鬼舞辻󠄀無惨の冷酷で残忍な性格が露わに! 『鬼滅の刃』1期再放送8話

電撃オンライン
公開日時

 TOKYO MXにて11月22日(月)19:00より放送される、TVアニメ『鬼滅の刃』“竈門炭治郎 立志編”再放送の第8話“幻惑の血の香り”のあらすじを紹介します。

 鬼舞辻󠄀無惨と相対する炭治郎ですが、状況を打開するために無惨は通りすがりの人間を鬼に変えてしまいます。

 鬼が引き起こした混乱に乗じてその場を去る無惨ですが、目の前の鬼をほおっておくわけにはいかない炭治郎。

 仇を取り逃す悔しさを噛みしめながら、鬼を取り押さえ続けます。そんな炭治郎のもとに、不思議な雰囲気を持つ2人組が現れるのですが……。

 今回の第8話では、かなり特殊な立場に置かれたキャラクターが登場するほか、鬼舞辻󠄀無惨が新たな鬼を生み出す過程や、彼の冷酷で残忍な性格の片鱗を垣間見ることもできるエピソードとなっています。

 重要なシーンを見逃さないよう、じっくり集中してご視聴ください。

第8話“幻惑の血の香り”あらすじ

 次なる任務の舞台は東京・浅草の町。大正の華やかな都会の街並みに戸惑う炭治郎だったが、そこで鬼の匂いを嗅ぎつける。

 匂いを追った先で出逢ったのは鬼舞辻無惨だった。

 鬼舞辻を斬ろうとする炭治郎。だが、鬼舞辻は行きかう人間を鬼に変え、町を混乱に陥れる。必死に事態を収拾しようとする炭治郎の前に、とある人物が姿を現す―。





©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

関連する記事一覧はこちら