吸血鬼は美人バイトの誘惑に耐えられるか!?『ドラキュラやきん!』第2巻、感想・レビュー

電撃オンライン
公開日時

 電撃文庫の吸血鬼ファンタジー『ドラキュラやきん!』(著者:和ヶ原聡司、イラスト:有坂あこ)2巻のレビューをお届けします。

 本作は、『はたらく魔王さま!』でおなじみの和ヶ原聡司氏による新シリーズです。
夜しか外出できない吸血鬼、虎木由良(とらき ゆら)を主人公に、日常と非日常が交錯する、どこか身近なファンタジーストーリーが展開します。

 日常×非日常系の絶妙な融合が楽しい本作ですが、新たな闇の住人も登場し、ますます賑やかになっていく第2巻のレビューを紹介していきます。


関連記事

『ドラキュラやきん!』の魅力をあらためて

 まずは、その前にあらためて『ドラキュラやきん!』をざっと解説しましょう

 日当たりの悪い半地下物件で暮らしながら、昼間は浴室で眠り、夜はコンビニでバイトする主人公虎木由良。彼の目的は、人間社会に紛れて暮らしながら、自分を吸血鬼にした古妖(エンシェント・ファントム)の吸血鬼を倒して人間に戻ること。

 さまざまな“ファントム(吸血鬼や狼男などの怪物)”が人間社会に紛れ込んで生きる世界で、数奇な運命を背負った主人公の物語が描かれる……のですが、吸血鬼としての宿命や苦悩だけでなく、夜中にコンビニで働くなど、リアルな日常生活もしっかり織り交ぜられている点がポイントです。

 綿密な設定で構成されたファンタジーでありながら、どこか身近で親近感があり、不思議な没入感を感じさせてくれる作品となっています。

第2巻の見どころ

 見どころはやはり、由良が働くコンビニに入ってきた新人バイト、梁詩澪(リァン・シーリン)です。バイトの同僚という、日常に紛れ込んできたこの美人同僚が、由良の日常だけでなく、非日常の部分まで脅かしていくことになります。

“由良がいるからバイトに応募してきた”なんて言い出すなど、最初から怪しさ全開でフラグをびんびん立てながらも、なかなか素を出さないもどかしさも愛おしい。

 また、これをきっかけに、中国固有のファントムである僵尸(キョンシー)や、彼らを束ねる組織の存在など、大きく世界観も広がります。今後の展開に対するワクワク感も膨らむというものです。

 とくに、ある事情で追い詰められた由良たちと新たなファントム僵尸(キョンシー)とのバトルは必見! ファントムならではの能力をぶつけ合う戦いは、1巻での圧倒的戦力差をくつがえした戦いとはまた違った迫力と臨場感。手に汗握ること間違いなしです!

続々増える個性的キャラクターに注目です。

 1巻から引き続き登場のパートナーであるアイリスは、吸血鬼などのファントムを退治する金髪の美少女シスターなうえに男性恐怖症でポンコツという個性の塊です。

 そのほかにも、由良の婚約者で、彼の秘密を知る名家のお嬢様、比企未晴(ひき みはる)、コンビニ店長の娘である村岡灯里(むらおか あかり)、由良が追う美人吸血鬼、室井愛花(むろい あいか)、そして2巻で初登場する訳あり美人留学生の梁詩澪(リァン・シーリン)などなど……。

 とにかく、由良の周りには美女ばかり集まってきます。いろいろなタイプの女性が、それぞれの事情で関わってくるのですが、みんな個性的で、なかなか忘れられないインパクトを与えてくれます。

 加えて、由良のそばにいるアイリスを目の敵にする未晴と、由良をパートナーにしたアイリスとの関係が白熱したところに、由良に気があるような素振りを見せる詩澪まで加わるのだから、その人間関係にも大注目!! 詩澪の登場で、由良たちの非日常のなかの日常のやり取りがさらにおもしろくなってくるのがたまりません。

 一方、男性陣では、第1巻から登場した虎木和楽(とらき わらく)を忘れてはなりません。由良の弟にして、元警察官僚。由良の正体を知っており、陰日向に支えてくれる人物で、第2巻でも活躍してくれます。

 由良が人間らしく生きていくうえで欠かせない存在なので、今後も重要な役割になってきそう。個人的には一番動向を気にしている人物だったりします。


PV&朗読劇

 PVでは、虎木由良を逢坂良太さんが、アイリスを日笠陽子さんが演じています。また、朗読劇は日笠陽子さんが担当しています。

『ドラキュラやきん!』PV(逢坂良太×日笠陽子)

『ドラキュラやきん!』(朗読/日笠陽子)【電撃文庫朗読してみた】


『ドラキュラやきん!』

  • 発行:電撃文庫(KADOKAWA)
  • 発売日:2020年9月10日
  • ページ数:344ページ
  • 定価:630円+税


『ドラキュラやきん!2』

  • 発行:電撃文庫(KADOKAWA)
  • 発売日:2021年2月10日
  • ページ数:312ページ
  • 定価:630円+税


『ドラキュラやきん!3』

  • 発行:電撃文庫(KADOKAWA)
  • 発売日:2021年7月9日
  • ページ数:344ページ
  • 定価:715円(税込)


『ドラキュラやきん!4』

  • 発行:電撃文庫(KADOKAWA)
  • 発売日:2021年11月10日
  • ページ数:340ページ
  • 定価:792円(税込)

関連する記事一覧はこちら