『DQウォーク』100名城キャンペーンもいいけど、ランドマークも! いざあぶくま洞へ【電撃DQW日記#1119】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 福島へ行く機会はあったけど、なかなか食べることができなかった円盤餃子をようやく食べることができたレトロです。今回食べた餃子は自家製の薄皮にたっぷり詰まった餡がジューシーで美味しかったです。やっと遠出がしやすい世の中になってきたので、こういうグルメも徐々に堪能したいですね!

 というわけで、福島に行ってきました。『ドラクエウォーク』の福島といえば、ランドマークとして大内宿、会津若松城、アクアマリンふくしま、あぶくま洞。そして、100名城キャンペーンでは二本松城、会津若松城、白河小峰城がラインナップされています。会津若松城に行けば、ダブルで達成できるんですね!

 ですが、今回の福島ではあぶくま洞に行ってきました!

 両親の実家がともに福島のため、幼少期から何度も行きました。そのため、あぶくま洞に行ったことは30年ほど前に一度ほどありましたが、『ドラクエウォーク』をプレイし始めてからは初。ですから、ランドマークでのおみやげゲットも兼ねて行ってみた、というわけです。

ランドマーク あぶくま洞

 あぶくま洞は福島県田村市滝根町にある、自然が作り出した幻想的な洞窟です。全長600mの洞内にはさまざまな鍾乳石があり、その美しさには思わず息を飲むはず。滝根御殿と呼ばれるホールは、シールドやクリスタルカーテン、ボックスワークなど、名称が付けられた鍾乳石が無数にあり、光の演出も相まってこの世のものとは思えぬ美しさ。ファンタジーRPGで登場する洞窟内にいるのかと思うこと必至ですよ!

 なお、山の中にあるため行くのはけっこうたいへんかもしれません。車で向かうか、もしくは磐越東線の神俣駅で下車し、タクシー(約5分)で向かうとよいでしょう。



 あぶくま洞のおみやげは“磐梯山の置物”。磐梯山とは福島県にある有名な山の1つで、日本百名山に選定されています。よく見るとおみやげのアイコンの上にホークブリザードがいますね(笑)。

ご当地クエスト アブクマの村をめざそう!

 ご当地クエストでは、ドン・ランドマークが鍾乳洞(あぶくま洞)について解説してくれます。「中に入れば 自然の神秘に 酔いしれること 請け合いだぞ」と語っていますが、まさにそのとおり! ぜひ写真だけではなく、現物を見ていただきたいですね。







 この日は若干天候が不安定だったのですが、そのおかげ(?)で、雲の合間から絶妙に光が差す美しい光景を見ることができました。洞窟内だけでなく、地上でも美しい景色を見られるとは運のいい日と言わざるを得ません!

 勢いに乗じてふくびきを引きましたが、とくに何も出なかったことだけはお伝えしておきます(激怒)。






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら