『龍が如く7』中井貴一さんらの演技にプロデューサー驚愕! コマンド式になったバトルの様子にも注目

げっしー
公開日時

 セガゲームスは、8月29日に東京・秋葉原のUDX THEATERで“PlayStation4『龍が如く最新作』記者発表会”を開催しました。

 なお、最新作の情報や発表会の模様は別記事とあわせてご確認ください。

 まず、ステージには『龍が如く』シリーズ総合監督・名越稔洋さんが登壇。「何度も発表会を体験してきましたが、今回はシリーズの中でも分岐点になるような作品の発表になるので、いつもと違う緊張感を持っています」と挨拶しました。

 続いて『龍が如く最新作』のティザー映像がスクリーンに映し出されました。最新作のストーリーやキャラクターが紹介されていく中、映像の最後にはタイトルが『龍が如く7 光と闇の行方』であることが明かされました。

 主人公やゲームシステムは代わっているものの、『龍が如く』シリーズであることは変わらない、ナンバリングタイトルとしてとらえてもらうために『龍が如く7 光と闇の行方』というタイトルになったと名越監督は語りました。

 ステージには主人公・春日一番を演じる声優・中谷一博さんが登場。収録時の感想を語りました。

 「主人公ということでセリフの量、登場シーンが多いのはもちろん、今までとは1つの言葉、シーンの重みが違ったので大変でした」と語る一方で、「映像を見たらこれだけで感無量……報われたというか、また春日一番を演じたいという気持ちになるくらいの収録だったので、皆さん期待していただければと思います」とコメントしました。

 その後、名越監督と入れ替わりでステージに登壇したのは、本作のチーフプロデューサー・横山昌義さん。中谷さんとともに本作の登場人物やゲームシステムの詳細を説明しました。

 中でも盛り上がったのは、中井貴一さん演じる荒川真澄、堤真一さん演じる沢城丈、安田顕さん演じるナンバの話題でした。

 中井さん演じる荒川真澄について、映像では初めて見たという中谷さんは「お芝居の立体感がすごい。目をつむっていても臨場感が伝わってくる」と語る中、横山さんは「一言では言い表せないくらいびっくりしました。脚が震える感じ」とコメント。中井さんの演技を絶賛していました。

 続いて、堤さんの演じる沢城丈の話題になると、横山さんが堤さんのファンであることを告白。収録時には「うわぁー!」と声を漏らすほど興奮しており、名越監督から「黙れ! 少し落ち着け」と言われるほど浮足立っていたことを明かしました。

 次に、安田さん演じるナンバについて、中谷さんは「お芝居が素晴らしいのはもちろんですが、僕は北海道出身なので安田さんと間接的に共演できたのは本当に嬉しいです」と感激のコメントを述べました。

 ここで、シリーズ従来の喧嘩アクションからコマンドRPGに変更された本作の街歩きやバトルの模様が映像とともに紹介されました。街歩きの部分に関しては、従来の『龍が如く』シリーズと変わりはないとのこと。プレイスポットも健在で、さらにパワーアップした形で収録されるようです。

 また、バトルに関しては、リアルタイムで戦況や敵との距離関係が変化することが明かされました。キャラクターの職業や能力によって移動の仕方も変化するので、「敵との距離や落ちているものを把握しながら挑むのがいいのでは」と説明しました。

 なお、職業はゲーム内のハローワークで変更可能。転職にあわせて使えるスキルが変わるようです。

 9月12~15日に開催される“東京ゲームショウ2019”に本作の試遊台が出展されます。新しいバトルシステムが気になる人は、足を運んでください。




 バトルの紹介が終わると、映像内にも登場した春日一番の仲間の女性を演じた鎌滝えりさんが登壇。

 初めてゲームの音声収録に挑戦したようで「楽しかったのはもちろんですが、難しいこともありました。でも、『龍が如く』を一緒に作らさせていただいていると思うとすごいうれしかったです」と感想を述べました。

 中谷さんと鎌滝さんが降壇すると、再び名越監督が登壇。発売日が2020年1月16日であることと、北米・欧米で2020年に発売予定であることが発表しました。

 初回特典として装備アイテム“真島建設備品セット”プロダクトコード(パッケージ/ダウンロード版共通)と『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券(パッケージ版のみ)が付属。詳細は公式サイトを確認のこと。


 最後に、横山さんから「ファンの方であればあるほど、変化に驚きを持っていただけると思っています。新作を作るつもりで、ゲームを1から生まれ変わらせるつもりで取り組んできたので、遊んでいただいて、判断いただきたいと思います」とファンへ向けたメッセージが。

 また、名越監督からは「色々と情報を出させていただきましたが、作品自体はボリュームのあるものですし、ゲーム全体のすべてではありません。本作の魅力を徐々に広げ、期待が膨らんでいくような情報を出していくので、続報をお待ちください」とコメントが贈られ、発表会は終了しました。

(C)SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税