼滅の刃』特有のバトルシーンが本格的に描かれるようになる点にも注目です。

第4話“最終選別”あらすじ

 最終選別の合格条件は、鬼殺の剣士が捕らえた鬼たちが閉じ込められている藤襲山で七日間生き延びるということ。若き剣士と鬼の生き残りをかけた戦いが始まる。

 炭治郎は、鱗滝左近次のもとで身につけた呼吸法と型で着実に鬼を斬っていく。二年にわたる鍛錬は無駄ではなかった。

 しかし、そんな炭治郎の前に、藤襲山にはいるはずのない異形の鬼が現れる―。





©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

関連する記事一覧はこちら