『ジラフとアンニカ』斉藤敦士氏の新作チラ見せや『OU』ライブドローイングも! デジゲー博2021をレポート【電撃インディー#127】

カワチ
公開日時
最終更新

 同人・インディーゲームオンリーの即売会“デジゲー博2021”が11月14日に秋葉原UDXアキバスクエアとUDXギャラリーにて開催されました。ここでは、その模様をレポートしていきます。

 2020年と同じく各種感染症対策の上で開催された今年の“デジゲー博”。前回以上に制限・調整しており、参加サークルの抽選も行われたということですが、訪れている来場者も多く活気を取り戻している印象を受けました。


  • ▲秋葉原UDXアキバスクエア

  • ▲UDXギャラリー

 なお、入場証はPeatixで販売し、当日現地で販売窓口は設置しないという方式ですが、混乱もなくスムーズに入場が行われていました。

  • ▲入り口には協賛のインティ・クリエイツのポスターが掲示されていました。

気になったタイトルをピックアップ!

 さて、ここからは筆者が気になったタイトルをピックアップして紹介していこうと思います。

『バイナリ・シンドローム』

 青エビ研究所によるアンドロイドカウンセリングADV『バイナリ・シンドローム』。pc-98リスペクトのコマンドクリック式のゲームです。アンドロイドに発生した正体不明の病を、カウンセリングを通じて治療していくという内容です。

 イベントでは体験版がシリアルコードを同梱したフロッピーディスクで販売。シリアルコードを入力すればプレイできるということですが、フロッピーのなかには実際におまけデータが入っているとのことです。

『OU』

 ジー・モードがoom6およびゲームデザイナーの幸田御魚氏と共同制作する新作アドベンチャーゲーム『OU』


。なんと、ライブドローイングで幸田御魚氏が本作の背景イラストを作成する様子を見ることが出来ました。すごい描き込み!

『ジラフとアンニカ』

 発売中のハートフルADVゲーム『ジラフとアンニカ』はBOOTHで販売中の各グッズが展示、販売されていました。


 驚きだったのは新作のコンセプトアートが会場限定で見ることができたこと。残念ながら撮影不可でしたが、かわいい女の子と美しい風景の組み合わせは『ジラフとアンニカ』を彷彿とさせるもので、次回作も優しい世界観のものになりそうでした。

『レトロゲームエイリアンズ』

わくわくゲームズが贈るビジュアルノベル『レトロゲームエイリアンズ』。“1980年代に日本のPC用にリリースされたゲームのリメイク版”という設定の3タイトルを任意の順序でプレイ可能。

 当時のPC性能をイメージした解像度・使用色数のグラフィックに加え、レトロゲームにありがちな理不尽なストーリー展開も再現しているということです。

『シューフォーズ』

Phoenixx(フィーニックス)より1月13日に発売されるUFOキャッチャーアクション。カプセルをこわす“ブッコワシ”とモノをひっぱりあげる“シューシュー”を使って、相手よりも早くアイテムを引き上げるというルールです。

 友人との対戦で盛り上がる内容だけでなく、ポップでビビッドなキャラクターも必見となっています。

『イノウノカルテ』

 6th Sense GamesのホラーADV。異能を秘めたこども達と対話をして、情報を引き出していくという内容。

 主人公はカウンセラーで、制限時間内にカルテを埋めることが目的となります。


『Rat Cage』

 GosunSoftのPC向け3D横スクロール探索アクションゲーム。プレイヤーはネズミとなり、人間から逃げながらギミックを解き明かして先に進んでいくという内容です。


『めくるりウィッチ』

 魔女によってバラバラになってしまった世界を舞台に、舞台を回す歯車となって、主人公の少女を導いていくパズルアクションゲーム。

 奥行きのある舞台を物語に沿ったものにすることでストーリーが進んでいきます。



『星の欠片の物語。しかけ版』

 自転車創業の企画でフォージビジョンが開発、メディアスケープから発売される『星の欠片の物語。しかけ版』。プロローグ版である『星の欠片の物語、ひとかけら版』の本編にあたるタイトルです。なお、『しかけ版』の発売を機に、『ひとかけら版』は無料になるとのこと。

 本作はPS VR用タイトルで,、自身の視線でVRヘッドセットの向こう側にいる少女とコミュニケーションをすることに。VRヘッドセットの技術的な問題、違和感を世界観に落とし込んでいるのが特徴です。

『MACCHORUN』

 今回、いちばん驚いたのがマッチョがすべてを破壊するランゲーム『MACCHORUN』。

 トレーニング器具を使った操作で、器具を動かすとキャラクターがジャンプするという仕組み。そのため、マッチョを操作しながらマッチョになることができます。なお、iOS/Android/PCで配信されており、タップやマウスで操作することが可能。あれ、トレーニング器具は?

 ということで気になる作品をピックアップしました! 体験版が配信されている作品も多いので記事を読んできになったらぜひチェックしてみてください!!


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。


© デジゲー博準備会

関連する記事一覧はこちら