シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』が初セール!【電撃衝動GUY】

Z佐藤
公開日時

 『バイオハザード』シリーズを愛するあまり、ヘリコプターを見ると安全を祈るようになったライターのZ佐藤です。

 このたび『バイオハザード ヴィレッジ』のビッグセールが始まるとのこと。お買い得価格でセール中です。

 初のセールとなるので、迷っていた人、今こそ衝動買いの時です。応援に駆けつけたので、その見どころを紹介していきましょう。

前作『バイオハザード7』の後編となるストーリーから目が離せない!

 1人称視点のプレイ方式や探索&戦闘、そして前作『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編となるストーリーなど、すべてを強化して制作されたタイトル。

 ステージのバリエーションと同時に規模感も強化され、ステージごとに違った雰囲気を味わいながら楽しめます。

 お気に入りは、謎解き中心に進むベネヴィエント邸ステージ。音声の演出がすさまじく、冷や汗ダラダラでした。

行く手に立ちふさがる敵キャラクターが、ますます個性的に!

 物語は『バイオハザード7』から数年後。妻のミア、娘のローズと平穏な日々を過ごしていたイーサン・ウィンターズに再び悲劇が! 秘められた真実を求め、イーサンは謎めいた村に足を踏み入れます。

 敵が組織化されていたり、ボスが一堂に会して誰がイーサンを仕留めるかでもめたりとお約束な展開もあり、映画のようなエンターテイメント性がアップしている印象です。敵キャラクターもますます個性的に描かれていて、彼らについても興味深く楽しめました。

アクション性がアップして、よりスリリングなバトル展開!

 前作で重宝した“ガード”ですが、本作ではその後に“押し返す”というアクションが可能になり、追い詰められても脱出できるようになりました。また、粉袋を攻撃すると煙幕のように使えたり、火薬樽を撃つと爆発して周囲の敵を一掃できたりするなど、戦略的に使えるオブジェクトが登場。ベストな利用方法を考えながら戦うのが楽しかったです。

 その他には、武器の種類が増え、改造の要素が追加。さらに多数の収集要素や、ハイスコアを目指す“ザ・マーセナリーズ”といったやり込み要素も用意されていて、遊びごたえたっぷりの内容です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

関連する記事一覧はこちら