アニメ『メイドインアビス』のケビン・ペンキン氏が作曲担当のゲーム『Grow: Song of the Evertree』をレビュー【電撃インディー#134】

カワチ
公開日時

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回は505 GamesのPS4/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Steam)用ゲーム『Grow: Song of the Evertree』のレビューをお届けします。

 なお、電撃オンラインは、尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

見習い錬金術師となって巨大な樹木“エバーツリー”を救おう

 本作の舞台は天空に浮かぶ巨大な樹木である“エバーツリー”。もともとは広大な土地と裾野に広がる都市、枝の上には豊かな自然を有する多くの島が存在しており、人々は豊かな生活を送っていました。


 しかし、エバーツリーに樹木の力を奪い土地を痩せ衰えさせる“枯死”が発生。錬金術師たちは枯死を止めようしますが効果はなく、ツリーの元から去ってしまいます。


 時は経ち、二体の精霊に育てられた、ひとりの若きエバーハート・アルケミストがすべてを元に戻すべく立ち上がる……。それが本作のストーリーになります。

 出てくるキャラクターはどれもファンシーでかわいいものばかり。美しいグラフィックも必見です。



 また、本作の作曲はアニメ『メイドインアビス』などで知られるケビン・ペンキン氏が担当。ゲームを盛り上げてくれる曲の数々も素晴らしいので、ぜひサウンドを聴きながら遊んで欲しいです。

 プレイヤーは、魔法の生命体である“コッパートップ”と“ブック”に育てられた錬金術師の“エバーハート・アルケミスト”。ゲームをプレイする前に見た目をカスタマイズできます。性別や髪型、体格などを決める形になっており、こまかい部分は調整できません。ただし、本作ではゲームを進めることで多彩な髪型やアクセサリーを入手でき、あとで自分だけの個性を出すことができます。


収集パートと開発パートのふたつのパートが存在!

 本作は素材の収集ができるパートと、街の開発を行うふたつのパートに分かれており、まずは素材が手に入る上のワールドから冒険することにあります。


 ワールドでは斧や木槌、鎌、じょうろなどのアイテムを使って土地をリノベーション。特定のボタンを押せば、終わっていない作業のある場所まで案内してくれるので迷う心配はありません。植物が最大まで育ったら生命の源である“マイオラ”の歌を歌って成長を後押し。アイテムが手に入ります。


 なお、使用するアイテムはボタンで順番に切り替えることができるほか、リングメニューを開いて直接使いたいアイテムに変更することができます。このアイテムの変更はもちろん、本作では移動なども快適にできるため、ストレス無くプレイできます。


 ワールドが成長すると生き物も生息するようになり、果実を摘み取ったり魚を釣ったりといろいろなアイテムをゲットできるようになります。なお、ここで手に入れたアイテムは街を建築するときに必要な素材になります。ゲームを進めると自分でワールドを作れるようになりますが、使った素材によって砂漠や雪山などロケーションが変化。手に入る素材も変わります。

 上部の育成が進むと下部にある街の開発をすることができるようになります。最初は自分の家以外はツタで覆われていて進行できませんが、ゲーム中の条件を満たすことで建築可能になります。

 街の開発は“マイオラ”とワールドで集めた素材が必要になります。素材は自宅にある錬金術を使うことで“暖かさ”や“ファンシー”といった“エッセンス”というものに変化させることができるので、このエッセンスで建物を建てていきます。建物によって必要なエッセスも異なるので、いろいろなワールドを作っておいたほうがいいですね。

 ゲームでエアシップ港の修理が終わると、新たな訪問者がやってきます。宿と住宅を用意すれば暮らしてくれるようになるので、住人を増やしていきましょう。


 住人にはそれぞれ性格があり、要望も持っているのでコミュニケーションをして叶えてあげるといいでしょう。なお、彼らは洋服やアクセサリーを渡すことで主人公と同様に外見のカスタマイズ可能です。


 なお、本作にはフォトモードも搭載。いつでも背景を写真に収めることができるほか、自撮りも撮ることができます。自撮りはポーズなども選べるので楽しいです。




 本作をプレイして戦闘パートがまったくないことに驚きましたが、出来ることはたくさん、少しずつ世界を復興させていくのが楽しいです。ぜひみなさんも本作で癒やされてみてください!



カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。


© 2021. Published by 505 Games. Grow: Song of the Evertree name and logo are trademarks of 505 Games Spa and may be registered trademarks in certain countries. All rights reserved. Developed by Prideful Sloth Pty Ltd.

関連する記事一覧はこちら