プロジェクトEGGで『反生命戦機アンドロギュヌス(MSX2・Windows10対応版)』が配信開始

電撃オンライン
公開日時

 D4エンタープライズのレトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”で、10月26日に『反生命戦機アンドロギュヌス(MSX2・Windows10対応版)』が配信開始されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』2021年10月26日に『反生命戦機アンドロギュヌス(MSX2・Windows10対応版)』をリリース

 2021年10月26日、レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっている株式会社D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、新規コンテンツ『反生命戦機アンドロギュヌス(MSX2・Windows10対応版)』をリリースしました。


 超新星<URD(ウルド)>。そのブロンズの輝きは全宇宙の恐怖であった。爆発・拡散・収縮の永久運動を繰り返す宇宙。その誕生のとき、常になされる常物質と反物質のしれつな対消滅の争い。両者は互いに滅ぼし合い、そして今、かろうじて勝ち残った常物質が、宇宙を創造し永い平和を営んでいた。

 ところがその宇宙の辺境、神の目を欺く狡猾な悪魔のように、反物質の残滓が群れをなし一個の星を造り上げ、地中深くに奇怪な反物質を育んでいた。この星こそ<URD>である。

 <URD>の企みは育て上げた反生物群を宇宙へ散らし、各星域で対消滅の混乱をひき起こすことにあった。そして宇宙を再びカオスへ堕とし、宇宙創造を最初からやりなおすつもりなのだ。

 あわよくば我々から宇宙を奪い取ろうというのだ。これに対し我々の成しうることは皆無に近かった。<URD>を攻撃することは対消滅をひき起こし宇宙を破壊することになる。それこそ<URD>の思うつぼであった。宇宙の破壊を導かずして<URD>を破壊する方法はないのか!?

 本作は1987年にリリースされた縦スクロールのシューティングゲーム。プレイヤーはアンドロギュヌスを操作して、<URD>を破壊する戦いに身を投じることになります。ゲームは全13ステージで構成されており、各ステージは縦長のマップを下降し、最下層のボスを倒すことでクリアーとなります。

 登場する武器はノーマル弾、ビッグ弾、レーザー、スプラッシュ、デライヴの5種類。他にもバリアーやBP(真空分極推進兵器)などの支援アイテムが登場します。ちなみにアイテムを変更すると攻撃力は初期状態に戻ってしまうので、変更はよく考えて行うようにしましょう。

 SFシューティングとして秀作と評される本作。ちょっと変わった下降スクロールを楽しみたい人にはオススメといえるかもしれません。

タイトル:反生命戦機アンドロギュヌス(MSX2・Windows10対応版)
ジャンル:シューティング
メーカー:エディア
配信サイト
発売日:2021年10月26日
価格:440円
(※キャンペーン終了後は770円での配信となります。)

(C)2021 D4Enterprise Co.,Ltd.

関連する記事一覧はこちら