Niantic新作『ピクミン ブルーム』配信開始。ピクミンと一緒に世界中に花を咲かせる!?

イナヤ マギ
公開日時
最終更新

 任天堂とパートナーシップを結んでNiantic, Inc.が開発していたiOS/Android用アプリ『Pikmin Bloom(ピクミンブルーム)』が、本日より配信開始となりました!

 まずはオーストラリアとシンガポールで配信され、これから数日の間に世界各地の国と地域で順次配信される予定です。

 それに先駆けて、『ピクミンブルーム』の事前説明会を取材してきましたので、その模様をお届けします。

歩くことをもっと楽しくするために作られたアプリ

 まずはNiantic, Inc.のCEO ジョン・ハンケさんより、本作の制作のきっかけやコンセプトが説明されました。

ジョン・ハンケ氏:このアプリはNianticのTokyo Studioと任天堂が、年齢に関係なく楽しめるアプリにしたいと開発を始めました。

 そのためには、どのようなIPを使うのがいいのか、どんなサービスにしたらいいかと議論した結果、『ピクミン』というIPが一番適しているのではないかということになりました。

 『ピクミンブルーム』は通勤や散歩、通学での“歩く”という行為をもう少しだけ楽しくする、そんなアプリです。

 コロナ禍において“歩くこと”の価値を再発見することがたくさんありました。自由に出かけられない中でも、近所を歩くだけで、世界の美しさに再度気付かされるといったことが多かったです。

 Nianticは、外の世界を冒険して新しい発見をして人々の繋がりを持ってほしい。そんなミッションの元で運営されており、このアプリもそういったミッションを体現したものとなっています。

ロンチトレーラーのピクミンがとにかくかわいい!

 そしてロンチトレーラーが上映! まずは『ピクミンブルーム』の基本システムが説明されます(システムの詳細はのちほど!)。

 説明が終わると、かわいい赤ピクミンが靴の横からひょっこりと登場! 黃ピクミンからもらったピクミンの苗を持って、女性が外へと出かけていきます。


 世界中で歩くプレイヤーの足元にちょこちょこついていく姿が、かわいすぎる!


 ちなみにトレーラーでは原作で登場したピクミンが勢揃いしていました。

 そしてピクミンたちと一緒に歩いて、世界中が花だらけに! 


 トレーラーの最後には今回開発に関わった、『ピクミン』の原作者でもある任天堂の“宮本茂”さんも登場! 

 宮本さんが話している間も、周りにいるピクミンたちがマイペースにおしゃべりしたり動き回っていたのが印象的でした!

ピクミンと一緒に歩いて世界中に花を咲かそう

 次にシステム説明が行われました。本作は“歩くことをより楽しく、毎日の習慣に”というコンセプトに作られたゲームとのこと。

 ピクミンは、ピクミンの苗をプランターパックに入れて歩くことで育ち、引っこ抜くことで仲間にできます。

 仲間になったピクミンで隊列を作り、フィールドに連れ歩くことができます。歩くことでピクミンが苗やフルーツなど色々なものを拾ってきます。

 フルーツから採れるエキスをピクミンにあげると花が咲きます。花は回収でき、歩きながらフィールドに花を植えることができますので、トレーラーのようにフィールドを花いっぱいにすることができます!

 他にも、毎日歩いた記録を日記のように頼める“一日のふりかえり”やピクミンを飾れる“デコピクミン”、ピクミンのAR撮影などでも遊ぶことができます。

原作とは違った新しい『ピクミン』を体験できる

 メディアへの質疑応答では、たくさんの質問が出たので、一部をまとめて紹介します。

原作の主人公キャラや原生生物は登場しない

 本作には、原作の『ピクミン』に登場した主人公キャラや原生生物は登場しないとのことです。したがって、原作のようなピクミンを使った原生生物とのバトルはないのですが、キノコを倒したりするようなシステムはあるようです。

 原作ファンの筆者としては、オリマーやチャッピーたち原生生物が出ないことは非常に残念ですが、自分がピクミンを率いて歩くという、新たな『ピクミン』の形を体験できたかなと思います。

現在は歩数表示のみで他表記は検討中

 今現在、本アプリには歩いた歩数しか表示されません。ダイエットなどを考えると消費カロリーなどを表記して欲しい方もいると思いますが、これは歩数にフォーカスし、毎日どのくらい歩いたか、日々の歩数を大切にしたいというコンセプトからだそうです。カロリーや距離などの表記は今後のアップデートでどうするか検討中とのことでした。

花は誰が咲かせたのかは表示されない

 フィールドに他のプレイヤーの花が表示されますが、誰が咲かせたものなのかは表示されません。ですので、プライバシーは守られており、家の近くなどでも気兼ねなく咲かせることが可能です。

仲間との花植えは近くにいる人とのみできる

 他のプレイヤーと一緒に花植えできる“みんなで花植え”は、実際に近くにいる人とのみできる機能で、オンラインには対応していないとのことです。

『ポケモンGO』との併用は可能

 本作は、画面を開かずにポケットに入れたまま遊べる要素が多いとのことで、『ポケモンGO』などで遊んでいるバックグラウンドで本作も進行できるようです。

CEO ジョン・ハンケさんからプレイヤーへのメッセージ

 最後にCEO ジョン・ハンケさんから、これから本作をプレイするプレイヤーの方に向けて、メッセージをいただきました。

ジョン・ハンケ氏:少しずつ情勢が落ち着いていく中で、『ピクミンブルーム』は皆さんが外に戻っていくきっかけになるサービスになるのではないかと思っています。

 皆様が本作で、もっともっと現実世界を、外の世界を楽しんでいただけたらと思います。

Copyright © 2021 Niantic, Inc., Pikmin and Mii Characters / Artwork / Music Copyright © 2021 Nintendo All Rights Reserved

関連する記事一覧はこちら