生存特化型ソルジャー! モンクはサポート向きのスタイル【FF7FS日記#03】

Ak
公開日時

 スクウェア・エニックスのスマートフォン向けバトルロワイヤルゲーム『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)』のプレイ日記をお届けしていきます。

 どうも、ライターのAkです。

 今回は、スタイル“モンク”の強みや特徴を解説していきます。

スタイル“モンク”のスタイル特性・初期スキル・初期アビリティ

スタイル特性:秘技

 ダメージ一定割合自動回復。一度だけHP20%以下で一定時間自動回復/クリティカル100%

初期スキル:ナックルドレイン

 近接攻撃時に与えたダメージに応じてHPを回復する 

初期アビリティ:ウォール

 自身の前方に防御壁を展開する。一定時間および一定ダメージで防御壁は消滅する

 ダメージが一定割合まで自動回復するスタイル特性を持つため、生存力に優れるモンク。

 回復アイテムも併用すれば、安定した立ち回りが可能になるでしょう。

 HP20%以下でHP自動回復&クリティカルが発生しやすくなるため、終盤での一騎討ちに強い点も優秀です。

 主に自身や味方の回復や、防御に関連したアビリティやスキルを習得。

 アビリティは、防御壁を展開できる初期スキルの“ウォール”が、ソロでもチームでも使い勝手が良好。モンクの不得意な遠距離戦をカバーできます。

 チームではHPを回復する“チャクラフィールド”も有用。サポートに特化させたいなら採用もアリです。

 スキルは、初期スキルの“ナックルドレイン”で生存能力を高めるのがオススメ。チームでサポート役として立ち回りやすいようにするなら、攻撃をあてなくても回復する“秘技覚醒”や“チャクラ解放”を習得しましょう。

生存能力の高さを生かし接近戦を仕掛けるかサポートを行う

 モンクは、近接攻撃のリーチが短いものの、生存能力が高いので接近戦が得意!

 基本的にはウォリアーと同様に接近戦を仕掛けることになるので、中距離戦での威嚇に役立つライトマシンガンなどを確保しておきましょう。

 マテリアはケアルでより生存能力を高めつつ、範囲攻撃ができるファイアやバイオ、誘導性能の高いブリザドなどがオススメ。

 ゲーム終盤で敵が少なくなったら、接近戦を仕掛けやすい屋内で戦うようにするといいでしょう。扉の影に隠れて、奇襲をかけるのもアリ。

 生存能力の高さを生かして、ソロでもチームでも活躍できる近接型スタイルであるモンク。ウォリアーよりも生存能力を重視したい人や、チームでのサポート役になりたい人にオススメです。


© 1997, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by Ateam Entertainment Inc.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

関連する記事一覧はこちら