『DQウォーク』ダーマの試練で強化されたバトルマスター強すぎ!? 使い勝手は?【電撃DQW日記#1120】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 少し時間はかかりましたが、なんとかバトルマスターの強化が済んだレトロです。ダーマの試練で魔法戦士に続く第2弾がバトルマスターだったのは、正直予想外でした。人気がある職業でありながらも、アタッカーの地位を脅かされていたような気もするので、復権という意味では、これもありなのかも?

 というわけで、今回はダーマの試練(バトルマスター)について解説していきます。

ダーマの試練(バトルマスター)の内容

 ダーマの試練(バトルマスター)は、レベル50になったバトルマスターがいれば解放されます。試練は魔法戦士のときと同様の4つですが、内容は若干の違いがあります。ですが、流れ自体は同じで、ダーマの試練解放クエストをクリアし、ダーマ神殿出張所で試練を確認、そして試練を達成し報告、と進めることになります。

 では、試練の内容を確認していきます。

  • ▲ダーマの試練出張所は少し離れた位置に出現する印象があるので、少し歩いて向かいましょう。

試練①怒りを10回発動させる

 1つ目の試練は職業固有特性である“怒り”を10回発動させること。魔法戦士の“フォースブレイク”と異なり、攻撃をせずとも発動させられます。そのため、すばやく達成したい場合はパーティ全員をバトルマスターにしたうえで、ひたすら防御を繰り返すことで早めの達成が可能です。この戦法を使うなら、弱い敵相手のほうがラクでしょう。もちろん、普通に戦っていても達成できるので、じっくり進めるのもアリ。


試練②バトルマスターを含むパーティでモンスターを200匹倒す

 2つ目以降の試練は魔法戦士のものと同内容で、職業のみ異なっています。こちらも素早い達成を目指す場合は、出現モンスターを弱くするのが王道。メインストーリーの序盤~中盤、サブクエストの初級か中級を受けるとよいでしょう。低レベル帯だと同時に出現するモンスターが少ないので、個人的には欲しいこころの出る中盤くらいのクエストを選びたいところです。


試練③バトルマスターを含むパーティで戦闘不能にならずにほこらを10カ所クリア

 3つ目はほこらのクリア。ラクをするならメタルホイミンのほこらやプリーストナイトのほこら狙いがオススメです。ゴンズやイズライール、ようがんげんじんのこころも有用なので、こころ集めと並行するパターンでもいいですよ!


試練④バトルマスターがパーティにいる状態で15,000歩あるく

 シンプルな内容で、ひたすら歩けばOK。今はたまごの孵化も狙えるので、まったく苦も無く歩けますよね! 秋は晴れる日も多いので、そういった意味でも達成しやすいです。


 試練④をクリアすれば、バトルマスターの試練はオールクリア。これで、パーティスキルなどが解放されます。




 達成の記念に称号“勇猛なるバトルマスター”も獲得できます。

新しいバトルマスターのスキルの性能は?

 習得できるスキルは4つ。どれも強力なもので、戦力がアップすることは間違いありません!

パーティスキル

パーティ全員の会心率+2%(同効果の重複不可)
パーティ全員の魔力の暴走率+2%(同効果の重複不可)

 パーティスキルでパーティ全員の会心率と魔力の暴走率が上がるため、とくにメタル系モンスター狩りで真価を発揮します。

スキル

戦鬼解放(Lv50以上で解放)
自分の斬撃・体技ダメージを上げるが
受けるスキルの回復効果が下がり
めいれいできなくなる

 自身の斬撃・体技ダメージが約1.35倍ほどアップするスキルで、消費MPはさいだいMPの10分の1。受けるスキルの回復効果が下がり、めいれいできなくなるデメリットはあるものの、威力の底上げが可能になります。何がいいって、“戦鬼解放”を使用したターンから攻撃してくれること。“すてみ”の場合だと使用時は攻撃できず、次のターンからの攻撃となるのがネックでした。そこが解消されているのはありがたいところ。

 なお、めいれいができなくなるとはいえ、最大ダメージを与えるスキルを使ってくれるようなので、そこまでデメリットは感じない印象です。なお、効果は5ターン続くので、頻繁に使い直す必要がないのもうれしいですね。


職業固有特性

職業固有特性「怒り」を「激怒」に強化

 “激怒”に変化することで、さらにパワーアップ! 発動率に大きな変化は見られませんが、ダメージは確実にアップしています。なお、発動時のエフェクトが派手になり、アイコンも真っ赤な怒りマーク×2へと変わっています。“戦鬼解放”דすてみ”ד激怒”が組み合わさったら、どのくらいダメージが伸びるでしょうか? 最大ダメージを狙えるバトルマスターのロマンが、ここにきて大復活したといっても過言ではないでしょう!


 最近はパラディン、レンジャー、魔法戦士、賢者で固定されがちだった僕のパーティ編成ですが、また頭を悩ませることになりそうです。






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら