『ガンダムX』37話では、ガロードたちは新たなフリーデンで決戦の月面基地へ!

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『機動新世紀ガンダムX』の第37話“フリーデン発進せよ”が配信中です。

 『機動新世紀ガンダムX』は、1996年4月5日から12月27日までテレビ朝日などで放送された作品。

 宇宙世紀外の物語でありながら、ニュータイプという存在にスポット当てられており、『ガンダムシリーズ』の中でも特に視聴者に対するメッセージ性の強いストーリーが展開されます。

 また、サブタイトルがセリフになっているのも特徴の1つで、第1話の「月は出ているか?」は作品全体のキャッチコピーにもなっています。

 第37話では、フリーデン一行が月面基地を目指して再び宇宙へ上がります。母艦は新たに手配されたフリーデンII。発進時のクルーたちの会話と、ジャミルの「フリーデン発進せよ」と掛け声を出す場面は、最終決戦へ向かうんだなと感じ取れる名シーンです。

あらすじ

 月を目指す宇宙革命軍に呼応し、新連邦軍も侵攻の準備を着々と進めていた。一方、生まれて初めて強い力を求めたティファは、昏睡状態の中でD.O.M.Eと精神感応を果たし、全ての答えは月面基地にあると悟る。

■『機動新世紀ガンダムX』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら