掘り進むの、クセになる。『ミスタードリラーアンコール』はシリーズ初心者にこそ遊んでほしい良作

Ak
公開日時

 11月4日にPS5/PS4/Xbox One/Xbox Series X|Sで発売された『ミスタードリラーアンコール』のレビュー記事をお届けします。 なお、Nintendo Switch/PC(STEAM)版も発売中です。

 本作は、2002年にゲームキューブで発売された『ミスタードリラー ドリルランド』を元に開発された作品です。 現行機向けに高画質化されたのはもちろん、最大4人までの対戦プレイや初心者向けのカジュアルコースの搭載などの要素が追加されています。

■Nintendo Switch版

■PS4版

アクション+落ちものパズルで生まれたのは中毒性の高さ!

 まずは『ミスタードリラー』って何? という人に向けて、シリーズそのものの魅力について説明をしていきます。

 『ミスタードリラー』は、1999年にアーケードで第1作がリリースされたアクションパズルゲーム。ゴールを目指して地面を掘り進むというアクションと、同色のブロックを4つつなげると消える落ちモノパズル要素がバランスよく融合して、独特のゲーム性を生んでいます。

 自分の『ミスタードリラー』の経験といえば、ゲームボーイアドバンスの『ミスタードリラー2』が最後。約20年ほどのブランクがやや不安でしたが、プレイするとすぐに感覚を取り戻せました!

 基本的な難易度は決して低いとは言えませんが、直感的でわかりやすいゲーム性でとっかかりは非常に良いです。筆者のように昔プレイした人はもちろん、シリーズ初体験の人もすぐに馴染めるかと思います。

 ランダム性のあるほどよいパズル要素と、エア(酸素)をこまめにとらないと酸欠になる緊張感のおかげで飽きがこなくて長時間プレイも楽しい!

 地面を掘り進むサクサク感が最大の魅力ですが、自分の頭上のブロックを掘るのも気持ちよくて、とくに必要ない場面でもつい掘ってしまうんですよね~。

飽きさせない秘密は多彩なゲームモード!

 本作の舞台は巨大なテーマパーク“ドリルランド”! テーマパークらしく、アトラクションをモチーフにしたゲームモードが多数楽しめます。

 “ワールドドリルツアー”は、『ミスタードリラー』本来のオーソドックスなルールで遊べるアトラクションです。

 レベル1では横が7列で難易度も低いため、初心者にも安心。シリーズファンが勘を取り戻したいときに最初にプレイするのにも向いていますね。

 ほかのゲームモードはキャラクターが固定ですが、“ワールドドリルツアー”は複数のキャラクターから操作キャラクターを選択可能。個人的には、初心者には一度倒れても復活できる“ホリンガーZ”が、上級者には足の速いホリ・アタルがオススメです。

 『ドルアーガの塔』をモチーフにしたアトラクション“ドルアーガの穴”はバトル要素のあるゲームモードです。道中で拾える“ドリストーン”の効果を生かし、スライムなどの敵を倒しながら深層を目指します。

 入手したドリストーンをどう使うかといったやりくりや敵との戦闘そのものが楽しく、RPGが好きでよく遊んでいる人はめちゃくちゃハマるような気がします。



 ほかにも、ゴーストを倒して“ドリスタル”を集めるホラーテイストの“ホラーナイトハウス”、ランダム性の強い“スタードリラー”、ワナをかいくぐる探検要素の強い“ドリンディアドベンチャー”など、多彩なゲームモードが存在します。

 基本ルールは共通しているのでそれぞれのルールを直感的に理解しやすい。それでいてどれも異なる魅力が楽しめます。気分に合わせてゲームモードを変えられるので、本当に飽きがこない、プレイバリューの高さがうれしいですね。

 なお、シリーズ作品でいう“アーケードモード”にあたるゲームモードは搭載されていません。基本に近いゲームルールで遊びたい場合は、“ワールドドリルツアー”や“スタードリラー”を選ぶといいでしょう。

 また『アンコール』での追加要素として、難しいと感じたらカジュアルモードに切り替えることも可能となっています。エアの減りが遅くなり、アイテムを多く取得できるようになるので、よりサクッと遊びたい時に最適。とくにデメリットなどもありません!

 逆に、緊張感が薄れてしまうところはありますので、慣れてきたてさらにやり応えがほしい! という時には、クラシックモードに切り替えるのがオススメです。

収集要素も豊富でプレイのモチベーションを保ちやすい!

 アトラクションを遊ぶとたまるポイントは、コレクションカードやグッズと交換できます。

 収集要素はシンプルですが、種類が豊富で集めるのが楽しい! 集めたアイテムを鑑賞する機能もあります。

 また、ポイントで各アトラクションのお助けアイテムを購入することも可能です。

 バリアを張ったり、移動スピードを速めたりできるのでアトラクションが難しいと感じたら利用するのもアリ! カジュアルモードとの併用もできるので、パズルやアクションに慣れていない人でも安心です。

 また、コントローラーを持ち寄っての多人数対戦が可能です! 通常のルールと似た感覚で掘り進む速度を競う“レースモード”のほか、同じ画面でメダルの早掘り競争を行う“バトルモード”が存在。さらに、本作からオンライン対戦モードが追加され、世界中の“ドリラー”たちと競い合えます。

 『ミスタードリラー』としての魅力をしっかり保ちながら、多彩なゲームモードのおかげで長時間楽しめるようになっている本作。1人でじっくり楽しめるほか、多人数対戦が追加されたのでパーティゲームとしても楽しめます。

 シリーズが初めてという人はもちろん、久しぶりに『ミスタードリラー』に触れてみたいという人にもオススメできる作品です。本作でしか味わえない、地面を掘り進む爽快感を味わってみてください!

■Nintendo Switch版

■PS4版

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連する記事一覧はこちら