私は見守るだけで良い 誰もが負けているこの戦いを(ラビ)【マギレコ名台詞集】

紅葉つかさ
公開日時

 アニプレックスのiOS/Android用RPG『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』の名台詞集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

私は見守るだけで良い 誰もが負けているこの戦いを(ラビ)

●第2部第2章4話“父を探して…”

 アニプレックスのiOS/Android用RPG 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』の名言集をお届け。本記事では、里見那由他の父に頼まれ、使用人を務める魔法少女・氷室ラビの名言を紹介します。

 氷室ラビは、父を探しに神浜市にやってきた里見那由他の使用人として仕えている魔法少女です。那由他の父探しを手伝ってはいますが、神浜での戦いには傍観者としての立場に徹し、争いに加わろうとはしていません。



 ラビが那由他の使用人になったのも那由他の父に頼まれたからです。ただ、連絡を受けただけで現在どこにいるかは知らないようでした。


 そして、那由他が父を探すために興信所に依頼した結果を受け取ったりして、ラビは那由他の使用人としてサポートします。

 そのときには、那由他相手に提案をしている姿も見ることができます。


 そういったサポートをしながらも、自身がその場にいなくても問題がないときは、するべきことを優先するという姿も見られます。





 ただ、魔法少女関連については、那由他が神浜市で戦いになっても手助けする様子はなく、傍観者としての立場を貫いてました。

 そのときの様子がラビの「私は見守るだけで良い 誰もが負けているこの戦いを」という言葉からわかります。


 ただ、「誰もが負けている」というのは、すべての結末を知っているような立場からの言葉のように思えます。この時点では、いくつかの勢力が争っており、どうなるかはわからないので、非常に不思議な言葉です。

 それでも、ラビにとって那由他は大事な存在であるようです。それも、那由他の父にとって大切な存在だからという理由でした。ラビと那由他の父には頼まれて那由他の使用人になったということ以外にも何か秘密が、それも大きな秘密が隠されていそうです。





(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

関連する記事一覧はこちら