『原神』Ver.2.3アプデは11/24。新星5“荒瀧一斗”や新星4“ゴロー”が登場

電撃オンライン
公開日時

 マルチプラットフォーム対応オープンワールドRPG『原神(げんしん)』で11月24日にVer.2.3アップデートが実施されることが発表。新星5“荒瀧一斗”や新星4“ゴロー”、イベント情報が発表されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

miHoYo、『原神』のVer.2.3アップデートを11月24日に実施予定。新★5「荒瀧一斗(あらたきいっと)」(CV:西川貴教)、新★4「ゴロー」(CV:畠中祐)などの情報を公開!

 株式会社miHoYo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 承天)は、マルチプラットフォーム対応オープンワールドRPG『原神(げんしん)』のVer.2.3「白雪に潜みし影」のアップデートを11月24日(水)することを発表いたしました。新★5キャラクター「荒瀧一斗」、新★4キャラクター「ゴロー」の登場や、実施予定のイベント情報などを一部公開いたします。

Ver.2.3「白雪に潜みし影」予告PV

新★5「荒瀧一斗(岩)」、新★4「ゴロー(岩)」がVer.2.3にて登場!

 Ver.2.3では、新キャラクター2名が期間限定イベント祈願にて登場予定です。

★5 荒瀧一斗(あらたきいっと)

CV:西川貴教

神の目:岩
武器:両手剣

 鬼の血を引き継ぐ豪快な漢。巨大な両手剣と岩元素の力を操り、独自の「乱神の怪力」効果でより強力な重撃を繰り出すことができる。また「憤怒の鬼王」に変身すると、攻撃力がアップすると同時に、全元素および物理耐性がダウンする。

★4 ゴロー

CV:畠中祐

神の目:岩
武器:弓

 海祇軍の大将で、弓の扱いに長けている。チームに岩元素タイプのキャラクターが多ければ多いほど、より強力な強化効果をもたらしてくれる。

 キャラクターのストーリーについては、新たに実装される「荒瀧一斗」の伝説任務「天ノ牛の章・第一幕」と、「ゴロー」と「北斗」のデートイベントで体験することができます。

 またVer.2.3では、★5「アルベド(岩)」と★5「エウルア(氷)」が復刻するイベント祈願も開催予定です。

新テーマイベント「白雪に潜みし影」開催予定!

 年中雪と異常気象に覆われた巨大山脈――ドラゴンスパインを舞台に、旅人は様々な挑戦に挑むことになります。アルベドやエウルアなどの仲間たちと共に極寒の地に耐え、「アジリティ特訓」、「トラッキング特訓」、「バトル特訓」の3つの特訓をクリアし、イベント限定★4武器「片手剣・シナバースピンドル」などの様々な報酬を獲得しましょう。

 また本イベントでは、自由に着せ替えができる、自分だけの「ププ雪だるま」を作ることも可能です。

新イベント「万端珊瑚事件簿・犬武者」開催予定!

 稲妻で最近起こっている不可解な事件について調査を行うことになります。

 旅人は「動物集団失踪事件」と一匹の不思議な犬について調査を行い、失踪した動物たちを救出していくことで、塵歌壺で動物を具現化できる便利アイテムを手に入れることができます。

新魔物「黄金王獣」登場!

 鶴観エリアにて新たな魔物「黄金王獣」が登場します。

 黄金王獣は、眷属である「獣域ハウンド」と「獣域ウェルプ」より遥かに危険です。

 同じくシールドを無視し、チーム全員のHPを持続的に失わせる「侵蝕」状態を与えることができ、また「獣域スカル」を召喚して盾にする能力を持っています。

 戦闘の終盤では、岩元素耐性がダウンする代わりに、自身の攻撃力をアップし、旅人たちを追い込んでいきます。

 その他アップデートについての詳細な情報は、原神公式Twitterをご確認ください

(C) miHoYo Inc.

関連する記事一覧はこちら