『東京リベンジャーズ』タケミチやマイキーをイメージしたフレグランスってどんな香り?

電撃オンライン
公開日時

 アニメやコミックとのコラボフレグランスを展開するブランド“primaniacs(プリマニアックス)”より、『東京リベンジャーズ』フレグランスの発売が決定しました。

 ラインナップは、花垣武道、佐野万次郎、龍宮寺堅、場地圭介、松野千冬、三ツ谷隆の6種類。

 さらに、第2弾フレグランスの発売も決定。ラインナップや発売日などの詳細は、追って公開される予定です。

 以下、リリース原文を掲載します。

『東京リベンジャーズ』フレグランスについて

<商品概要>

商品名:『東京リベンジャーズ』フレグランス
価格:¥6,600(税込)
内容量:30ml
先行発売日:2022年2月4日より、銀座本店にて販売開始
一般発売日:2022年2月10日より、primaniacs 取り扱い店舗にて販売開始

primaniacs銀座本店にて先行販売を開始!

 2022年2月4日より、primaniacs銀座本店にて先行販売をいたします! 香りのお試しも可能ですので、フレグランスの香りが気になる方は、ぜひ店舗に足をお運びください。

 2022年2月10日からの一般発売日については、primaniacs 取り扱い店舗(※アニメイト取り扱い店舗、ステラワース)にて販売をいたします!

商品ページ

『東京リベンジャーズ』フレグランス 香りのイメージ

商品名:花垣武道

いくつもの昼と夜を超えて ひたむきに手を伸ばすシトラスシャボンノート


 軽やかに漂うみずみずしいシトラスマリンに重なる、柔らかなせっけんの香り。それは、等身大の男の子を思わせる、飾り気のない雰囲気。

 どこか頼りなくもあるその香りは、だがしかし奥底に曇りのない気配をたたえて、迸るような存在感を放っている。

 決して諦めない"泣き虫のヒーロー"の、その姿に勇気づけられるフレグランス。

トップ:ベルガモット,レモングラス,マリンノート
ミドル:メロン,サボンノート,グリーンアップル,ホワイトピーチ
ラスト:フローラルオゾン,バニラ,フルーティーノート,ムスク

商品名:佐野万次郎


夜明け前の空で光る星のように 滑らかに広がるムスキーオゾンノート

 研ぎ澄まされた渋みを持つドライリーフが、捉えどころのない、しかし確かな風格を伴いながら香り立つ。

 指の間をすり抜けてゆく、ふわふわとしたオゾンの香り。その不思議な浮遊感は、わずかに覗く冷たい影を覆い隠すように、淡い甘さとなり肌に溶け込んでゆく。

 瞳に宿す漆黒と共に、無垢な夢にまどろむためのフレグランス。

トップ:ライム,グリーンアップル,ドライリーフ
ミドル:シクラメン,ミュゲ,ナツメグ,パチュリ
ラスト:ムスク,アンバー,オゾンノート

商品名:龍宮寺堅

その横顔が語る譲れないもの 信念を貫くディープウッディノート


 真っ直ぐに香り立つヒノキと、そこに重なるナツメグの温かな渋みは、どこまでも精悍で揺るぎない。

 それは、どんな時も天を向き続ける木々のように、決して折れることのない芯の強さ。次第にアニスの深い甘さがにじみ出し、穏やかな気配が辺りを包みこむ。

 頼りがいのある姿がもたらす誇りと厚みが、心に沁み入るフレグランス。

トップ:レモン,ユーカリ,ローズマリー
ミドル:ヒノキ,ナツメグ,サンダルウッド,シダーウッド
ラスト:ベチバー,パチュリ,アンバー,アニス

商品名:場地圭介

運命と戦い、抗うための香り 湧き上がるビタースパイシーフゼア


 ぎらぎらとした渋みを持つブラックペッパーと月桂樹が混ざり合い、世界をモノクロームに染め上げる。

 じわりと広がるのは、クローブのドライな質感と威圧感。だがその後ろでは、トンカビーンズの温もりが静かに息づき、果てしないまでの想いを伝えている。

 深い夜の底に響く雷鳴のように、闇の中で鈍い輝きを放つフレグランス。

トップ:ベイ,ブラックペッパー,レッドペッパー
ミドル:ペパーミント,クローブ,アガーウッド,勿忘草
ラスト:トンカビーンズ,サンダルウッド,ムスク

商品名:松野千冬

吹き抜ける初夏の風に乗せて 潔く澄んだクリアアロマティックノート


 冴えわたるグリーンシトラスがすっきりと香り立ち、澄み切ったトーンを交えて明瞭な印象を残してゆく。

 辺りを漂う凛とした気配は、雨上がりの早朝の空気のよう。ふと見上げた高い空の先、切ないまでに純粋なペアの香りと共に、ムスクの柔らかな光がふわりと射し込む。

 清々しい透明感を心に秘めて、前を向き進むためのフレグランス。

トップ:アップル,レモン,リーフィーグリーン
ミドル:ペア,ネロリ,ゼラニウム,シオン
ラスト:ムスク,フルーティーグリーン,アンバー

商品名:三ツ谷隆

静かな炎を灯す眼差しと共に しっとりと香るソフトアンバリーノート


 ハーバルの軽やかなキレがもたらす爽快な香りに、ネロリの鋭い渋みが合わさり、涼やかな雰囲気が辺りに立ち昇る。

 それは、そっと背中を押す手のぬくもりにも似た、厳しくも優しい香り。気付けば甘いラブダナムが緩やかに満ち、かけがえのない大切な時間を生み出す。

 居心地の良い空気感が寄り添い、力強くも柔らかに広がるフレグランス。

トップ:レモン,オレンジ,ユーカリ
ミドル:ベルガモット,カルダモン,ネロリ,ゼラニウム
ラスト:サンダルウッド,ラブダナム,ムスク

©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

関連する記事一覧はこちら