『CoD:Warzone』終焉に向けたイベントが開催。そして12/3より『CoD:Warzone Pacific』開幕!

電撃オンライン
公開日時

 基本プレイ無料のバトルロワイヤルゲーム『Call of Duty: Warzone』のタイトルが、12月3日より『Call of Duty: Warzone Pacific』へと変更。あわせて、シーズン1が開始されます。

 以下、リリース原文を掲載します。

『Warzone』終焉に向けて、期間限定イベント「フラッシュバック」を11月19日(金)から開始

 『Call of Duty: Warzone』のマップ、Verdansk(以下、ヴェルダンスク)の街とその周辺では、過去1年半の間に1億人以上のプレイヤーが参加、2020年3月10日以降は様々な変化がありました。

 1984年に戻ったり、80年代のアクションヒーローやハウンティングを開催したりと、ヴェルダンスクは何度も立ち寄るべき場所であることを証明しました。

 期間限定モード「Operation: Flashback(以下、フラッシュバック)」では、ヴェルダンスクのアクションの歴史を網羅した、2つのユニークな報酬が手に入るサプライズを用意。

 ノスタルジックな雰囲気を楽しみながら、プレイするだけでエンブレムがもらえます。勝利を収めた方には、過去と現在の『WARZONE』を知り尽くした証として、アニメーション付きのコーリングカードをプレゼントいたします。

11月25日(木)からは、「太平洋の秘密」でカルデラの情報を入手

 ヴェルダンスクの終わりに向けて、「Secrets of the Pacific」を掘り起こし、謎に包まれたマップ「Caldera(以下、カルデラ)」についての情報を明らかにする準備してください。

 Beenox社が開発したこの期間限定のイベントでは、12月の発売に先立ち、カルデラ、さらに様々なポイントに関する重要な情報を得ることができますが、それは『Vanguard』と『Warzone』と二つにまたがりチャレンジを完了することが条件です。

 ヴェルダンスクで生き残るために戦いながらPacificのアーティファクトを手に入れて保護するなど、それぞれのゲームには独自の課題があり、それをクリアすると報酬が得られます。

 これらのクラシックな瞬間を祝うために、開発元のRaven Software社は、ヴェルダンスクのアクションの歴史を網羅したサプライズをご用意します。

12月1日(水)から始まる『WARZONE』の終焉をお見逃しなく!

 Beenox社が開発したこのイベントに関する機密情報は追って発表します。カストーヴィアの街に別れを告げ、ヴェルダンスクでの時間を締めくくるにふさわしい、壮大なイベントを期待してください。

いよいよシーズン1が12月3日(金)開始! カルデラマップの無料コンテンツも

 『Call of Duty: Vanguard』と同じ技術とエンジンで作られたこのマップは、この新しいゲームの武装をサポートする準備が整っているため、視覚的にも魅力的で、完全に最適化されたクロスプレイ、クロスプログレッション、クロスジェンダーのサポートに対応します。

●『Warzone Pacific』の時代の幕開けです! タイトルを『Call of Duty: Warzone Pacific』に変更しパワーアップ。「カルデラ」のヴェルダンスクとの唯一の比較対象はその規模です。コミュニティからの学びをもとに作られたこの全く新しいマップは、シーズン1で発売されます。

●RICOCHETアンチチートドライバーはシーズンワンで発売されます。この新マップでは、RICOCHET Anti-Cheatが楽しませてくれます。

『Vanguard』と『Warzone』を統合

 『Vanguard』の新コンテンツであるドッグファイト。すべてのプレイヤーに提供される「Vanguard Royale」では、空に飛び出したり、AAガンを操って壮大な空中戦を展開したりすることができます。

 さらに「ブラックオプス コールドウォー」や「モダン・ウォーフェア」に登場したオペレーターやコーリングカードなど、『Vanguard』のコンテンツが『Warzone』にも追加され、クロスプログレッションやシーズンプレステージも楽しめます。

 カルデラは『Vanguard』と『Warzone』に完全に統合された始まりに過ぎず、「Warzone Pacific」の『Vanguard』専用モード以上に新鮮なコンテンツを体験できる場所はありません。

 新たに登場するマシンガン戦闘機は、「WARZONE PACIFIC」で勝利を収めるための戦略と火力の新たな要素となることでしょう。

 また、『Vanguard』モードでは、ランチャーやLMG、固定式のAAタレット、あるいは自分で空を飛ぶ以外にも、飛行機を着陸させるための強固なソリューションを提供する対空(AA)トラックなど、新しい車両が登場します。

 また、『Vanguard』プレイヤーのための「カルデラ」への24時間限定アクセスを発行します。『Call of Duty: Vanguard』をお持ちの方は、新しい太平洋マップを1日早くプレイできます。他のプレイヤーは、この期間中も「Rebirth Island」をお楽しみいただけます。


広大な2つの島からなる『Warzone』

 『WARZONE』をプレイした方は、『WARZONE PACIFIC』のプレイリストで、100種類以上の武器を使用可能。

 1つ目は、「Rebirth Island」を含むプレイリストです。「リサージェンス」や「ミニロワイヤル」など、「WARZONE PACIFIC」のメインとなるプレイリストに「Rebirth Island」が登場します。

 もう1つは、おなじみのバトルロイヤルと略奪の体験の舞台は「カルデラ」。近代的なもの、冷戦時代のもの、さらに『Vanguard』に搭載されたばかりのものあっても、自身で獲得、レベルアッ150種類以上の武器は、通常のプレイリストで使用することができます。

 また、ATV、SUV、ヘリコプターなど、これまでに乗ったことのある「オリジナル」の車も登場。『Vanguard』専用モードでは、飛行機やAAトラックなど、カルデラを移動するための新しい手段が用意されていますが、オリジナルの乗り物セットや、それらにアンロックしたビークルスキンは、これらの他のプレイリストにも存在します。

 12月2日から始まる『Vanguard』では、3つの新しいマルチプレイヤーマップ、3人の個性的なオペレーター、ゾンビコンテンツやコベナンツの追加などの機能、新しい目標、新しいチャレンジ、新しい武器などが登場。

 さらに、今シーズンは『Vanguard』と『Warzone』で初のバトルパスシステムを導入。無料のウェポンブループリント、コスメティックコンテンツ、2種類の機能的な武器など、最大100階層のアイテムをアンロックすることができます。

 さらに、シーズン中には、チャレンジやストアのバンドルを通じて、機能的な武器、武器の設計図、オペレータースキン、その他のコンテンツを入手することができます。

モードと24時間先行アクセス

 このゲームをデジタルで購入すると、カルデラとその初日のコンテンツにいち早くアクセスできるだけでなく『Vanguard』、『Black Ops Cold War』、『Warzone』の3つのゲームで複数の特典が得られます。

 『Warzone』と『Black Ops Cold War』の「シーズン6バトルパス」では、この2つのゲームをプレイするだけで、4つのウェポンブループリントを含む、最大24種類のヴァンガードコンテンツを無料でアンロックすることができます。

 また、『WARZONE』では、11月5日の発売や年内の統合に先駆けて、2つのヴァンガード武器を最大レベルにすることができます。今後の情報のアップデートにも、是非ご期待ください。

© 2019-2021 Activision Publishing, Inc.

関連する記事一覧はこちら