アニメ『ドルフロ』放送時期が決定!

電撃オンライン
公開日時

 TVアニメ『ドールズフロントライン』の放送開始が2022年1月に決定したことが発表されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

2022年1月より全世界配信&国内TV放送開始決定! 第2弾KV、第2弾PVを発表!追加キャラクター&キャスト6人の情報を解禁! エンディングテーマはTEAM SHACHI「HORIZON」に決定!

 中国大陸、日本を含め世界で展開中の大人気ゲーム『ドールズフロントライン』のゲームの開発/運営会社である中国SUNBORN Networkと、米国に本社を持つワーナー ブラザース ジャパンの共同プロジェクトとして、2021年1月にアニメ化が発表された『ドールズフロントライン』ですが、この度アニメ『ドールズフロントライン』の配信/放送展開時期が決定、および新PVやキャラクターなどが解禁となりましたのでご案内いたします。

 アニメ『ドールズフロントライン』は2022年1月より全世界配信ならびに国内TV放送での展開予定です。

 あわせて、作品の物語にフォーカスを当てた第2弾KVと、第2弾PVが公開となりました!

 このキービジュアルでは、AR小隊の4人に加えて、民間軍事会社「グリフィン&クルーガー」より新米指揮官・ジャンシアーヌと後方幕僚・カリーナ、そして「鉄血工造」の戦術人形であるエージェント、スケアクロウ、エクスキューショナーの5人が描かれています。

 また、PVではジャンシアーヌとカリーナのアニメ映像が初解禁となったほか、そのキャラクターボイスも聴くことができます。

 それぞれのキャラクターの声を務めるキャスト情報も解禁となり、ジャンシアーヌを小松未可子さん、カリーナを東山奈央さん、エージェントを生天目仁美さん、スケアクロウを奥野香耶さん、エクスキューショナーを伊藤静さん、クルーガーを大塚明夫さんが演じます。ジャンシアーヌ役の小松未可子さん、カリーナ役の東山奈央さんからはキャストコメントも到着しています。

 さらに、本作のエンディングテーマが、TEAM SHACHIによる「HORIZON」に決定!

 アーティスト情報、楽曲情報に加え、第2弾PVではその音源が使用されています。TEAM SHACHIからはアーティストコメントも到着しました。

第2弾キービジュアル

 今回公開されたビジュアルでは、AR小隊の4人にジャンシアーヌ、カリーナの2人を加えた民間軍事会社「グリフィン&クルーガー」に所属するキャラクターと、「鉄血工造」の3人が描かれており、アニメ本編で描かれる闘いや対立を彷彿とさせるイラストとなっています。

 最前線にいるのは、作戦行動中なAR小隊のM4A1、M16A1、ST AR-15、M4 SOPMOD II。その後ろでは、「グリフィン&クルーガー」の新米指揮官・ジャンシアーヌ、後方幕僚・カリーナが左右から4人を見つめます。最後部には「鉄血工造」の戦術人形である、エージェント、スケアクロウ、エクスキューショナーがおり、不敵な笑みを浮かべています。

 作中の雰囲気を感じ取ることができるキービジュアルに仕上がっています。

第2弾PV

 作品の物語にフォーカスを当てた第2弾PVも解禁!今回のPVでは、新たに解禁となった新米指揮官・ジャンシアーヌ(cv.小松未可子)と後方幕僚・カリーナ(cv.東山奈央)も登場し、初解禁となるそのボイスも聴くことができます。

 映像は指揮官を求めるM4A1と、ジャンシアーヌが配属されてやって来るシーンから始まります。その後、「私は、あの子たちを死なせたくはないの」というジャンシアーヌの印象的なセリフが入ると、TEAM SHACHIによる本作のエンディングテーマ「HORIZON」のメロディが流れ出します。

 アーティスト情報、楽曲情報に加え、音源が解禁となり、そのリズミカルで気持ちが高揚する曲にのせて、グリフィン&クルーガー、鉄血工造それぞれのキャラクターたちが新規公開となった映像で展開されていきます。

追加キャラクタービジュアル&プロフィール

ジャンシアーヌ<CV.小松未可子>

 民間軍事会社「グリフィン」前線司令部に配属されてきた若き新人指揮官。経験は浅いものの、戦場での状況判断能力は高く、戦術人形からは信頼を寄せられている。

 自身も戦術人形たちのことを大切に思っていて、任務中に彼女たちが全損するような無茶な指示は出さない。

カリーナ<CV.東山奈央>

 民間軍事会社「グリフィン」前線司令部の後方幕僚で、主な任務は補給物資の調達。しかし、慢性的な人員不足の影響で、雑務や秘書役もこなし、ジャンシアーヌのことをサポートする。少々がさつでお金にシビアな一面も。

エージェント<CV.生天目仁美>

 軍需企業「鉄血工造」が作り出した戦術人形で、高い戦闘力を誇る“ハイエンドモデル”のうちの1体。人類に反旗を翻した「鉄血工造」の上位に位置し、組織の戦術人形たちの指揮を執る。

 冷静沈着な性格で、決して羽目を外すことはない。敵味方関係なく敬語を使うが、大半の存在は見下しており、特にグリフィンを目の敵にしている。

スケアクロウ<CV.奥野香耶>

 軍需企業「鉄血工造」が作り出した戦術人形で、高い戦闘力を誇る“ハイエンドモデル”の1体。組織の中では情報の収集と分析が得意で、職務を忠実に遂行する。

 性格は冷徹かつ毒舌で、感性というものを見下している。そのため、人間に忠実な「グリフィン」所属の戦術人形に対して優越感を抱いている。

エクスキューショナー<CV.伊藤静>

 軍需企業「鉄血工造」が作り出した戦術人形で、高い戦闘力を誇る“ハイエンドモデル”のうちの1体。部隊では斥候や直接戦闘役を務める。衝動的で大雑把な性格で一人称は「オレ」。

 正々堂々とした闘いを好み、弱いものいじめを嫌う。作戦でコンビを組むことが多いスケアクロウとは仲がいい。

クルーガー<CV.大塚明夫>

 民間軍事会社「グリフィン」の社長。現役時代は軍の上層部からも一目置かれる存在であり、退役後に「グリフィン」を設立した。

 大手企業I.O.P.社の最新研究機関16LABのAR小隊を自社へと引き入れるなど、経営者としても優れた手腕を持つ。フルネームはべレゾヴィッチ・クルーガー。

追加キャストコメント

ジャンシアーヌ役・小松未可子さま

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

 銃の名を付けられた戦術人形達。見た目はとても可愛らしく、愛らしい彼女たちですが、その戦いへの想いは様々です。何のために戦うのか。同志達に何を思うのか。

 壮絶な戦闘の中に起こる人形たちのドラマを指揮官として見届けさせて頂きました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

 ジャンシアーヌは、登場シーンこそとても不敵な印象だったのですが、冷静でありながらも心に熱いものを携えた人だなと感じました。

 人形達との接し方や戦術に、彼女の想いがすべて詰め込まれています。

 彼女と共に闘い、悩み、前を向き、精一杯務めさせて頂きました!

 是非オンエアを楽しみにしていてください。

カリーナ役・東山奈央さま

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

 「ドールズフロントライン」とは長いお付き合いになりますが、今回の作品は今までの中でもっとも硬派でスタイリッシュな作品だと感じました。

 オープニング曲が流れる瞬間から、作品の世界にグッと惹きこまれます。戦術人形たちの、可憐ながらもプロフェッショナルな姿をご覧いただけたら幸いです!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

 カリーナは、ジャンシアーヌのサポートとして優秀な一面を見せてくれます。緊張の糸が張った仕事場でも、ユーモアのある明るい雰囲気は健在です。

 ただ……戦術人形の生き死にについては、意外にもカラッとしているところがあります。それがこの世界のスタンダードなのだと頭では分かっていても、私としてはお芝居に落とし込むのに一苦労でした。

 それぞれの立場がくっきりと見えてくるのも興味深くて、ドルフロの世界の奥行きを感じられるアフレコでした。

エンディングテーマ情報

TEAM SHACHI「HORIZON」(Warner Music Japan)

アーティストプロフィール

 スターダストプロモーション内スターダストプラネット所属。愛知県出身の秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈 からなる名古屋発ラウドポップユニット。前身グループである「チームしゃちほこ」から2018年10月23日に改名。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」を掲げ、Zepp Nagoyaにてフリーライブを敢行しライブデビュー。2019年2月にリリースした初のミニアルバム『TEAM SHACHI』はオリコンウィークリーチャートで初登場5位を記録!コメダ珈琲店、中日新聞社、名古屋港水族館への広告起用やドラマや舞台への出演など全速前進でその勢いを加速させている。SUMMER SONICを始め、各地の大型フェスにも参戦しラウドでポップなサウンドと6人のブラス民をフィーチャーしたバンドサウンドでシーンを席巻する。2019年10月2日には自身初となるシングルをリリースしオリコン初登場3位を記録!ロックマンとのコラボゲームが話題を集めた。2020年7月28日に実施したグループ初となる無観客配信ライブは5万5千人視聴を記録。2022年2月16日にはグループとして改名後初のアルバムとなる待望の1st Album「TEAM」のリリースが決定。

アーティストコメント

 この度、TEAM SHACHIがアニメ「ドールズフロントライン」のエンディングテーマを担当させて頂くことになりました。

 世界観の強いゲーム・アニメ。だからこそ、初めてこのお話を頂いた時、ドールズフロントラインの雰囲気がTEAM SHACHIの楽曲に新しい風を持ってきてくれる!というワクワクと同時に、作品ファンの皆さんにがっかりしてほしくない、認めてもらいたい!という良い意味でのプレッシャーが湧いてきました。

 作品と共に愛される曲になったら嬉しいです♪
(TEAM SHACHI 秋本帆華)

©SUNBORN Network Technology, Mica Team / GRIFFIN & KRYUGER

関連する記事一覧はこちら